HOME | 概要 西寧 西寧→ジェクンド(玉樹) ジェクンド(玉樹) マニカンコ デルゲ(徳格) デルゲ(徳格) ダンゴ(炉霍) 康定 成都 成都→成田

四川省エリア:東アジア(中国) 日付:2007/09/08 (1/10)

成田空港発

9時半離陸。隣は横浜中華街でお店を経営する中国人のおばさん。四川料理の料理人を探しに行くところだとか。成田から北京への間に出てきた機内食は、まるで牛丼。

12時北京到着。イミグレを通って、待合室へ。成都への日本人は30人ほど。北京一時間くらいの滞在で、また同じ飛行機に乗り込む。


飛行機までバスで移動し乗り込む。隣の中国人もなんでこんな面倒くさいことしているのか分からないと言っていた。


成都到着


15時半、成都に到着。隣の席の中国人とここで別れる。西寧に着くのは遅くなるので、空港2階にある中国銀行で両替をしておく。同乗の日本人ツアー客が何人かいたが、彼らの目当ては、ここからチベットらしい。



空港内をふらついていると、色とりどりの果物を並べたお店があった。変わった果物もあって、じろじろ眺めていると、お姉ちゃんが寄ってきて、買わないかと言って来る。「なつめ」を一つつまませてもらうと、甘すぎずさっぱりしていておいしかったので、旅のお供に買ってみる(20元)。



脇には、つぶれた形の桃なんかもあって面白い。


成都から西寧へ


曇り空、24℃の成都から再び飛行機に乗って移動するする日本人は私だけのようである。18時35分の飛行機に乗り込んで、出てきた機内食は、ハンバーガー。


西寧到着


西寧に到着したのは、8時20分。外は暑くも無く、寒くも無く半袖が丁度いい感じ。空港出口でバスのチケット(21元)を購入し、バスに乗り込む。バスは8時45分発。

ここから暗闇の中を疾走し、西寧市内を東西に貫く七一路を走る。青海民族賓館に最も近い七一路上で、バスを下ろしてもらい、そこから少し上り坂を歩く。そして、以前泊まった泉城招待所を目指す。


泉城招待所


以前泊まったときと比べて、オーナーも内装も変わっていて、驚いた。今年の3月に来たらしい。ここに着てから私が3人目の日本人。でも、オーナーの人の良さは変わらず、居心地は非常にいい。奥さんは、中学生のときの同級生にちょっと似ていた。

オーナーから明日のジェクンド(玉樹)行きの発車時刻は11時くらいだろうとの言質をとったのち、お腹が減ったので近くの食堂へ。



ザーチャーメン(4元)。ちょっと脂っこいが旨い。



HOME | 概要 西寧 西寧→ジェクンド(玉樹) ジェクンド(玉樹) マニカンコ デルゲ(徳格) デルゲ(徳格) ダンゴ(炉霍) 康定 成都 成都→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • キャンディを代表するホテルのクイーンズ・ホテル。このホテルもペラヘラ祭りの観客席として開放されており、1階ベランダには予約席が並んでいた。他にも沿道の建物では同じように観客席としてのイスが至る所で並んでいた。

    • 海パンにTシャツと濡れてもいい格好できたが、ひざ下くらいしか濡れるところはない。ヘッドライトも持ってきたが、ランタンの明るさと比較したら、全くダメ。


    • 進む方法はみんな同じ。高さが若干違う。

    • ボートに乗った場所の近くの家にいた親子。

    • 寺の前には、みやげ物売りや写真を撮ったらいくらの人などがいた。

    • フィッツロイへのトレッキング開始。ちょうど12:00位に出発。 写真は登山口すぐ手前の場所。右に登山口があり岩山の右手ふもとまで、ややきつめの上り。目指すフィッツロイは岩山のずっと向こう側。

    • だれもいないんだよぉ.音は風の音だけ.随分と寂しいところだ.

    • とりあえずガイドブックにおすすめと書かれているハレムへ。トプカプ宮殿の入場料とは別に、15ルピーを支払う。