HOME | 概要 西寧 西寧→ジェクンド(玉樹) ジェクンド(玉樹) マニカンコ デルゲ(徳格) デルゲ(徳格) ダンゴ(炉霍) 康定 成都 成都→成田

四川省エリア:東アジア(中国) 日付:2007/09/16 (9/10)




30元のドミの部屋を頼み、部屋に行くとすでに、日本人が1人いた。交通飯店は、欧米人は欧米人でまとめ、日本人や韓国人のようなアジア人はアジア人同士でまとめているよう。今回泊まった部屋には4ベット置いてあったけれど、全て日本人となった(昨日は日本2韓国2だったらしい)。


成都のイトーヨーカドー


相変わらず、店の中も外も凄い人。



こちらも。春熙街。

いままでカラッとした高地にいたけれど、成都のようなところに来ると、蒸し暑さがいっそう強く感じられる。


夕食は宿近くで


宿で同室だった人と一緒に、回鍋肉ぶっかけ飯と水餃子、とビール。

宿にもどり、あとはゆっくりみんなでおしゃべり。23時くらいに就寝。



HOME | 概要 西寧 西寧→ジェクンド(玉樹) ジェクンド(玉樹) マニカンコ デルゲ(徳格) デルゲ(徳格) ダンゴ(炉霍) 康定 成都 成都→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • デモ現場の橋の上。一番奥の橋の入口(出口)にデモ集団が座り込みをしている。車は立ち往生。

    • 売店。ポテチを買って部屋に戻り、一休み。

    • ギョレメ村の高台に登ってみる。ギョレメの村はこれぞカッパドキアという風景。奇岩は柔らかく加工しやすいらしく穴を掘って住居や倉庫やホテルに転用されている。正面の岩の小さな窪みは鳩のふんを集めて肥料にするために空いているのだという。効率悪くないか?

    • 最後のカラ。

    • 宿の前庭。薪がどっさりと積まれている。

    • やはり、こちらの方が最短ルートのようだ。


    • 宿の食堂に行ってみると、主人が面を作っていた。昨晩、ドイツ人が「この機械があるなら、スパゲッティ作れるなぁ。明日、スパゲッティの作り方を教えてあげる」と言っていたので、その予行練習でもしているのだろうか。

    • ボズテペの展望台には、テーブルと椅子が並べられており、道沿いのお茶屋で、出前のお茶も頼める。 みんなが頼んでいる出前のお茶は、炭で温める携帯用の銀色ポットに入れられて運ばれてくる。小さなポットだったら、頼んだかもしれないが、飲みきれなさそうなサイズだったので、頼まなかった。