HOME | 概要 ウルムチ カシュガル カシュガル タシュクルガン パスー カリマバード ススト カシュガル 北京 北京 北京→成田

フンザエリア:南アジア(パキスタン) 日付:2011/05/06 (8/11)

スストの朝


朝起きて、出発までに時間があったので、狭いスストをうろうろする。思えば、男ばかりの村で、女性を見かけない。チケット売り場のおじさんに会い、もうイミグレに行っていいというので、9:10に荷物を纏め、イミグレに行く。

まず、荷物のチェックを(手作業で)行うのだが、検査員のおじさんがなかなか来ないので審査が始まず、1時間ほど待つ。

荷物チェック、パスポートチェックを終え、10:20イミグレ通過。



暇そうに座っている人。



靴の修理をする人。


ススト出発


大型のバスかと思ったら、ミニバンだった。10:50、9人を乗せ出発。


チェックポストのディー村からフンジュラーブ峠へ


12:10にチェックポストのディー村に到着。また、4ドル取られる。

曇っていたので、あまり写真は取らず。14:00に峠を通過し中国入国。峠では止まってはくれなかった。その代わりなのか、峠の先にある中国チェックポストで停止。パスポートチェックと荷物のチェックが行われる。女性が付ける装飾品や紙のナプキンなどを大量に持っていたパキスタンのおじさんの荷物が徹底的に調べられる。紙のナプキンに薬が混じっているのではないかと疑わられ、中国の若い武装警察が全ての復路を潰しては、においを嗅いでいた。

おかげで、このチェックに1時間かかり、チェックポストを出発できたのは15時。



あとは、なだらかな坂をひたすら進むだけ。空は晴れてきた。


タシュクルガンからカシュガル


16:30にタシュクルガン到着。中国入国の手続きを行う。ナトコバスはここまでなので、タシュクルガンの街中までは歩いて行く。近くの学生が道端の花壇の手入れをしているのが目立った。

冰山賓館の前に止まっていたタクシーに乗り、タシュクルガンに向け出発。18:00。



日は徐々に落ちてきて、真っ暗な中を走る。2時間ほど走ったところで夕食。ラグメン10元。ここで、私たちが乗ってきたタクシーが車にぶつけられ、ドアのところが少々凹む。20:45に出発。22:00にチェックポストに到着し、カシュガルに到着したのは24:00到着。100ルピー。



HOME | 概要 ウルムチ カシュガル カシュガル タシュクルガン パスー カリマバード ススト カシュガル 北京 北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • インドとは違い、ネパール人はみんなサッカー。難民キャンプでもゴンパに隣にあるサッカー場で試合をしていた。

    • この村の建築物は、木と石を交互に重ねるタイプのものが良く見られる。

    • 正面に見えるのが、ジュマ・モスクのミナレット。こちらにも登れるらしいが、イスラーム・ホジャ・メドレセのミナレットに登るつもりでいたので、私は登らなかった。

    • グルミマの町で。

    • ラニパウワの村の入り口からカグベニの方面を眺めたところ。ジャルコットの奥の谷底にカグベニがある。

    • 壁の裏側を登ることもできる様になっていて、そこからは、リスボアの建物を含め、マカオの町並みがよく見える。

    • ダルバール広場は、カトマンズのダルバール広場同様、寺院が立ち並び、人通りも多く活気がある。そして、市民の憩いの場である。

    • 座席の向きが、進行方向とは逆で乗り心地がいまいちであったが、トラブルもなく、青衣駅に到着。

    • 夕食は、新興ショッピングセンター前にあった、鍋屋台。