HOME | 概要 西寧 西寧→ジェクンド(玉樹) ジェクンド(玉樹) マニカンコ デルゲ(徳格) デルゲ(徳格) ダンゴ(炉霍) 康定 成都 成都→成田

四川省エリア:東アジア(中国) 日付:2007/09/10 (3/10)

ジェクンド(玉樹)到着

ジェクンド(玉樹)に着いたのが、バスに乗り込んでから17時間後、翌日の朝5時半。まだ、真っ暗でいったい町のどこに到着したのかさえ分からない。体調は相変わらず優れない上に、雨降っているし…。泣けてくる。

周りの現地の人に聞いても、今どこにいるのか分からないし、とりあえず北に向かって、傘を差しながら歩いてく。

テクテク荷物を背負って歩いていると、タクシーが寄ってくる。賓館まで10元で行ってくれるというので、乗り込む。「結古寺賓館に行け」って言ったのに、玉樹賓館に連れて行きやがって。。。玉樹賓館の前で「結古寺賓館なら、あと10元必要」だって。。。もう、構わん。払ってやるからいってくれ!

結古寺賓館は目と鼻の先。いつもの体調ならなんとも無い距離だけれど、今は駄目。着いてみると、朝早いということでシャッターが下りている。タクシーの運転手に電話をしてもらって、なんとかあけてもらい、部屋に入ってそのまま外が明るくなるまで、ベットに倒れこみ爆睡。


結古寺賓館。部屋代は50元。



部屋にトイレと洗面所がついているけれど、水はでない。なんのためのトイレなのだろうか。。。(共用の洗面所では水が使える)


ジャナマニへ

9時過ぎに起きだして、ジャナマニ方面に行く2号のバスに乗り込む。このバスの終点がジャナマニ。想像以上に凄い数の人。ジャナマニを5周する。5周している間に、いろいろな人が寄ってきては、相手をしてくれる。この間に何度「オンマニペメフム」と唱えただろう。


仏具屋。



10元で、こんな数珠買ってみた。



積みあがった石の脇で遊ぶ子供たち。外国人が珍しいのか、人のあとを付いてくる。



「オンマニペメフム」と彫られた巨大な岩が奉納されているところ。人手じゃ運べないので、クレーンで運ぶもなかなかうまくいかず。



文字の読み方を教えてくれるおじいさん。



5周目。中国のテレビ局も来ていたが、近寄りがたいのか遠目から撮影しているだけだった。丁度、バスの降りたあたりに戻ってくると、中心街に戻るバスが止まっていたので、それに飛び乗る。


ジェクンド(玉樹)の街中


町のメインのT字路近くの広場で、羊の売買が行われていた。売買が決まると、羊の耳に針で穴を空け、札をつけていた。


このまま歩いて、バスのチケットを買いに行く。バスターミナルの場所は、ガイドブックにあるとおりだが、チケットの売っている場所は、通りに面したところにある。マニカンコまでのチケットは122元。


バスターミナルから宿に戻る。川沿いを歩いていると、そこはヤクの解体場。。。


ジェク・ゴンパへ

やはり、標高が高く体調が優れないので、14時過ぎまでちょっと寝る。起きて外を見てみると、青空が広がっていた。内心、ジェクゴンパには行かなくてもいいかなぁと思っていたけれど、空の青さを見ると、やはり行かなくてはとの気持ちが湧いてきた。

「雨季が終わったのかなぁ」なんて思いながら、重い体を起こしながら、坂道をてくてく歩いていく。坂の途中で、遊んでいる子供たちとも遊びたいが、この上り坂がつらい。


ゴンパまで登りきると、そこからの町の眺めは素晴らしい。



よく写真などで見るジェクゴンパの写真。中国の他のゴンパと同様、坊さんの姿はあまり見られず、ひっそりとしている。文革時代の残骸が若干見られるが、ほとんどは復興されている。

ゴンパをぶらぶらするも人がいなくて、つまらないので思う存分写真を撮って、丘を降りる。





下から眺めたゴンパ方面。



ゴンパの下を流れる川で遊ぶ子供たち。ウォータースライダー。



木に登って見せてくれるキミ。



みんなどこを見ているの?


ジェクンド(玉樹)の中心


日差しが痛いほど、眩しい。ここのすぐ近くにあるデパート覗いたのち、宿へ。この日も夕食はなし。ここまで丸2日間、果物とチョコレートと水だけで過ごしている。。。



HOME | 概要 西寧 西寧→ジェクンド(玉樹) ジェクンド(玉樹) マニカンコ デルゲ(徳格) デルゲ(徳格) ダンゴ(炉霍) 康定 成都 成都→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • マカロニとタピオカとシャンパンをみんなで。

    • 寿司屋もあった。内陸なんだけどね。

    • 同じ飛行機だけれど、国内線のためかブランケットがなくなっていた。搭乗員も入れ替わり。10:45発。ガラガラ。上海まではほぼ満席だったのに、半分も埋まっていない。周りにいるのはほとんど日本人、でも私は日本人と見てもらえず・・・。軽めの昼食が出た。味はう~~む・・・。

    • 2012年~2013年の年越し料理のバターチキン・カレー。辛さはほとんどなく、コクがあっておいしい。チキンも非常に柔らかい。ニュージーランドに来てから、フィッシュ・アンド・チップスとスーパーの買い出し食品、トレッキング用のパスタ、ラーメン、ご飯しか食べておらず、やっと「料理」と呼べるものを食べた。

    • 掃除が一段したところ。

    • 登り切ると山腹のテラスに生首がゴロゴロ転がっている。地震で後ろの胴体から転がり落ちたらしいが…。明らかにバランスおかしいだろ!

    • 手がかじかむほど寒かったが、テントを畳んで、水を汲んで出発する。7時。

    • RIVER VIEW LODGE & RESTAURANTから5分登るとHILL SIDE LODGE & RESTAURANT。

    • タルチョの頭が見えた時は、元気100倍。やっと峠だ!道は、この辺から、なぜがタルチョから遠ざかるほうに続くが、遠回りしながらもタルチョにつながる。