HOME | 概要 デリー デリー アルチ リゾン ヘミスシュクパチャン ヘミスシュクパチャン ティンモスガン リキル レー デリー デリー→成田 成田

下ラダックトレッキングエリア:南アジア(インド) 日付:2007/01/01 (10/12)

レーからデリーへ


ちょうど、デリーへ戻る日が1月1日だということもあり、チョコレートをもらった。

アルチで出会った日本人が同じ日にデリーに戻るということだったので、デリーでは一緒に行動する。





地下鉄に乗って、インド人一杯のラダックビハールに行ったりと。夕食はラダックビハール内の中華料理屋。


デリーメトロ


カシミーリゲート駅。立派な駅。ニューデリー駅では厳しい荷物チェックもこの駅で適当。



デリーメトロのチケット代わりのコイン。お金を払って、このコインを受け取り、改札機にかざして乗り込む。駅から出るときはコインを改札機に投入する。


帰国日が一日延びる

空港に向かう途中から、こりゃ絶対に飛行機は飛ばないなぁと思えるほどの濃霧が発生。10m先を見るのもたいへんな感じ。カウンターに行ってみると、案の定、キャンセルとのこと。


そこで、案内されたのはタージマハールホテル。凄すぎる。今まで泊まったなかで最高のクラスのホテル。



ベッドはふかふか。洗面所ピカピカ。お湯もジャブジャブ出る。



HOME | 概要 デリー デリー アルチ リゾン ヘミスシュクパチャン ヘミスシュクパチャン ティンモスガン リキル レー デリー デリー→成田 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 塩竈からそのまま海岸部を通り、松島へ。初めての場所ということもあったので、瑞巌寺隣の駐車場に車を止めて周辺を散策。 瑞巌寺は、平成21年9月1日から平成28年3月ごろまで大修理ということなので入らなかった。


    • 地下鉄4号線の誠信女大入口駅に到着。ここから2駅、恵化駅まで戻る。

    • ビジターセンターでもらった地図にあった、エル・チャルテンの地図。 赤の線がバスターミナルからフィッツロイトレッキング入口までのルート。 バスターミナルからトレッキング入口までは約15分歩く。 セロ・トーレ(トーレ湖)へのコースは3通りあるらしい。

    • ルートマップを見ると、サンクトペテルブルクの上空だった。

    • 日が落ちかけていたところ再びガートへ。毎日行われているフェスティバルというものを見学。

    • まずツーリストインフォメーションセンターへ。ここで、17時半のラオカイ行きバスの予約(100000ドン)と、50ドルの両替を行い、荷物をあずかってもらう。 両替のレートは1ドル→20500ドン。 ここにいたスタッフから、バックハーやハノイへの行き方の情報ももらう。彼の情報は、結構正確で非常に参考になった(当たり前といえば当たり前だけど)。

    • かなり高速で登り、宿から24分の15:29にプーン・ヒル(3210m)に到着。宿からの標高差は300mくらい。アンナプルナベースキャンプ(4130m)に行き、高所に体が慣れたこともあるが、我ながら信じられないくらいのハイペースで登ってきた。

    • ストゥーパの中身らしい。