HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

雲南省・ラオス・ベトナムエリア:東南アジア(ラオス) 日付:2011/12/28 (1/13)

成田発


成田空港には、8時半前に到着。チェックイン、セキュリティーを通って、16番ゲートに到着。セキュリティーチェックに時間がかかり、ゲートに到着したらすでに、搭乗が始まっていた。



今回の飛行機はベトナム航空。予定の10時を少し回って、出発。



昼食。洋食と和食から選べるようなっている。いろいろな種類のビールが置いてあって、頼むたびに違う銘柄のビールが来た。

トルコに行った時のマレーシア航空は、缶ごとくれなかったけど、今回はいくらでもくれた。


ハノイ到着


14時40分、ベトナム・ハノイ到着。ハノイから乗り継ぎの人は、別に集められ、乗り継ぎ用のカウンターで、なぜかパスポートに「乗継」のスタンプが押され、上階の出発フロアに移動させられる。



上階フロアでセキュリティーチェックを受け、出発ロビーへ。両側に店が並ぶが、やる気のない感じが漂っている。出発ロビーの上の階にも行ってみたが、ここにも店がある。人がほとんど居ないのに。無駄が多すぎ。



やることがなくて暇だったので、出発ロビーにあったネットの使えるカフェで時間を潰す。カフェは2軒があるが、片一方しかネットは使えない。ちなみにログインパスワードは、砂糖のスティックの入れ物に貼りつけてあった。

カフェラテ4.5ドル。スタバ並の価格だ。


ハノイから昆明へ


17時50分、ハノイ発。



飛行機は、Fokker70という珍しい機体。オランダの航空機メーカーのもの。Wikiによると、会社倒産のため48機しか生産されなかったとのこと。



日がどんどんと落ちて行く。



夕食は、こんな感じ。これじゃお腹いっぱいにならない。ちゃんとした機内食がでると思って、ハノイ空港では、カフェラテだけで我慢していたのに。


昆明到着


20時ぴったりに昆明に到着。飛行機を降りて、バスに乗って空港へ。



入国手続きをして、雲南祥鵬航空とかいうマイナー航空会社のカウンターでチェックイン。東方とか国際とのカウンターとは随分離れた場所にあったが、おそらくこれは旧空港を使っていたためだと思われる。



途中、腹が痛くなってトイレに行ったが、これが空港のトイレなのかというほど、汚かった。臭いも外まで漏れ出しているし。。


昆明から景洪へ


腹が減ってきたので、空港の売店で「栗むいちゃいました」を15元で買って食べる。日本のものと同じ。

22時15分の飛行機で、景洪へ。


景洪到着


景洪には、あっという間に到着。23時10分。



飛行機も空港も小さいので、歩いて空港ターミナルへ。

空港からタクシーでメイメイカフェまで連れていってもらう(メイメイカフェで通じる)。そこまで30元。旅行人の地図を頼りに孔雀賓館を目指すも、なんか違う。


孔雀賓館到着


通りの名前などを確認しながら歩くと、どうも地図が間違っているということが分かり、歩きまわって孔雀賓館を発見。

一泊40元。押金60元の計100元を渡して、泊まることに。



腹が減っていたので、宿近くの串焼き屋台に行ってみた。すでに夜中の12時近くなのに、まだ人通りは結構あった。



ビール(4元)は近くの売店で買ってきて、串焼きを9元分平らげる。腹は落ち着いた。

肉、魚、ホルモン、練り物などいろいろな種類の串があった。どれがいくらなのか良くわからなかったので、適当に選んで焼いてもらった。



夜の12時を回っても、人通りが絶えない。



HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • カワラウ・ブリッジでバンジージャンプを見学。180NZD(約13000円)払ってまでやろうとは思わない(笑)。

    • うつらうつらしていると、軽食が配られた。

    • SURXONホテルの外観。結構、立派でしょう。昨日、ホテルの人に紹介してもらったここに出入りしているタクシーで、今日は6時間のテルメズツアー。テルメズの古代都市遺跡をめぐる。50ドル。 その昔、テルメズの町は城壁で囲まれ、ゾロアスター教徒のソグド人や仏教徒が多く住み、複数の仏教寺院が建てられていたそうだ。だけど、13世紀にチンギス・ハンの侵略によって町が破壊されると、町は捨てられて廃墟に。

    • 10時45分タドパニ到着。シャウリバザールで会ったおばさんがタドパニのパノラマポイントという宿をやっているのでぜひ寄ってくれと言っていた。

    • 下界にいたときは分からなかったが、上空から眺めた上海は汚れている。空にはスモッグみたいな霞がかかり、遠くまで見渡すことが出来ない。歩き方には上海の高層ビルは一部にしかないようなことが書かれていたけれど、実際に眺めたところ、いや、凄いよ。町のデカさに驚いた。

    • スイカ?

    • 雷で、壊れてしまったとか。

    • 今日も天気が良く、日差しがまぶしい。

    • BÓNUSで買った食料の品々(一部)。右下のSkyr(スキール)はアイスランドでポピュラーなヨーグルト。クリーミーで種類もイチゴ、バナナ、アプリコット、クランベリー等と豊富。滞在中、5種類は食べたかな。