HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

雲南省・ラオス・ベトナムエリア:東南アジア(ラオス) 日付:2012/01/08 (12/13)

ハノイ到着


6時50分、ザップバッド・バスターミナル近くにあるSAO VIETのオフィス前に到着。オフィスでトイレを借りたのち、ハイフォンに行くために、バスターミナルに向かう。


ザップバッド・バスターミナル


バスターミナルまでは、歩いて10分ほど。



ターミナルの中の窓口で、ハイフォン行きのチケットを購入。65000ドン。7時40分、バスは満員で出発。高速道路のような立派な道路をひたすら走り続ける。

両脇には、広大な工業団地が広がっており、世界の名だたる企業が集まっていた。


ハイフォンのラックロン・バスターミナルに到着


9時50分、ハイフォンのラックロン・バスターミナルに到着。ここから港まではすぐ。



青空床屋。インドっぽい。



港に到着したのち、スタッフに確認すると、カットバ島に行く次のボートは、12時発だとか。

スタッフがさらに言うには、カットバ島まで2時間かかり、そこから、さらにバイチャイにも行けるということであったが、時間的にきつくなりそうだったので、あっさり諦める。

旅行人に書いてあったハイフォンとホンガイを結ぶフェリーは、なくなっているよう。


ハノイに戻る


港からバスターミナルに戻り、チケット(65000ドン)を買い直してハノイへ。10時半発。ハイフォン滞在40分。一体何をしにきたのか、、、


ハノイ到着


12時40分、ハノイ到着。ザップバッド・バスターミナル到着後、タクシーでホアンキエム湖北側の繁華街まで連れていってもらう。ちゃんと行ってくれるか、心配だったけど杞憂に終わった。110000ドン。うち10000ドンはチップ。


ホアンキエム湖


最初、サパと同じようにツーリストインフォメーションで荷物を預かってもらおうかと思い、ホアンキエム湖の右側の公園に行ってみたけど、荷物をあずかってくれるようなツーリストインフォメーションセンターではなかったので、諦める。


HOMEY HOTEL


しょうが無いので、ホアンキエム湖北側まで戻り、宿さがし。最初に声をかけてきたHOMEY HOTELへ。写真の兄さんの英語がいまいちだったので、電話でオーナーと交渉し、8ドルを6ドルにディスカウント成功。6時間しか居ないし。




ホアンキエム湖の北側ロータリー


繁華街。ここから湖の西側を通り、ベトナム空港オフィスへ。空港行きミニバスを確認しに行く。

ミニバスだと、空港まで2ドルで行けるのだが、最終バスが確か17時ということが判明。あまりにも早すぎるので、タクシーで行くと決めて、あとはハノイ観光。



ベタな写真。


ホーチミン廟へ


チャンティ通りを通って、ホーチミン廟まで。途中、線路をまたぐ。

途中でパンを購入し、食べながらホーチミン廟へ。


ホーチミン廟


ホーチミン廟ができたのは、1975年9月2日の建国記念日。ホーチミン主席の遺体が安置されているらしいのだが、オープンしているのは、午前だけだったので、中には入れず。


ホーおじさんの家


入り口から入り最初にみるのは、ホーチミンが1954年から亡くなる1969年まで執務をとった大統領府。近づくことができない。



大統領府を見て、そこから道なりに歩くと、1969年までホーチミンが住んでいた家にたどり着く。室内に入ることはできず、家の外に付けられた廊下から覗くだけ。質素でシンプルでだけど、理想的な家であった。



