HOME | 概要 ウルムチ カシュガル カシュガル タシュクルガン パスー カリマバード ススト カシュガル 北京 北京 北京→成田

フンザエリア:南アジア(パキスタン) 日付:2011/05/04 (6/11)

パスーインの朝食

朝5:30起き。外に出てみると、昨日バスで一緒だった中国人が走って行った。また、食事までの間、ゲストハウスの裏側が高台に登って村を眺めていると、朝7:00くらいに乗合バスも走って行った。


朝食は、おじいさんがつくってくれる。



事は85ルピー。チャパティとオムレツ、ミルクティー。ちょっと多いかなという感じ。



巻いて食べる。


朝の散歩


車が少々遅れるとかで、食後の散策の時間が増える。宿の裏の高台から見た風景。



カリマバード方面。南側。



逆に北側を見たところ。手前にお墓がある。



パスーの村。緑の色が映えて良い風景。


パスーインのおじさん


おじさんと別れて、カリマバードへ出発。


パスー出発


貸しきった車はランクルで1000ルピー。走った時間を考えると少々高いか(適正価格は普通車で600ルピーらしい)。7:35出発。途中、停車してもらって、パスーの吊橋を上から眺める。吊橋は二つあり、下流のほうはダムに沈んでしまったとのこと。



湖が見えてきた。



ウセイニー(ウサニ)村。


ダム湖到着


8:00にウセイニー(ウサニ)の先にある船着き場に到着。ボートがいくつか止まっていたが、中国人の乗っていたボートに乗らせてもらう。タダで。ただし、あとから来た中国人が運んできた鉄板の運び入れを手伝うことに。ボートを扱っているのはカラチ人で、一稼ぎしているようだ。



ボートは9:00ちょうど出発。天気が良くて日焼けする。



エンジン。ボートの両側についているが、川下進む場合は、ひとつだけ使用。



素晴らし景色の中を進む。



パスー方面。



フンザ方面。



9:20に陸の孤島となっているグルミットを通過する。9:40に人を乗せるため、途中、グルミットの先の村で、停船。



細い谷間を左に曲がって、湖はほぼ終了。


ダムサイト到着


10:40ダムサイト到着。



船を降りた後、細かい砂の坂道を上り、カリマバードまで行くジープを探す(アリアバードへの乗合ジープもある。こちらは150ルピー)。



我々は、ジープ1台を貸しきって、カリマバードまで。11:50到着。1700ルピー。1時間くらいの行程。船着場近くは、舗装ももちろんされておらず、さらに、砂が非常に細かいので、車の中までに、舞った砂が入ってくる。おかげで、体中砂に塗れる。


ヒルトップホテル


日本人5人で、一先ずヒルトップホテルまで行く。



そこで今まで出し合ったお金の精算をしたりしながら、一休み。



ヒルトップホテルの屋上からの眺めも素晴らしい。



こちらも、ヒルトップホテルの屋上からの風景。



同上。



カリマバードの人は皆陽気で、声をよくかけてくれる。


コショーさんゲストハウス


みんなと別れた後、私は、コショーサンゲストハウスに行くが、コショーサンはまだ、シーズン前ということもあり、アリアバートに出稼ぎに行っていて不在。夕方くらいに帰ってくるということなので、部屋に荷物をおいて外出。



ダイニング。いろいろな写真が壁にはられている。



シーズン前ということもあり、部屋には電気がきていないし、何だかいろいろと不十分。

また、カリマバードの上水は、その辺に溝を掘って、配水しているせいもあり、水道からの水が、泥水のようであるのには、驚いた。




イーグルネストへ


13:45イーグルネストに出発。舗装された車道に沿って、歩く。炎天下で暑い。



少年が木になっている果物をくれた。名前は失念。小さな梅みたいな果物で、さっぱりしていて喉を潤すにはちょうど良かった。





日陰で休んでいたおじさんたち。




イーグルネスト到着


15:30イーグルネスト到着。古そうなファンタを飲んでのどの渇きを潤す。30ルピー。



記念撮影。ちょっと、雲が出てきてしまったのは残念。



下りは比較的楽。途中の売店でペプシを飲みながら、一休み。ペプシ50ルピー。


バルティットフォートへ


イーグルネストに行った後、次はバルティットフォートに向かう。アルティットフォートが遠くに見える。フンザと谷を隔てて対峙していたナガール王国防衛のために築かれた城砦の跡。



土産物屋が続く、道を通りぬけていく。



バルティットフォートが見えてきた。



もう17:00を回っていたので、中には入れず。



事務所の人に頼んで、建物の外だけ見させてもらう。





守衛さん?




コショーさんゲストハウスで


その後、道を下り、宿前の売店で水(大)40ルピーを買う。その後、金が足りないような気がしてきたので、ヒルトップホテルに戻り両替。20ドルを83ルピー/ドルで。後は宿に戻る。

あまり腹が減っていなかったので夕食は抜きにして、コショーさんゲストハウスに泊まっていた日本人たちと0:30くらいまでおしゃべり。



HOME | 概要 ウルムチ カシュガル カシュガル タシュクルガン パスー カリマバード ススト カシュガル 北京 北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 13:40過ぎにEmstrur (Botnar) に到着。小屋でキャンプの手続き。


    • 私と同じツアーに参加していた人達。セルビア人でクロアチアには観光で来ているらしい。ラキヤ(この付近の国々でポピュラーな蒸留酒)やワインを飲ませてもらった。私は酒に弱く、あまり好きではないが、ここは断らずありがたく頂戴した。

    • ラマユルに近づくと、見たことある風景が広がってきた。昔、このあたりを歩いたことがあったが、その時に比べて、道はかなり良くなっていた。

    • パーミッションはこんな感じ。トレッキング中のチェックポストでハンコなどをこれに押してくれる。


    • 今日は、12月31日。これからニューイヤーフェスティバルが始まる。メインストリートは、その準備をする屋台が立ち並んでいる。これは豚の丸焼き。

    • ここでも機織りの実演&販売が行われていた。

    • デリーメトロの路線図が欲しいこともあって、昼過ぎからコンノートプレースへ行ってみる。昼食はマクドナルドのマハラジャマックセット(99ルピー)。テイクアウトしてコンノートプレースの真ん中にある芝生の上で食べる。 目的のメトロマップも購入。すでに結構な距離を走っていて便利そう。あとは空港までつながれば最高なんだけれどね。