HOME | 概要 ウルムチ カシュガル カシュガル タシュクルガン パスー カリマバード ススト カシュガル 北京 北京 北京→成田

フンザエリア:南アジア(パキスタン) 日付:2011/04/29 (1/11)

成田から大連へ


いつも通り日暮里からスカイライナーで成田空港へ。11時前には空港に到着。空港は節電モードで暗く、また人が少ない。中国国際航空のチェックインカウンターにはそれなりに人が並んでいたが、その後のX線チェック、出国審査時には、私の前にはほとんど人がいなかった。震災の影響だろうがここまでいないとは。プレスの人たちも数名見たが何だか手持ちぶたさな感じであった。



あまりにあっさり手続きが終わってしまったので、37番搭乗口で2時間ほど待つ。エアバスの機体は古い。見た目も。席は13Aだったので、前の方。



離陸後の飲み物はビールを頂く。隣には人がいなかったので、何だかゆったり出来た。遅い昼食だったせいもあるのか、配られた飯はうまい。気流の関係で少々揺れが多かった。


大連到着


中国時間15:45、大連到着。韓国の時もそう思ったのだが、空から見て目立つのは茶色の大地。日本と全然違う。その上、どんよりとした鉛色の空のため重ぐるしさを感じる。

入国のため一度飛行機から降ろされるのだが、外に出てみると、曇りのせいもあるのか寒い。空港をぐるっと回って、また元の飛行機に乗ることになる。待合室の前には土産物屋が並んでいるがみんなやる気なし。

大半の人はここで降りず北京までのようで顔ぶれは変わらず。大連から北京に行く人もあり満席に近く、今度は隣に人が座った。定刻では17:20発であるが、少々遅れ。17:35発。北京での乗り継ぎに遅れると困るのだが、この程度であれば大丈夫だろう。大連を飛び立つとすぐに雲の中。大連・北京間では飲み物にビールはなかった。


北京到着


18:00北京到着。雨。空港直結ではなかったため、雨の中、バスで空港へ。荷物がなかなか出てこず、乗り継ぎ便の出発時刻に間に合うか不安になった。荷物を待っている間に、時間節約のため両替。3万円が2,146元。レートは13.98円/元。荷物を受け取ったのち、再度預け直して国内線乗り継ぎへ。

国内線に乗り換えるのに、再度、X線チェックとボディチェック。トレッキングシューズを履いていたため、これも脱がされる。何言っているのか分からんし。面倒くさすぎる。


ウルムチへ


19時すぎにC24ゲートに到着。時間に少々余裕がある。さっきまで寒かったのに今度は暑い。国内線の方は暖房をいれているのだろうか。ウルムチ行きの飛行機は19:45発。予定通り。

ここまで来ると、イスラム系の人が増えてくる。言葉も中国語ではないのが聞こえてくる。



機内食はうまい。あまり動いていないのに食べ過ぎか。ここもビールはなかった。


ウルムチ到着


0:00丁度ウルムチ到着。飛行機を降りるとき日本人添乗員が中国人にすごい剣幕で怒鳴られていた。理由は不明。このあとも彼方此方で同じような風景をみる。荷物はすぐに出てきたので空港の外へ。空港を出たところにはまだ人が多く、一安心。街はまだ寝ていなかった。

ホテルのありそうなところに向かって、歩き始める。



目をつけた安そうなホテルの前の売店で水を1.5元で購入し、民航公寓とい名のホテルへ。ここに泊まる。180元。数時間の滞在にこの金額は高いな。両替した3万円のうち1/10をこれだけで使ってしまった。

明日は8:50の飛行機でカシュガルに向かう予定と伝えると、6:30に宿を出ろとのこと。あまり寝られない。取り合えず、顔だけ洗って就寝。



HOME | 概要 ウルムチ カシュガル カシュガル タシュクルガン パスー カリマバード ススト カシュガル 北京 北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 車道まで出ると、そのまま車道を横切り、畑の中を歩いていく。


    • 鳩の数が凄い。なんだか平和的。

    • 寺院の脇で遊ぶ子供たち。

    • Eyjafjallajökull氷河方面。曇っていて良く見えないのが残念。ここの火山は2010年4月に噴火し、火山灰が上空に蔓延したため、ヨーロッパで飛行機の運航に支障をきたしたことで有名なった。

    • 小坊主たちはビー玉ゲームに夢中。

    • キッチン。


    • 走っているといきなり「パッシューー」という凄まじい音を立てて砂煙が立ち上った。パンクをしてから近くの村までそのまま走り、そこでタイヤ交換。手馴れているもので30分ほどでタイヤの交換完了。さすが。