HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

雲南省・ラオス・ベトナムエリア:東南アジア(ラオス) 日付:2011/12/31 (4/13)

モーハンへ








今日も、途中で高速を降り、周辺の村々を回って、小学生を次々に下ろしていく。


モーハン到着


8時50分、モーハン到着。



モーハンは、小奇麗な感じの街。街路樹などもきちんと整備されていて、モンラーの街とは、なんだか雰囲気が違う。人も少ない感じがした。


バスターミナルからイミグレまで


バスターミナルから、国境までどのくらいの距離があるのか良くわからなかったので、バスターミナル前で待機していた両替商のお姉さんの電動スクーターでイミグレまで連れていってもらう。10元。


中国側イミグレ


イミグレの入り口には、両替商がたくさんいた。

ここで200元を両替。レートは100元→120000kipで、思っていたほど悪くはない。



イミグレの中は、閑散としている。もっと、小さいな建物でも十分だと思うんだけどね。



あっさり、イミグレを通過し、歩いてラオス側のイミグレを目指す。



中国側イミグレを振り返ってみたところ。無駄に大きい。



この辺が国境のはず。道路の質も、この辺からちょっと落ちる。



ラオス側のイミグレ(工事中)が見えてきた。



あと、1年も経てば、こちらで入国審査をすることになると思うが、、、



今は、まだ、この金ピカの建物の奥にある平屋の建物で、手続きを行う。



こちらでの手続きもあっさりとしたもの。

この建物の向こう側は、タクシー・バスのターミナルになっていて、ブルーシート屋根の売店が一軒あるのみ。他には何も無い。




国境の街?ボーデン


こちらのバスで、ウドムサイに向かうことに。

イミグレ周辺には、飲み物を売っている屋台が1軒あるのみ。他に何もないので、時間を潰すのは大変。バスは10時25分発。

よくよく考えたら、モンラーから、国際バスに乗ってくれば、こんなところで時間を潰す必要はなかったようにも思うが、国境越えを十分楽しめたからいいか。



休憩をは挟みながら、バスは進む。




ウドムサイに到着


11時55分到着。国境のボーデンから1時間半。バスターミナルへは、ウドムサイの中心を通ってきたが、結構、大きな街だった。



ウドムサイのバスターミナル。典型的な東南アジアにあるバスターミナル。



チケット売り場。ここで、ノーンキャウ行きのチケットを購入しようと思ったが、直通のバスはもうないということで、とりあえず、13時半のパクモン行きのチケットを購入。30000kip。



ノーンキャウへのダイレクトパスは、1日1本だけ。



バスの出発まで、時間があったので、ターミナル前のゲストハウスで、再度両替。200元→248000kip。国境よりもちょっとだけレートが良い。ただ、ドルからkipへの両替は出来なかった。



昼食は、バスターミナルの脇の店で。ヌードルと(鳥の?)串焼き。串焼きは軟骨が大きくて、ちょっと食べにくかった。



財布が膨らんでいたこともあり、あとは、グァバを買ったり、竹筒に入った甘いもち米を買ったりした。



ムアンゴイのバスターミナル前の通り。



バスの席は助手席を確保でき、眺めが良い。予定通り13時半出発。パクモンまでの道すがら、途中の村々で、少女たちが、民族衣装を着て、お互いにボールのようなものを投げ合っていた。



新年の行事だろうか。




パクモン到着


16時半、パクモン到着。ウドムサイから3時間。だんだん日が落ちてきて夕方。パクモンのターミナルで、屋根付きピックアップトラックに乗り換え、ノーンキャウに向けて出発。20000kip。16時50分発。ここに乗っていたのは欧米人4名を含む7名。


ノーンキャウ到着


17時40分到着。パクモンから50分。橋の付け根で降ろされる。



ノーンキャウは、橋の両側に広がっている村で、ピックアップトラックの到着した側よりは、橋を渡った先のほうがツーリスト向け。



橋の手前の宿も覗いてみたが、イマイチだったので、結局、橋を渡ってみることに。



日はだんだんと落ちてくる。


リントンゲストハウス


宿は、橋を渡ったところにあるリントンゲストハウス。バンガロータイプの宿。部屋には、トイレもシャワーも付いていなかったが、問題なし。30000kip。スタッフも陽気でいい。

早速、バケツにお湯をもらい、シャワーを浴びる。


夕食


欧米人が溜まっているところじゃ、面白く無いと思って、町外れにある現地人用の食堂に。肉が大きな皿に並べられており、そこから食べたいものを選ぶというスタイル。

主人が肉を焼いてくれる。



肉ともち米と野菜とビールのお腹いっぱい。



犬が、おこぼれをもらおうと、足元で待機している。



串焼きも気になったので、追加注文。



串焼きは歯ごたえがあった。全部で25000kip。安い。



HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 主人&学校の先生をやっている奥さんと子供たち。私がフランス人2人とアムドカフェで食事をして、戻ってくるとみんなそろって団らん中であったので、混ぜてもらって写真を一枚。22時くらいまでこの部屋でごろごろしていた。


    • ビンタン。

    • テアナウ・ダウンズの桟橋。

    • 駅を出ると、その周辺には屋台街が出来ていた。「ホヤ」なども売っていて、すこしびっくり。コンビニで水やジュースを買って宿へ。

    • あとは、川のすぐわきを歩く。川の流れは途中からなくなり、石のごろごろした緩やかな登り道を歩く。 川を詰め切ったところから、左手に峠に続く道があるので、そこを登る。あとは、ひたすら、ジグザクの道を登る。また、朝早いため、風は強くなかったが、耳が冷たく、目出帽を出して被る。峠のタルチョが全然見えないため、あとどのくらい登ればいいのか、検討がつかず。



    • 周囲は生臭さが漂っているが、思ったより臭くなく、慣れてくれば大したことはない。でも、こういった環境で働くのは肉体的に厳しいであろう。