HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

雲南省・ラオス・ベトナムエリア:東南アジア(ラオス) 日付:2011/12/30 (3/13)

景洪を出発


乾いていない服をザックに詰め、朝7時半くらいに宿を出る。昨日と同じようにタクシーでバスターミナルへ。昨日より1元安く7元。



バスターミナルで8時発のガンランパ行きバスチケットを購入。8.5元。



このバスで、メコン川の脇を走る。道は完全舗装ではないので、スピードがなかなかでない。


ガンランパの少数民族村(シーサンパンナのタイ族村)

ガンランパに到着すると、乗ってきたバスの運転手が、親切にも「次はこれに乗り換えて行け」とバスの目の前に停車していた白タク(5元)を指名してくれる。


白タクのおじちゃんは、ガンランパの公園のチケット売り場まで案内してくれ、私が糞高い100元のチケットを購入するところまで、しっかり見届けていた。

正直、公園なのか、村なのかよくわからないところなので、脇を走っている道から簡単に村の中に入れるのだが、、、



ガンランパの少数民族村のチケット売り場。



ゲートから村まで少々歩く。村の中心まで少々距離がある。有料電動自動車がゲートのところに待機していたのは、このためだろう。



ゲートに一番近いところにあるのは、寂れたお寺。



タイ族の村で、基本的にみな高床式住居となっている。



ところどころに、こういう案内版が立てられている。



観光用なのか、よくわからないがこういう実演販売の場所をあった。


曼春満古仏寺


村の中心にあるお寺。



寺の前には、売店が並ぶが、まだ時間が早いのか、オープンしていなかった。



寺から民族舞踊(?)のステージの間にある像。なんで、こんなデザインなんだぁ。



噴水広場。



闘鶏。村の中心にあるお寺の前の広場で、闘鶏が行われていた。初めて見た。



出来れば、今日中に国境越えをしたいと思っていたので、それほどゆっくり出来ず。ひと通りガンランパの少数民族村を巡った後、トゥクトゥクでバスターミナルまで戻る。5元。


ガンランパのバスターミナル


メンルー行きのバスが少なかったため、ここから、一度、景洪のバスターミナルに戻ったほうが、時間的には早そうな気もしたが、来た道を戻るのは嫌だったので、ガンランパの街で時間を潰し、メンルーに直接行くこと。



メンルー行きは一日2本しかなく、次は14時発。とりあえず、バスターミナル近くの市場へ。


ガンランパの市場


魚から肉まで何でも売っていた。昨日、行ったモンフンの市場より、品数が多くて、活気があっていい。



肉市場の方を見ていたら、犬肉発見。いままで、いろんなところの市場を見てきたけど、犬の肉を見たのは初めて。



市場の隅のほうにあった食堂で、昼食。肉まん。ちょっと皮が厚く、中身が少ない。



あと、麺も注文。



食堂のほうが、ちょっと高くなっていたので、そこからの市場の風景。市場T字型の変わった作りになっていた。


ガンランパからメンルーへ


高速道を走っていたが、途中から、旧道に降り、あとはほとんど下道。なので、時間は結構かかる。

ただ、バナナ畑の中に、突如、バナナ御殿が並ぶ村が現れるなど変化の多い道で、それらを眺めているだけで楽しかった。

メンルーの村の入り口に到着すると、そこからモンラーに向かうバスにすぐ乗り換えられるようになっていた。メンルー村の入口に到着したのは15時10分。バスを乗り換えると、すぐに出発。モンラーまで25元。



バスの中。普通のバス。


モンラー到着


モンラーに到着したのは、16時半。



モンラーのバスターミナルから、モーハン行きのミニバスが出ているターミナルまで歩く。



意外に、距離があり、買い食いしながら30分くらい歩いたような気がする。


モーハン行きバスターミナル


おそらく、週末を実家で過ごす学生だろうか、窓口に殺到。こうなると外国人がチケットを購入するのは至難の業。

なんとか、窓口にたどり着くも、18時の最終ミニバスのチケットは売り切れのため、購入できず。



時刻表。



そのため、モンラーで泊まることにして、いくつかの宿を見て周る。

宿は、バスターミナル近くにあった南腊賓館という名のゲストハウス。一泊60元。確か、40元、80元の部屋もあったが、安易に真ん中の部屋を選んだ。



夕食は、新興ショッピングセンター前にあった、鍋屋台。



いろいろな具材を選んで、店員さんに渡すと、それらを茹でた後、テーブルに用意してくれたボウルに入れてくれる。山椒の辛さにしびれるが、ビールと一緒に美味しくいただけた。


スーパー


宿への帰り際、スーパーを覗いてみる。ソーセージ売り場。



漬物とか?



野菜売り場。



HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 天主堂跡地の隣にあるモンテの砦に上がる。

    • ミュンヘン空港にて。日の入り前の見事な光芒。

    • みんなのんびりと生活している。おばあちゃんたちは何かの薬みたいなものをいじくっていた(まったく言葉が通じなかったのでよくわからず)。ヤクの散歩をしているおばさんもいた。

    • ちょうどツァンパを作っていたので挽いている場所も見せてもらう。ここも水の力を利用して挽いている。この水車小屋の外では朝早くから子供たちが遊んでいる。

    • バスターミナル全景。

    • 昨日の夜にはいなかったレーからの獣医も泊まっていた。彼らもニマリン経由でレーに行くとのこと(だけど、彼らはハンカルで業務終了ということで引き返す)。


    • 外を見ると、コンクリートのラインが見られる。この会議場内では、このラインを越えられるけど、この建物外で、このラインを越えることは特別の許可を受けた者以外できない。

    • 牧歌的な風景。こういう風景を見るとなんかホッとする。