2部屋だけの家だが、しっかりとした作りだった。



ホーおじさんの家を見終わったのち、ドンスアン市場へ。


タンロン遺跡の正北門

ドンスアン市場への途中、タンロン遺跡の正北門の脇を通る。


タンロン遺跡(旧ハノイ城遺跡)は、工事中であったが、正北門はちょっと離れたところにあったので、見学可能であった(入らなかったけど)。

これは、805年に建てられた第二城壁で現存する唯一の門。正面の左下には、1882年にホン河に停泊するフランス艦艇から放たれた砲弾の跡が残っている。


ドンスアン市場


旧市街にあるドンスアン市場。



入口近くには、カシューナッツなどを並べた店が多く、その奥になると、ファンシーグッズや服を売る店があった。ただ、興味がそそられず、一周して退店。





あとは、夕食時間まで、旧市街をぶらぶら。

お菓子問屋街、レストラン街など、通りによって特色があった。



ここの通りは、ちょっとレトロな感じのする通り。ベトナム笠をかぶる女性が良い感じ。



道端では、とうもろこしなどが売られている。


ナム・ビッ・テット


歩き方にも載っている旧市街にある有名なステーキ屋。ビールを飲みながら、ステーキを突っつき、かた焼きそばに、エビフライを食べた。



キッチン。



隣には、シンガポールからの観光客。外国人にもよく使われているようで、英語メニューも用意されている。



これは、心臓と腎臓の肉を載せたかた焼きそば。



来たときは、4つくらいしかテーブルが並んでいなかったが、帰るときには、隣の店の前まで、テーブルが広げられ、大繁盛していた。


旧市街のナイトマーケット


毎週金、土、日の19時からオープンするナイトマーケット。ドンスアン市場からホアンキエム湖につながる通りに、ずらっと店が並ぶ。iPhoneケースの店が多かったのが印象的。



果物は美味そう。


空港へ


宿に戻った後、シャワーを浴び、宿に頼んでおいたタクシー(11ドル)で空港へ。21時発。

空港へ向かう途中、橋の上で(たぶん)死亡事故が発生し、大渋滞。1時間くらいでつくはずが、2時間くらいはかかった。余裕を見ておいて良かった。



HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • あとは、ここに来て今回の旅行で初めて白人を見た。イスラエル人が5人くらい。みんな英語が通じず、苦労しているのを見ると、なんだかおかしくなってしまう。漢字も読めない彼らが「今天~~~」なんて話しているのを聞いていると、噴出してしまいそう。

    • ワルパ谷行きのワゴンの客は我々2人だけ。ただし、なぜかドライバーの子供も乗っている。

    • 過去2回のラダックは冬だったので、緑は全くといってなかったけれど、今回は紅葉があちこちで見られた。ただ、そろそろ冬に入りそうな雰囲気。

    • 宿からちょっと歩いたところにある庚真君。

    • サービス精神旺盛な運ちゃんで、途中で車を引き返したかとおもったら、亀を拾ってくれた。こんな水もなさそうな平原に亀がウロウロしているなんて意外。 また、タジキスタンの国境沿いでも、車を停めてくれたので、タジキスタンを眺めながら一休み。

    • 岩肌の黒いすじは、水が流れた跡。雨が降ると滝が現れるらしい。途中ですれ違ったトレッカーから登山道がオープンしたとの情報。ベースウォーク一周3~4時間、現在12:30。迷った結果、このままウルル(エアーズロック)を一周した後、登山をすることにする。

    • 夕食は坊さん手作りの野菜カレー。ウマかぁ~。山盛りもらった。 食後はお互い暇なのでおしゃべり。坊さんはヌブラ出身で14才のときに自ら坊さんになる決心をしたんだとか。坊さんになってもう14年。3人の男兄弟で残りは農夫と兵士になったらしい。 ゴンパに坊さんの数が少ないことなどをも聞いてみたけど、オフシーズンの今は90くらいあるドゥクパ・カギュ派の各寺に派遣されているからと言っていた。他には、僧坊にテレビを置くことは禁止されているなど、なかなか知りえない話を聞けて面白かった(寺の付属学校に1台しかテレビはないそうだ)。 祭りがないとなんとも静かなゴンパであった。写真などを見せてもらいながら、晩くまで遊んでいた。

    • 上空は曇りがち。相変わらず風が強く、雲の流れも速い。時折、日が射す程度。シャッターチャンスは、日が射した数秒の間。

    • 壁に書かれていた六道輪廻図。比較的最近書かれたものらしく綺麗で分かりやすかった。