HOME | 概要 ウルムチ カシュガル カシュガル タシュクルガン パスー カリマバード ススト カシュガル 北京 北京 北京→成田

フンザエリア:南アジア(パキスタン) 日付:2011/05/09 (11/11)

天壇へ


雨が止み、朝から青空が広がっていた。チェックアウトの時間まで、天壇を見てまわろうと、7時半過ぎに宿を出発する。行きは歩き。気温が高く、汗をかくくらい。


天壇到着


天壇公園の入場料は35元。ゲートからも遠くに天壇の祈念堂が見える。公園内では、観光客だけでなく、他の公園と同じように、体操をしている人、バトミントンみたいのをやっている人などがたくさんいる。





内部はこんな感じ。



祈念堂に到着。中国最大の祭祀建造物。



祈念堂を見て回った後、圜丘、皇穹宇を見て回る。


圜丘


南の端にある圜丘に到着。



圜丘の中心に立つのが流行り。


天壇から宿へ


天壇から天壇東門駅のほうへ進む。地下鉄の駅近くまで、屋根のついた廊下が続いており、ここで、麻雀をやったり、編み物をしているおじいちゃん、おばあちゃんが多かった。


天安門


天壇東門駅から東単駅に行き、ここから、天安門西駅へ。地上にでて、天安門を遠くに眺めながら、天安門広場の脇の通りを南に歩く。


人民大会堂


途中、人民大会堂を見る。時間があれば、内部を見学できるそうだなので、見学したかったが、今回は時間切れなので諦める。



新旧市街を抜け、そのまま宿へ。


空港へ


宿の荷物をまとめ、前門駅~東直門駅と地下鉄を乗り継ぎ、ここからエアポートエクスプレスで空港へ。

そのまま、13:25の飛行機で成田へ。移動に疲れた忙しいG.W.であった。



HOME | 概要 ウルムチ カシュガル カシュガル タシュクルガン パスー カリマバード ススト カシュガル 北京 北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • こちらは広い。幅は52mもあるそうだ。 ダンブッラ(「水の湧き出る岩」の意)の名前の由来となった水の滴り落ちている場所が、この窟の中央付近に(金網で囲まれているけど)にある。

    • アイト・ベン・ハッドゥへの分岐点。標識を見るとアイト・ベン・ハッドゥまで9㎞、ワルザザードまで20㎞。


    • ゼイティンブルヌ駅で地下鉄を降り、路面電車に乗り換える。駅は隣り合っているが、乗り換え用の出口と、そうでないものがあるので注意。丁度、通勤時間帯にぶつかったためか、乗車率は結構高い。

    • ペンサンゴンパへ続く分岐で車を下ろしてくれ、みんなと別れる。

    • 16:30にタシュクルガン到着。中国入国の手続きを行う。ナトコバスはここまでなので、タシュクルガンの街中までは歩いて行く。近くの学生が道端の花壇の手入れをしているのが目立った。 冰山賓館の前に止まっていたタクシーに乗り、タシュクルガンに向け出発。18:00。

    • 石林の駐車場に着く前に見えていた風景は、ちょうど山口の秋吉台のような感じ。駐車場に車を止め、おばちゃんに石林の入場料140元を支払う。それにしても高いよなぁ。石林の公園内からは説明員のおねえちゃんが1人付いて説明をしてくる。彼女のあとについて、みんなそぞろ歩き。

    • スルタンアフメット地区に戻り、地下宮殿へ。ここに入るのに10TLのチケットが必要。 イスタンブールの貯水池で4~6世紀の作りだそうだ。中に入ってみると、ひんやりとした湿っぽさを感じるところ。 思った以上に、中は広く、ライトアップされている柱が美しい。

    • 海岸沿いに大きな町が見える。