HOME | 概要 グラライ国際空港 モニ村 バジャワ バジャワ ルーテン ラブハンバジョー ラブハンバジョー ウブド サヌール グラライ国際空港

インドネシア・フローレス島エリア:東南アジア(インドネシア) 日付:2013/09/20 (7/10)

リンチャ島ツアー出発


朝7時20分、ラブハンバジョーを出港。私と船員二人の3名。



船に客一人の大名旅行。



途中、イルカが泳いでいる姿などを遠くに眺めながら進む。




リンチャ島到着


10時45分、コモドドラゴンのいるリンチャ島に到着。


リンチャ島公園事務所


公園の入場料は200,000ルピア。







リンチャ島には2400頭。コモド島には2800頭のコモドドラゴンがいるとのこと。



あちこちにいる。噛まれるとウイルス感染するらしく、もし噛まれてしまうとバリの病院送りになるらしい。



餌付けをしているわけではないが、やはり人の住んでいる所に餌を求めて集まってしまうみたい。





ここで働いているスタッフは20日勤務ののち、10日間の休暇だとのこと。案内してくれた彼も、明日から休暇だとか。


リンチャ島を出発


帰り際に、無人島2つに寄って、スノーケリング。



潜ってみると、うにがうじゃじゃ。




2つ目の無人島


白い砂浜が綺麗。サンゴ礁も多かった。



ラブハンバジョーの港で買った昼食。全然期待していなかったけど、美味い。



腹ごしらえをしたのち、船から海に飛び込む。







遊び疲れたところで、ラブハンバジョーへ戻る。


ラブハンバジョーに帰還


15:00にラブハンバジョーに到着。先頭に別れを告げ、ゴーグルと足ひれを返しに行く。



宿について一休みしたのち、町の散策。立ち寄ったスーパーで売られていたコモドドラゴンの置物を購入。大きいほうが125,000ルピア、小さいほうが100,000ルピア。



宿の隣では、夜遅くまでイスラム教の祭り?みたいなのが行われていた。



HOME | 概要 グラライ国際空港 モニ村 バジャワ バジャワ ルーテン ラブハンバジョー ラブハンバジョー ウブド サヌール グラライ国際空港

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 列の最後尾は乗船ポイントから約100mも先だった。

    • 昔はナコ村の入り口として機能していたと思われる。現在はこの脇に立派な道路が作られている。

    • カラウィン・モスクに接するサファリーン広場(広場という程、広いスペースではない)。

    • 端っこの建物の中には博物館となっているものもある。こういったものも丹念に周っていると半日以上かかるであろう。

    • 市場の雑貨屋。売り物なのか店番の暇つぶし用なのか、液晶テレビも置いてある。

    • マルディンの旧市街は迷路のように道が入り組む。適当に歩いてると民家の中だったと言う場合も… 迷い込んでしまったお宅で記念撮影。町の人達はとてもフレンドリー。あ、いやおじゃましてすみません…。

    • イーサフィヨルズルの中心街はこんな感じ。小さな町で人通りも少ない。

    • 途中、海岸で小休止をはさみ、約1時間、海の中の世界を楽しむ。岸から上がって来るよう合図があり、もっといたかったが岸に上がり、小型ボートでクルーズ船へ。

    • バスの車窓からの風景。雲が近い。空が近い。ハケで撫でたような特徴的な雲。上空は強風が吹いているのだろう。