HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

ウズベキスタンエリア:中央アジア(ウズベキスタン) 日付:2013/04/28 (2/11)

ソウルタワーへ


午後の搭乗まで時間を有効に使おうと、ひとまず宿近くから見えるソウルタワーへ。宿を9時に出てから、裏の坂を延々登り続け、南山ケーブルカー(ロープウェイ)へ。周辺にはゲストハウスが多かった。次回来る機会があれば、この辺の宿泊でもいいかなと。

ロープウェイの発着場に到着するも、動き出すのは10時からだったので、この周辺でぶらぶらと時間つぶし。何も見る所はないのに。宿を早く出すぎたか。



ロープウェイは800ウォン。10時の搭乗開始時には、かなりの行列。



南山につき、ソウルタワー(900ウォン)にも登ったが、時間があまりなかったので、一回りのみ。これは、ソウルタワーからの眺め。ソウル駅の方。



こちらが東京方面らしい。



ロープウェイの駅とソウルタワーの間には、昔の煙台があり、民族衣装をきた人たちが、演舞などをしていた。


南大門


宿に戻り、チェックアウト時間ギリギリの11時に宿を出る。荷物を担いだまま、歩いて南大門まで。南大門を見た後、すぐ近くのソウル駅へ。

ソウル駅から普通の列車で空港へ。


ソウル空港


催しものかな。


ソウルからタシケントへ


15時半搭乗。ここからも大韓航空。モンゴル人が多かった。目的を聞いてみると、チェスのようなゲームの大会へ参加するためだそうだ。



機内食。



ウズベキスタン・タシケント上空


ウズベキスタン・タシケント到着


19時半、タシケント到着。やる気のない空港職員が現地人、旅行者関係なしに一つ一つ荷物をチェックするものだから、空港から出るのにかなり時間がかかった。それだけでくたびれた。到着ロビーの両替所はすでに閉まっていたが、出発ロビーの両替所は開いていたとのこと。でも、ここで両替する必要はなし。正規の両替はレートが悪すぎる。タクシーではドルが通用するし。

ここであった日本人3人でグルナーラへ。タクシーはたくさんいるが、バスはなさそう。しょうがないので、11ドル/3人でグルナーラまで連れていってもらうことに。粘れはもう少し安くなったかもしれない。


宿近くの食堂


グルナーラの近くの食堂に、宿で出会った4人で夕食を取りに行く。さすがに、この食堂ではドルが使えなかったので、スムをたくさん持っている人に支払いをお願いし、ドルで割り勘した。



4人で、65000スム。ボリュームがあって、美味しかったが、肉ばっか。一人6ドルくらいか。



HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ファウンドーウー・パヤーは、信者や観光客が金箔を貼りすぎたため、原型をとどめず団子状になってしまった仏像が有名。今日も次から次へと金箔が貼られていく。

    • 峠はだだっ広い。

    • 数十頭の象、数百人(千人以上いたか)のパフォーマーが通り過ぎ、このお輿を乗せた象がやってきたのが22:40過ぎ。このお輿には仏歯寺に奉納されている仏歯が乗せられているらしい。 これで祭りが終わりと思いきや、向こうには黄色い電飾の象の集団が続いてくる。

    • 滝は思ったより良かった。想像以上。確かに奇岩だ。日本人団体客のツアーにも組み入れられているらしく、おじいちゃん、おばあちゃんが多かった。

    • 春のような景色。歩いている時は、長袖シャツ1枚で寒くも暑くもなく、登り坂でなければほとんど汗もかかない。

    • 隣の部屋に泊まっている家族の子供たちが遊びにくる。

    • チェムレゴンパに行くのとレーに行くバスは共に7時半ゴンパ前出発。そのため、坊さんたちが寺からぞろぞろ出てきていた。まだ、こんなにいたんだぁという感じ。

    • Hvanngilから10分位歩くと橋のかかった急流ポイント。

    • 後ろを振り返ると、数組が歩いてきている。