HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

雲南省・ラオス・ベトナムエリア:東南アジア(ラオス) 日付:2012/01/03 (7/13)

ムアンゴイの朝


7時起床。朝食を求めにメイン通りへ。

昨日と同じところで、麺を食べる。5000kip。今日はボートでの移動のため、おかきも買っておいた。



ベトナム戦争の名残だろうか、あちこちで砲弾の残骸を目にする。



宿の主人に別れを告げ、ボート乗り場へ。


ムアンクアへ向けて出発

ムアンクアへのボートは、人が集まらないと出発しない。最低人数は10人。ボートに乗りたい人は、チケット売り場に貼ってある張り紙に、名前を書いておくこと。


ボート乗り場へ降りる。今回のボートは、ノーンキャウから乗ってきたものとは違い、ちゃんとした座席付きだった。ただ、座席は、1隻につき8席だけ。



客は15人くらいいたので、2隻でムアンクアに出発する。



9時半出発の予定であったが、少し遅れて、9時50分の出発。





途中、水牛の大群が川を横切っていた。あまりに興奮してしまい、写真を撮りそこねたのは残念。

ボートは、大群を避けるように急カーブ。



何箇所か、寄りつつボートは進む。


トイレタイム


2時間くらいたったところで、トイレ休憩。綺麗な砂浜で降ろされる。男性はその辺で用を足す。



ボートに乗っていると、いろいろな風景を眺められる。これは魚を取っているのかな。



子供たちが遊んでいる。



これは、おそらく水力発電。ここからケーブルを引っ張って、村で使っているのだろう。





魚取り。



こちらは、何を取っているんだろう?



ムアンクアが近づいてくると、山肌に道路が見えてきて、大型の砂利採取船?も目の前に現れる。



橋が見えてきたら、ムアンクアはもう近く。


ムアンクアに到着


13時半、ムアンクア到着。ムアンゴイから4時間弱。



乗ってきたボート。


ムアンクアの船着場


ゲストハウス、食堂がならぶ坂を登っていく。ここを登り切ったところを、右に行くとインターネットカフェ、左に行くと、ツーリストインフォメーションと市場。そこからさらに先に行くと、バスターミナル(過去形)。

そのバスターミナルがあった(過去形)ところの近くに宿を求める。



ベトナム行きのバスは、対岸から出る。対岸に渡るには1000kipの渡し舟を利用。



ムアンクアのメイン通り。


シンサワン・ゲストハウス


歩き方に載っているシンサワン・ゲストハウス。バス、トイレは共同。一階は、ちょっと湿っぽいので、二階のほうがいい。お湯は出るが、あまり綺麗ではない。宿の女の子は働き者なんだけどね。40000kip。


市場


歩き方の地図からは移動していて、ムアンクアで一番立派なスーンナリーホテルの近くにある。



それほど大きな市場ではないが、物資は豊富。



野菜も豊富。



きくらげ。日本のものと違って、厚く歯ごたえがある。


ツーリストインフォメーション


ツーリストインフォメーションに貼ってあった案内図。手書き。ここで案内されたビューポイントに行ってみようとしたが、辿りつけず。

また、明日の朝のベトナム行きバスの情報などを仕入れる。バスは、船着場の対岸から出発とのこと。6時発、50000kip。


昼食


市場の脇にあった麺屋。10000kip。


銀行で両替


もう、明日にはベトナムに入るので10ドルだけ両替。レートは1ドル→8,001kip。


吊り橋を渡って見る


行き来の多い吊り橋。



橋からの風景。


学校


どこの村も学校は、村の端にある。ここもそう。1クラスだけ英語の授業をやっていた。ちょっと覗いてみたが、邪魔しては悪いので、すぐに退散。

女の子たちはグランドで、変形ドッチボール。





学校を通りぬけ、その先に行くと幼稚園? 竹でできた遊具があり面白い。


ムアンクアのバスターミナル


宿前の旧バスターミナル。


ビューポイントへ


インフォメーションで聞いたビューポイントへ行ってみることに。舗装された坂道を登って行くと、舗装道は途中で終わり、その先はこんな感じの登山道。


山をどんどん登って行くが、全くビューポイントと思えるようなところには、たどり着つけず。途中、米国在住日本人?みたいな人に話したが、「ビューポイントはなかったよ」との答え。


登っている途中にあった、この場所がビューポイントかな。


夕食

夕食前にネットをしに行く。利用料は、15分5000kip、30分8000kip、1時間15000kip。


歩き方に書いてあったラープが食べたかったこともあり、夕食は、欧米人がたくさんいるメニューのしっかりした食堂で。ごはん、ポークラープ、トマトスープとビール。



HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 天気もあまり良くなく、やることもなかったので、14時くらいまで部屋でゴロゴロ。

    • 窓からも山々が見られる。顔を洗い、ひげをそったりした後、ベットの上に転がりながら、外を眺めていた。

    • ダートの車道は、たまにジープが砂埃を巻き上げながら通過していく。車道歩きに飽きてきたが、道端でミカンとバナナを売る人がおり、気分転換にミカン(4個で40ルピー)を買って少し休憩。


    • 5月広場内。ビルの合間から差す西日が噴水に当たって輝いている。

    • 中はショッピングセンターになっている赤い建物。

    • パナの岩窟墓地。道路から森の中に数分入ったところにある。

    • パーミッションはこんな感じ。トレッキング中のチェックポストでハンコなどをこれに押してくれる。

    • イスマイール・サーマーニ廟の内部。入るのに金を取られる。朝早かったけど、掃除のおばちゃんがいたので入れた。