HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

雲南省・ラオス・ベトナムエリア:東南アジア(ラオス) 日付:2011/12/29 (2/13)

国境の街、打洛(ダーロウ)へ


朝起きてみると、少々肌さむい。雨もパラついていた。8時に宿を出て、宿前でタクシーを拾い、バスターミナルへ。ターミナルまで8元。



ターミナルの窓口で、打洛(ダーロウ)行きのチケットを購入。33元。



ターミナルにあった売店で、パンとお菓子、水を買い込んでバスに乗り込む。

曇り空の下、お茶畑、バナナ畑の中を通って、10時にモンハイ、10時半にモンフンを通過し、11時半に打洛(ダーロウ)に到着。



バスを降りた所で、バイタクに捕まり、20元で国境まで連れていってもらう。バナナ畑の中をおそらく2kmほど。



国境のイミグレ手前で、バイタクを降り、あとは歩いてイミグレへ。


ミャンマー・中国国境の中国側イミグレ


一度、建物の中に入ってみようと近づくと、なぜか追い返された。なぜ??



しょうが無いので、国境近くにある独樹成林とかいうものを見に行ってみることに。



ミャンマー・中国の国境ラインって、どうなっているんだろうと思って、その境辺りを歩いてみると、現地の人は、中国-ミャンマー間を自由に行き来している。

さすがに、このゲートからでは人目が多すぎて、ミャンマー側にいけないので、境に沿って歩いてみる。



打洛(ダーロウ)の街は、ゴーストタウン。昔は交易で賑わっていたのかもしれないけど、今は人気のない建物が並ぶ、なんとも言えない寂しい感じのする街。



人が住んでいるのは、街の一部。その他には人影がない。



イミグレからもミャンマーの金色パゴダが見えるが、それに引き寄せられるように、公園内を歩いてみた。



公園のゲートを潜り、歩いて行くと、こんなものがあった。これが国境かな。よくわからないけど。



さらに行くと、だんだんパゴダが大きくなってくる。

パゴダにいる坊さんの話し声が聞こえるくらいまで、行ってみたが、さすがに見つかると、いろいろ面倒くさそうだったので、途中で引き返した。


独樹成林公園


公園入口。



これを見るのに、10元なり。これ以外なにもない。まぁ、いいか。



バナナは、あちこちになっている。


帰りは、イミグレ前まで戻り、タクシーでダーロウのバスターミナルまで。10元。バイタクより安いのだが。


バスターミナルで、モンフン行きのチケットを購入15元。



バスは14時15分発。


モンフン到着


15時15分到着。ダーロウから丁度1時間。



とりあえず、丘の上に立つパゴダに行って見ることに。



木が邪魔で、見渡せるというほどではないが、街の全体をなんとなく眺められる。



母屋が工事中で、中の神様はみんな外に出されていた。



坂を下って、街に戻る。


モンフンの市場


街の市場をみつけたので、ちょっと覗いてみる。



こちらは、生鮮食品売り場。



白菜が小さい。



ビリヤード台が置いてあって、若者の遊び場になっていた。チベットの方でも、結構ビリヤード台は見かけるが、ここにもあるのか。



市場の麺屋。



2元。麺のコシを求めたら、駄目だが、味は悪くない。


モンハイ・バスターミナル

モンフンから、景洪行きの直通バスがなさそうだったので、ひとまず、モンハイまで行ってみることに。乗合タクシーで8元、30分弱。


モンハイのバスターミナルで、17時45分発の景洪行きバスチケットを購入。15元。20分ごとに頻発している。



バスターミナルに貼ってあった地図。

景洪行きのバスには、25元と札のついた可愛いうさぎも持ち込まれた。みんな注目。途中、チェックポストがあって、中国人は結構、チェックされていたが、私ら外国人は面倒臭いと思ったのか、まるで空気のように扱われ、パスポートを差し出しても無視。全く関知されなかった。


景洪

バスは、19時20分、景洪到着。


バスターミナルから宿まで寄り道しながら歩いて帰る。それほど遠くはない。



夕食は宿近くにあったウイグル料理屋。ビールが置いてなかったのが辛かったが、どの料理もうまく腹いっぱい食べた。



HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • ポリスチェックを受ける。以前来たときと違って、車がガンガン走っていて、砂埃がすごい。


    • 始めはやや急な坂を登るが距離も短く大したことはない。坂を登ると見通しが良い。この先は軽くアップダウンするくらいでほぼ平坦になる。


    • のんびり進む。

    • 2分程度の短い時間だったが、大海原にオレンジ色の光の道ができた光景は、時間が短かった分、強く心に残った。

    • 宿のみんなにお別れして、出発。8時半。