HOME | 概要 コルカタ ガントク ポダン ガントク ガントク ペリン ヨクスム ダージリン シリグリ→シアルダー コルカタ

シッキムエリア:南アジア(インド) 日付:2008/05/03 (9/11)

ダージリンからシリグリへ


ベンガリースタッフ。いい奴であった(ちょっと怖い写真だけど)。8時にチェックアウト。チョウクバザールのスタンドへ。82Rsでジープチケットを買い、人が集まるのを待つ。9時過ぎ出発。



トイトレインの線路の脇を走る。

途中から雨が降ってきたため、屋根に積んでいる荷物にビニールをかぶせる為に停車、また、途中の休憩も長く取ったことで、出発前には「2.5時間でシリグリに着くよ」と言っていたのに、結局4時間もかかってしまった。そんなことで、予定していた、13:55の飛行機に乗れず。

しょうがないので、コルカタには鉄道で行こうと予定を変更。ジープを降りた場所から、オートリクシャーを乗り継ぎ、5kmほどニュー・ジャルパイグリ駅まで行く。


ニュー・ジャルパイグリ駅


スリーパークラスを取ろうと思ったけれど、並んでいる列は全然進まないし、荷物も肩に食い込んで痛いし、かなり疲れたしで、一般車両で行くことに。大都市の駅なら、外国人専用窓口があって切符を買うのも楽なんだけど、こういうところはインド人に混じってチケットを買わなければならない。非常にしんどい作業。



インドの駅って大きい。駅の端まで歩いたけれど、反対側の終端ははるかに向こう。



学生の時はスリーパークラスに乗っていたのに、社会人になってから、一般クラスに乗るとは…。でも、シッキムに4年駐屯していたインド人家族が世話してくれて、15時間の鉄道の旅も楽しかった。昼間はそのインド人のスーツケースに座らせてもらい、混雑した車内でも立たったままにならずに済んだ。

夜になると、靴を天井についているファンの上に載せて、座席の上のスペースに場所を移し、睡眠。英語もあまり通じない環境で、物売り、乞食、歌唄い、いろんなのがいたけど、荷物を盗まれるような雰囲気ではなかった。逆に、こういう場所の方が、盗難等は少ないのかな。

そのうち、外は明るくなり、乗客の数は少なくなっていた。その親切にしてくれたインド人はコルカタ到着1時間前に降りていった。サダルストリートに行くなら、ダムダム駅で降りて、地下鉄に乗り換えていけばいいと言ってくれたので、そうしようかとおもったけれど、ダムダム駅ではスピードを落とすだけで、停車せず。飛び降りようとも思ったけれど、ホームにも接していなかったので、安全のため諦めてシアルダー駅まで行くことに。あとで知ったことだけど、今日、日曜日は16時以降じゃないと地下鉄は動いていない(平日は7時から23時だとか)。



HOME | 概要 コルカタ ガントク ポダン ガントク ガントク ペリン ヨクスム ダージリン シリグリ→シアルダー コルカタ

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 一息ついた後、目的のカナムまで行ってみる。日差しはそれほど強くない。スピロから幹線道路上を1kmほど歩き、橋を渡ったところから登り。

    • 地下鉄のプラットフォーム。ソ連な感じがする。

    • ボルの市場内。

    • Manita Pec近くの展望地から見るAnica Kuk。

    • こんな感じで、干されているのをあちらこちらで見られる。

    • バスターミナルに着くと直ぐに「シムラ!シムラ!シムラ!」と叫んでいるバスがあったので飛び乗る。14時半出発で18時半にシムラ到着。上の絵はチャンディガールからシムラへのバスチケット。バスの中で買える。確か87ルピーだったような・・・(シムラ→チャンディガールは87ルピーだった)。でも上の票すべて足して87ルピーあるのか。。。?

    • ここでシーギリヤ行きのバスを待つもなかなか来ないので、時計塔まで歩いていくこと。そっちに行けば、クルネーガラから来るバスも捕まえられるし。 時計塔の北側にあるバス停車場で、バスを待っていると、シーギリヤ行きのバスが到着。9時15分発。シーギリヤまでここから32Rs。

    • スーレー・パヤーを大通り沿いを西へと歩く。途中、歩道橋があったので北側へ渡り、今度は反対側の通りを歩く。

    • ホームページで見た地図(といっても上空から撮った島全体の写真にルートの線が引かれたアバウトなもの)では、ぐるっと一周するルートなのだが、20分位歩いたところで、先にトレイルがなくなってしまった。仕方ないので来た道を戻る。周遊する場合、右回りか左回りかを選択することになる分岐があるはずなのだが、結局それがどこか分からなかった。