HOME | 概要 グラライ国際空港 モニ村 バジャワ バジャワ ルーテン ラブハンバジョー ラブハンバジョー ウブド サヌール グラライ国際空港

インドネシア・フローレス島エリア:東南アジア(インドネシア) 日付:2013/09/19 (6/10)

ルーテンでの朝食


ルーテン名物のコンピアンというパンとコーヒー。一つしかなくて物足りなかったけど、温めてあったパンはサクサクで美味しかった。



部屋の前の廊下で。オーナーと。


市場巡り


半身にされた新鮮な豚が運び込まれてきた。



綺麗に解体されていく。





ココナッツを削りだしているところ。



通りを歩いていると、コンピアン売りが密集しているエリアを発見。こちらでコンピアンを購入。できたて&腹が減っていた、ということもあり美味しかった。


ルーテンからラブハンバジョーへ


宿を出てバイタクで、バスターミナルへ。10,000ルピア。ルーテンのバスターミナルも町の中心から結構な距離。




ルーテンのバスターミナル


ラブハンバジョー行きのバスが幾つか並んでおり、客の取り合いをやっている。早く出発しそうなバスを選ばないと、バスの中で延々待つことになる。

10時10分出発。100,000ルピア。





途中で、20分の昼食休憩。ナシゴレンを頼む。2,000ルピア。




ラブハンバジョー到着


14時半。ラブハンバジョーに到着。ルーテンから4時間20分。



海の照り返しが眩しい街で、スノーケリングやコモド島観光でやってきている外国人が多かった。



市場もあったが、ここのは、それほど大きくはない。







海岸沿いには遊歩道が整備されている。



宿で、明日のリンチャ島に行くボートを頼む。一艘貸し切りで600,000ルピア。途中、サンゴ礁の多いところでスノーケリングもできるように頼んでおいた。

なんか、外国人向けのレストランばかりだったこともあり、今日は部屋でビールを飲んで終わり。



HOME | 概要 グラライ国際空港 モニ村 バジャワ バジャワ ルーテン ラブハンバジョー ラブハンバジョー ウブド サヌール グラライ国際空港

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • モモ屋。ラサ出身のおじさんのモモは素朴で美味しかった。


    • 以前、このルートを歩いた時とは、ずいぶんと変わっていた。やはり車が入れるようになると、一気に変わるのだろう。

    • 9:40、Hvanngilに到着。


    • 夕食は、ロータリーの近くにある食堂で。

    • ムアンゴイ着。12時40分。ノーンキャウを出てから、1時間10分ほど。

    • 飛行機は定刻通りに出発。アナトリアの乾いた大地の上空を一路東へ。眼下にはアタチュルクダムが見えた。

    • コミジャの港。これから向かう高台は、写真の左上の岩場。地図には近道となるトレッキングルートが記載されていたが、途中で道が不明瞭になり、そこからは道のない急坂を登る。すぐに通常ルート(未舗装だが明瞭な道)に合流。標高200m付近に目的地の岩場がある。