HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

ウズベキスタンエリア:中央アジア(ウズベキスタン) 日付:2013/04/27 (1/11)

成田からソウルへ


17時、成田発の飛行機で、ソウルへ。G.W.初日というのに空港は空いていた。ここ最近は、いつも空いているような気がする。



予定通り出発。



大韓航空の機内食。悪くない。普通。


ソウル着


20時にソウル・インチョン空港着。空港から宿のあるミョンドンまで普通の鉄道で行く。



ソウル駅で、地下鉄4号線に乗り換え。



奥にトイレとシャワー。狭い。。。まぁ、値段が値段だし、ミョンドンのすぐ近くなのでしょうがないか。一泊4100円。


鶏林荘旅館/ケリムジャンヨグァン


宿についたのは、22時くらい。特に迷うようなことはなかったけど、結局、空港から2時間くらいかかった。宿につくと、そのまま狭い部屋に通された。


明洞散策


23時近くなのに、まだ、人通りが多い。宿から道を挟んだ反対側が、この繁華街。場所はいい。





夜食に、屋台のソーセージ。3000ウォン。



HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 遺跡地区中心にある白い巨大な仏塔。高さ55m。ここも裸足で入らないとならない。灼熱地獄。


    • ゴールし、一気に緊張が解けて、みんなで大はしゃぎ。

    • エレベータで6階に上がり、広いスペースを所有するマラヤレストランに入る。中国人たちが入り口で写真を撮りまくっていて入りにくかった。歌を聴きながら食事をしていると、向かいに座ったお兄さんが話しかけてきた。私が日本人であることが分かると、周りで食事をしている人たちに対して、「あいつどこから来たか分かるか?」「どこ?台湾?」「リーベーレーン!!」って。。。「おいおい、ゆっくり食事させてくれ!」

    • ガンガーの支流アラクナンダ川をさかのぼったところにある聖地。白濁した川の両脇に寺院と商店などがひしめいている。 本堂へ。以後、写真を撮れる場所でなかったので写真はないが、本堂の前で鐘がなるのを大勢のインド人に混じって待ち、鐘の音とともに本堂に流れ込む。もうもみくちゃにされて何がなんだかわからない。炎がめらめらと泳いでいる燈台を聖職者が持ち歩いてきたので日本の寺でもするように煙を頭につけた。

    • バスを降りてから、一度、時計塔まで戻り、そこからさらに南下。

    • 最初、サパと同じようにツーリストインフォメーションで荷物を預かってもらおうかと思い、ホアンキエム湖の右側の公園に行ってみたけど、荷物をあずかってくれるようなツーリストインフォメーションセンターではなかったので、諦める。

    • 近くにいた子供2人に使い方を教えてもらって、なんとか対岸へ。川の真ん中までは自重で簡単に来れるけど、そこから対岸までは結構腕力が必要。こんなところで荷物などを落としたら、それで今回のトレッキングは終わりになってしまうので慎重に。 なんとか渡り終え、トレッキングスタート地点に到着。

    • Eyjafjallajökull氷河のズーム。