HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

雲南省・ラオス・ベトナムエリア:東南アジア(ラオス) 日付:2012/01/06 (10/13)

ライチャウでの朝


普通の地方都市。観光するようなところは、特にないけど、街をぷらぷら。



夕食を食べたところで、朝食。ヌードル。昨晩食べた肉が少し入っていた。こちらもおいしい。20000ドン。



お姉ちゃんが作ってくれる。

朝からウォッカを飲んでいる人も多かった。寒かったからかな。


ライチャウの市場


大きな市場ではなかったけど、ここで初めて、少数民族の衣装が売られているのを見る。どれもカラフルで可愛い感じ。



あれは、モスクだったのかぁ。


PHUONG THANH HOTELをチェックアウト


泊まっていた宿をチェックアウトし、バスターミナルまで歩いて行く。



バスターミナルに到着し、時間を確認すると、ラオカイ行きのミニバスは、9時出発とのこと。



このミニバスに乗り、途中のサパで下ろしてもらう。ライチャウ~サパは、80000ドン。

この価格が正しいのか(ボラれているのか)よくわからなかったが、後々乗ったバスの距離と価格の関係から、ボラれてはなさそう。


サパ


12時、サパ到着。ミニバスを降ろされたのは、歩き方の地図の範囲外であったため、人に聞きながら中心部へ。

中心部に行く途中から、バイタクやら、土産物屋から頻繁に声をかけられる。


ツーリストインフォメーションセンターへ


まずツーリストインフォメーションセンターへ。ここで、17時半のラオカイ行きバスの予約(100000ドン)と、50ドルの両替を行い、荷物をあずかってもらう。

両替のレートは1ドル→20500ドン。

ここにいたスタッフから、バックハーやハノイへの行き方の情報ももらう。彼の情報は、結構正確で非常に参考になった(当たり前といえば当たり前だけど)。


クー・アム・トゥック・サパ


10数軒が並ぶ食堂街。メニューや料金は、どこも余り変わらない。この中の一軒で、鍋を注文。

鮭、黒い鶏肉、牛肉、野菜、麺など内容豊富な鍋だった。その他、揚げ春巻きも調子にのって注文。



鍋以外にも、串焼きなどもメニューにある。


サパ市場


天気があまりよくなく、湿度も非常に高い。



得体のしれないものが、酒?に漬けられている。





炭売りのおじさん。





手前に並んでいるのは、タバコ用の筒。



パン屋さん。


サパ教会


サパの中心にある教会。




おみやげを購入


このおばちゃんから手編みの入れ物を2つ購入。90000ドン。450円くらいか。サパの街を歩いていると、次から次に物売りが寄ってくるが、手作りのため人によって品質がバラバラ。いろいろ見させてもらった中で、私が購入したおばあさんのものが一番しっかりしていた。


サパ博物館


ツーリストインフォメーションセンターの裏側にあるサパ博物館。入場料はなし。



2階にいろいろな展示物がある。ちょっと寒い。


バゲット&ショコラ


少し時間があったので、サパ博物館の裏にあるおしゃれなケーキ屋へ。イートインも出来たが、時間がなかったので、ツーリストインフォメーションセンターで食べる。


サパからラオカイへ

17時半すぎに、各ホテルを回ってきたバスが、ツーリストインフォメーションセンターに到着。バスに乗り込み出発。乗っているのは、みんな欧米人。


18時50分、ラオカイの駅前に到着。


NGQC HA ゲストハウス


ラオカイ駅からまっすぐ伸びている通りの左側にある宿。姉ちゃん2人で切り盛りしている小さなゲストハウス。といっても、食堂がメインかな。部屋は綺麗で、お湯もちゃんと出る。こちらもベットが2つ。扉の立て付けが悪いことを除けば、問題なし。一泊200,000ドン。


バスチケットを購入しに

最初は、電車でハノイに行こうとしたが、駅員が窓口で正規チケットを買わせようとせず、訳のわからない価格を提示してくるので、馬鹿馬鹿しくなってバスで行くことにした。(価格は、目の前にちゃんと掲示されているだろうが!!)

ここまで汚職のひどい国は初めて。


明日のハノイ行きバスチケットを駅前にあるSAO VIETで購入。230000ドン。もう一つバス会社があるが、そちらのハノイ行きバスは少なかった。



HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 狭い水路を抜け、水上住宅街の広い水路を進んでいく。

    • 寺から民族舞踊(?)のステージの間にある像。なんで、こんなデザインなんだぁ。

    • 空からは乾燥した大地が見える。

    • それにしても、国際色が豊か。アラビア系、インド系の人など数多くの人を見た。タイ人は洗練されていて日本人とは区別しにくかった。イスラム教徒のためのプレイング用の部屋も当然のようにある(成田にもあるんだっけ?)。

    • 機内はこんな感じ。


    • 途中の休憩の時に、ブルとかいうチーズのようなものを購入。2000スム。サマルカンドで買ったほうが安かった。

    • バスのスピードは落ち、砂埃を立てての移動が始まる。中国側は緩やかな登りであったが、パキスタン側は、それに比べると急勾配となっている。

    • おじいさんの石小屋にいたけど、隙間風は凄いし、日も落ちてきたので、テントに戻る。おじいさんはヤギが戻ってくるので、土をひっくり返す作業中。