HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

雲南省・ラオス・ベトナムエリア:東南アジア(ラオス) 日付:2011/12/31 (4/13)

モーハンへ








今日も、途中で高速を降り、周辺の村々を回って、小学生を次々に下ろしていく。


モーハン到着


8時50分、モーハン到着。



モーハンは、小奇麗な感じの街。街路樹などもきちんと整備されていて、モンラーの街とは、なんだか雰囲気が違う。人も少ない感じがした。


バスターミナルからイミグレまで


バスターミナルから、国境までどのくらいの距離があるのか良くわからなかったので、バスターミナル前で待機していた両替商のお姉さんの電動スクーターでイミグレまで連れていってもらう。10元。


中国側イミグレ


イミグレの入り口には、両替商がたくさんいた。

ここで200元を両替。レートは100元→120000kipで、思っていたほど悪くはない。



イミグレの中は、閑散としている。もっと、小さいな建物でも十分だと思うんだけどね。



あっさり、イミグレを通過し、歩いてラオス側のイミグレを目指す。



中国側イミグレを振り返ってみたところ。無駄に大きい。



この辺が国境のはず。道路の質も、この辺からちょっと落ちる。



ラオス側のイミグレ(工事中)が見えてきた。



あと、1年も経てば、こちらで入国審査をすることになると思うが、、、



今は、まだ、この金ピカの建物の奥にある平屋の建物で、手続きを行う。



こちらでの手続きもあっさりとしたもの。

この建物の向こう側は、タクシー・バスのターミナルになっていて、ブルーシート屋根の売店が一軒あるのみ。他には何も無い。




国境の街?ボーデン


こちらのバスで、ウドムサイに向かうことに。

イミグレ周辺には、飲み物を売っている屋台が1軒あるのみ。他に何もないので、時間を潰すのは大変。バスは10時25分発。

よくよく考えたら、モンラーから、国際バスに乗ってくれば、こんなところで時間を潰す必要はなかったようにも思うが、国境越えを十分楽しめたからいいか。



休憩をは挟みながら、バスは進む。




ウドムサイに到着


11時55分到着。国境のボーデンから1時間半。バスターミナルへは、ウドムサイの中心を通ってきたが、結構、大きな街だった。



ウドムサイのバスターミナル。典型的な東南アジアにあるバスターミナル。



チケット売り場。ここで、ノーンキャウ行きのチケットを購入しようと思ったが、直通のバスはもうないということで、とりあえず、13時半のパクモン行きのチケットを購入。30000kip。



ノーンキャウへのダイレクトパスは、1日1本だけ。



バスの出発まで、時間があったので、ターミナル前のゲストハウスで、再度両替。200元→248000kip。国境よりもちょっとだけレートが良い。ただ、ドルからkipへの両替は出来なかった。



昼食は、バスターミナルの脇の店で。ヌードルと(鳥の?)串焼き。串焼きは軟骨が大きくて、ちょっと食べにくかった。



財布が膨らんでいたこともあり、あとは、グァバを買ったり、竹筒に入った甘いもち米を買ったりした。



ムアンゴイのバスターミナル前の通り。



バスの席は助手席を確保でき、眺めが良い。予定通り13時半出発。パクモンまでの道すがら、途中の村々で、少女たちが、民族衣装を着て、お互いにボールのようなものを投げ合っていた。



新年の行事だろうか。




パクモン到着


16時半、パクモン到着。ウドムサイから3時間。だんだん日が落ちてきて夕方。パクモンのターミナルで、屋根付きピックアップトラックに乗り換え、ノーンキャウに向けて出発。20000kip。16時50分発。ここに乗っていたのは欧米人4名を含む7名。


ノーンキャウ到着


17時40分到着。パクモンから50分。橋の付け根で降ろされる。



ノーンキャウは、橋の両側に広がっている村で、ピックアップトラックの到着した側よりは、橋を渡った先のほうがツーリスト向け。



橋の手前の宿も覗いてみたが、イマイチだったので、結局、橋を渡ってみることに。



日はだんだんと落ちてくる。


リントンゲストハウス


宿は、橋を渡ったところにあるリントンゲストハウス。バンガロータイプの宿。部屋には、トイレもシャワーも付いていなかったが、問題なし。30000kip。スタッフも陽気でいい。

早速、バケツにお湯をもらい、シャワーを浴びる。


夕食


欧米人が溜まっているところじゃ、面白く無いと思って、町外れにある現地人用の食堂に。肉が大きな皿に並べられており、そこから食べたいものを選ぶというスタイル。

主人が肉を焼いてくれる。



肉ともち米と野菜とビールのお腹いっぱい。



犬が、おこぼれをもらおうと、足元で待機している。



串焼きも気になったので、追加注文。



串焼きは歯ごたえがあった。全部で25000kip。安い。



HOME | 概要 景洪 景洪 モンラー ノーンキャウ ムアンゴイ ムアンゴイ ムアンクア ディエンビエンフー ライチャウ ラオカイ ラオカイ→ハノイ ハノイ ハノイ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 谷を下っていると、ときどき、石がころころと崖の上から転がってくる。崖の上をよくよく見てみると、鹿がこちらを覗きこんでいた。 また、狭い谷を通っていると、子牛一頭の死体が転がっていた。今まで、何回もこういうものと対面はしてきたけど、いつになっても慣れない。

    • 香辛料。


    • 麦を潰したお菓子も。

    • ルクラの村はあの森の向こう。すでに見えなくなっている。

    • 港からミルフォード・サウンド・ロッジの方面に歩いていると、周辺の地図があり、この近くのBlue Duck Cafeの奥の方にMilford Lookout Trackがあることが分かり、行ってみることにする。

    • 以前とは設置している場所が違う。サイズも大きくなっているような気がする。以前の設置場所も見てみたが何もない広場になっていた。それにしても何でここが観光名所になっているのかいまだにわからん。なにがいいのか。。。

    • カナムへの上り坂で、汗があふれるように出てくる。

    • 来たときのカシュガルの空は霞んでいたが、今日は青空になっていた。こんなに変わるものなのか。