HOME | 概要 グラライ国際空港 モニ村 バジャワ バジャワ ルーテン ラブハンバジョー ラブハンバジョー ウブド サヌール グラライ国際空港

インドネシア・フローレス島エリア:東南アジア(インドネシア) 日付:2013/09/20 (7/10)

リンチャ島ツアー出発


朝7時20分、ラブハンバジョーを出港。私と船員二人の3名。



船に客一人の大名旅行。



途中、イルカが泳いでいる姿などを遠くに眺めながら進む。




リンチャ島到着


10時45分、コモドドラゴンのいるリンチャ島に到着。


リンチャ島公園事務所


公園の入場料は200,000ルピア。







リンチャ島には2400頭。コモド島には2800頭のコモドドラゴンがいるとのこと。



あちこちにいる。噛まれるとウイルス感染するらしく、もし噛まれてしまうとバリの病院送りになるらしい。



餌付けをしているわけではないが、やはり人の住んでいる所に餌を求めて集まってしまうみたい。





ここで働いているスタッフは20日勤務ののち、10日間の休暇だとのこと。案内してくれた彼も、明日から休暇だとか。


リンチャ島を出発


帰り際に、無人島2つに寄って、スノーケリング。



潜ってみると、うにがうじゃじゃ。




2つ目の無人島


白い砂浜が綺麗。サンゴ礁も多かった。



ラブハンバジョーの港で買った昼食。全然期待していなかったけど、美味い。



腹ごしらえをしたのち、船から海に飛び込む。







遊び疲れたところで、ラブハンバジョーへ戻る。


ラブハンバジョーに帰還


15:00にラブハンバジョーに到着。先頭に別れを告げ、ゴーグルと足ひれを返しに行く。



宿について一休みしたのち、町の散策。立ち寄ったスーパーで売られていたコモドドラゴンの置物を購入。大きいほうが125,000ルピア、小さいほうが100,000ルピア。



宿の隣では、夜遅くまでイスラム教の祭り?みたいなのが行われていた。



HOME | 概要 グラライ国際空港 モニ村 バジャワ バジャワ ルーテン ラブハンバジョー ラブハンバジョー ウブド サヌール グラライ国際空港

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • Guzarとかいう場所で遅い昼食。運転手と一緒に食事することに。いろいろ食べて15000スム。

    • 幹線道路もコースになっているが、パレードのために車を通行止めにしている。

    • 砦跡の丘から眺める。天気もよく遠くの山々まで良く見える。

    • アンナプルナⅠ峰。

    • 丘を上がって見たのはボロボロのゴンパとチョルテンとマニ車だけ。

    • バイクの後ろに乗って、海沿いを走る。


    • 店内も、町場の食堂とは大違い。

    • マラケシュ行きの列車は、はじめ相席だったが(座席は2人ずつ向かい合う配置)、途中で降りる人の方が乗ってくる人より多く、夜遅い到着便であるためかマラケシュに着くころはガラガラ。 マラケシュで待ち合わせした私の友人は、前日の午後の列車に乗ったようだが、混んでいて座れなかったらしい。 座席の質は2等車でも全く問題ないが、確実に座りたい人は1等車にした方がいいかも。