HOME | 概要 コルカタ ガントク ポダン ガントク ガントク ペリン ヨクスム ダージリン シリグリ→シアルダー コルカタ

シッキムエリア:南アジア(インド) 日付:2008/04/29 (5/11)

エンチェンゴンパへ

ガントク2日目。7時に起きて、屋上のレストランへ。ここから、昨日行ったルムテクゴンパを見ることが出来た。朝食を取った後、エンチェンゴンパに行ってみることに。同室の韓国人はまだ寝ているので、起こさないように部屋を出る。

坂の町は道が分かりにくい。とりあえず、登る方向に進めば間違いはないだろうと思ったが、丘の裏側に回ってしまったせいか、途中、警察の官舎みたいな間を通ることに。中をのぞいてみると朝食を作っていた…。


下から見えるタワーから50mくらい南側にエンチェンゴンパの門がある。 入り口左側の建物2階で、チベット語を勉強している子供たちの声が聞こえてきた。



寺自体は、中も外も改修中。一応、中を見せてもらったが、砂埃が酷い上に、壁画等はみんななくなっていた。



寺が改修中の為、朝の読経は寺の隣の建物で行われていた。



あまり、見るものもなかったので、退散。参拝に来ていた男の子が、私のことを気になって声を掛けてくる。日本が好きなんだってさ。


アーチェリー大会


ゴンパから王宮の方に下ると、広い学校の校庭が見え、その脇でアーチェリーの準備が行われているのが見えた。聞いてみると、今日はアーチェリー大会のセミファイナルだとか。



校庭を上の道路から眺めていると、チェワンとまた再開(ガントク狭い…)。これから、ポダンに戻るとかで、記念撮影をさせてもらい別れる。



チェワンの友達の公務員のおじさんと一緒に王宮の中を見て回る。さすがに王宮には近づくことはできなかったが。



ツクラカンでは、朝の勤行中。寺の周りを1周して、敷地内から出る。おじさんはこれから仕事なので、ここで別れる。公務員の仕事は月~土の10~16時までという。週休二日ではないけれど、楽そうだな。彼と一緒に歩いているときで、すでに10時を回っていたし。


再び、アーチェリー会場


観覧席に招き入れてくれたので、そこから試合を眺める。青チームと緑チームに別れ、交互に矢を射って、的に当てれば2点で、他チームが次の射撃で当てたら、その点が打ち消されるだとか。ブータンからの選手も混じっていて、服を見れば分かる。ブータンからの選手は上手かった。



結構な確率で当たるからねぇ。凄いよ。ただし、下手な人が射るときは的に近い観客は後ろに下がるから面白い。「人間は的じゃないぞ~」なんていう野次が飛んだりもしていた。あとは、酒を景気付けに飲んでいるのもいた…。過去には、足を打ちぬかれた観客もいたとか。



的までの距離は150mくらい。


ハンディクラフトセンター

宿に戻ってから、やることもなかったので、ハンディクラフトセンターに行ってみることに。メイン通りではなく、その下のあまり車が通らない道を歩いていく。


ハンディクラフトセンターを見て回るが、品物の値段は安い。しかし、まだ荷物を増やしたくなかったので、何も買うことはなった。


宿の屋上でゆっくりと

1日2便(7時と13時)しかないぺリン行きのチケット(150Rs)をジープスタンドで買い、傘も80Rsで買った。あとは宿の屋上でゆっくり過ごす。今日は15時くらいか1時間ほどの雨が降っただけであった。


記録を纏めていると、暇そうな犬がずっとこちらを見ている。



行方不明だった猫が発見された。夕食はおなじみチョウメン。

そういえば、キナウルのときでもそうだったけれど、WWEがここでも人気。バティスタというの人気らしい。グレート・カーリーというパンジャブ出身のレスラーも。あと、TOM&JERRYにもみんな大うけ。


日韓ドミトリー


韓国人2人は外で飯を食ってきたにもかかわらず、また飯を食っている。今日来た韓国人の女性は、これからカンチェンジュンガのトレッキング。35ドル/日だとかといっていた。



食いきれないほどのマンゴーをむいてくれる彼女。これが韓国人と日本人のパワーの差になっているのだな。



HOME | 概要 コルカタ ガントク ポダン ガントク ガントク ペリン ヨクスム ダージリン シリグリ→シアルダー コルカタ

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 八美を過ぎると、工事中だったりしてスムーズに車が流れなくなってくる。片側一方通行だったりして、渋滞。みんな外に出て暇を持余していた。 新都橋に着いたのが、14時40分。

    • 空港まで歩いて行く途中に、アニールモモに寄り、昼食。今度は鳥の照り焼き(225ルピー)。

    • 10時に昆明を出発し、1時間ほど走るとトイレ休憩を兼ねた宝飾屋めぐり。だれも買う気はないので店の中を適当にぐるぐる巡る。それにしても従業員が多すぎだろう。ここに来るとどれくらいのコミッションが入るのだろう。。。

    • 門を入った瞬間から、シルクロードの世界。素晴らしい。雲ひとつない空の下、茶色の建造物がいい感じ。 正面にあるのが、カルタ・ミナル。未完成のミナレット。

    • ブー・イナニア・マドラサにて。ジュラバをまとった老人。

    • ビール(4元)は近くの売店で買ってきて、串焼きを9元分平らげる。腹は落ち着いた。 肉、魚、ホルモン、練り物などいろいろな種類の串があった。どれがいくらなのか良くわからなかったので、適当に選んで焼いてもらった。

    • 売っているものは、それほど高くもなかったので、首長族のレリーフなどを探し回った。


    • パバル・ヴィハーラ。クワドラングルに比べ訪れる観光客が少なく、ひっそりとしている。