HOME | 概要 シンガポール デリー シムラ リコンピオ リコンピオ タボ カザ リコンピオ シムラ デリー→成田

スピティ・キナウルエリア:南アジア(インド) 日付:2005/05/07 (9/12)

カザからリコンピオへ

頭痛であまり寝ることが出来なかった。6時半前に宿を出てバスターミナルに行く。尋ねてみると7時半バスチケット販売開始で8時出発とのこと。


翌朝、バスターミナルに行くとキーゴンパなどを案内してくれたドライバーがいた。子供の通学用カバンを片手に抱えていた。私の支払った代金で買ったのだろう。バスは8:05出発。152Rs。タボまでは少し混んでいたがそれ以降ガラガラ。



チャンディガールに住むスィク教の出張歯医者とその助手。歯医者だけでなくサングラスも売っている。というかあんたらのかけているサングラスも売り物かい?シールつけっぱなしだもんね。宗教のわけ隔てなく接しているところはいいねぇ。「私はモンクを尊敬している」なんていっているし。







チケットはこのおじさんから買う。おい邪魔だってよう。





カバンを広げて診察開始。俺はいやだよ。かばんの中汚いし、逆に病気になりそう。。。



12:20マリンナラ(崖崩れのところ)に到着。



崖崩れをクリアした後、そこでバスを待つのだが何もない場所なのでインド人数人と近くの村まで行くことに。ピックアップトラック(10Rs)でYANGTHANGへ。12時54分着。ここで14時10分までバスを待つ。リウ村が谷底深くに見ることが出来る。そして上にはナコ村がある。



隣に座っていた坊さんは激しい揺れもものともせず、お経の書かれた紙を熱心に読んでいた。例のスィク教は一番前の席に座り暢気に歌を歌っている。


リコンピオ到着


リコンピオには18時45分到着。シィク教はこのまま夜行でシムラへ向かう。私はフェアリーランドG.H.へ。250Rsの部屋は一杯だったので200Rsの部屋へ。とりあえず体を洗い、久しぶりに歯磨きを行う。体をあらっても温かいせいか気持ちがいい。宿で食べたチキンスプリングロールはうまかった。



HOME | 概要 シンガポール デリー シムラ リコンピオ リコンピオ タボ カザ リコンピオ シムラ デリー→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 途中の休憩場所。レゴン(同仁)からラプラン寺(夏河)のほぼ中間地点。あと、1kmほど行けば街なのに、草原のなかで休憩。青空トイレのためだったのかなぁ。。。

    • とりあえず、空港から出て、空港をぐるっと回ってルクラの村まで移動する。

    • 結局、通りから900mほど奥まったところにあるCharming Homeへ。一泊400バーツ。

    • カリモフ大統領によって再建されたみたい。モスク。

    • 広大なブラックデザートに入る。真っ平らな地形の遠くに人家らしき突起物がポツポツと見える。日の入り間近で影が長くなってきた。

    • オークランド大学構内。クリスマス・年末年始休暇で学生はおらず、ひっそりとしている。

    • 4時半頃にもぞもぞと起きだして、朝5時出発。早いグループだと、3時半くらいに出発していた。腹の調子が良くないが、完全防備をして、ヘッドライトの明かりを頼りに出発する。前後に誰もいない。 宿の裏のルートを登っていく。ジグザクの登り。途中から、煙のにおいがしてきたと思ったら、ハイキャンプ(4950m)に到着。トロンペティから1時間ほど。6時10分。

    • 頂上直下の岩場に道はなく。赤白ペンキの道しるべをたよりにコースをとることになる。短い間隔で道しるべの赤白ペンキはあるので、前を向いて先の進路を確認しながら登る。

    • 催しものかな。