HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

ウズベキスタンエリア:中央アジア(ウズベキスタン) 日付:2013/05/02 (6/11)

朝の散歩


今日、ブハラを発ってしまうので、朝のうちに昨日見落としたところを見に行く。



ほとんど人はいない。時折見るのは、観光客くらい。



朝日を浴びるタキ。



アルク城への道。道端でパンを売っている。



ウズベキスタンのパン。


バラハウズ・モスク


アルク城の奥に建てられたハン専用のモスク。変わったデザインのモスク。1712年の建設。



朝の掃除のおばちゃんが、木の実を取ってくれた。



甘くて美味しい。ブルーベリーみたいな形をしている。


チャシュマ・アイユブ


朝早かったので中には入れなかった。「預言者ヨブの泉」という名の建物。12世紀にヨブがここを杖でたたいたら泉が湧き出たそうだ。


イスマイール・サーマーニ廟


チャシュマ・アイユブのさらに先にあるイスラム初期の建築様式の霊廟。892〜943年にかけて作られた中央アジアに現存する最古のイスラム建築。サーマーン朝の王族の霊廟。



イスマイール・サーマーニ廟の内部。入るのに金を取られる。朝早かったけど、掃除のおばちゃんがいたので入れた。



これもタキ。


宿で朝食


中庭でみんなと食事。



宿のおばちゃんと。


ブハラからテルミズへ


宿近くのミニバス乗り場から町外れにあるシャリクバスターミナルに行く。9時20分発で、600スム。


シャリクバスターミナル


10時15分発のミニバスで、今度はカルシへ。15000スム。



なかなか出発しないので、時間つぶし。

ここを出たあと、カルシには12時40分着。シャリクバスターミナルから2時間半くらい。そこから現地人に案内され、テルメズ行きのバスターミナル近くの交差点まで、別のミニバスで移動。500スム。


カルシ到着


カルシの交差点で、ミニバスを降りた後、地元の人に聞きながら、そこから500mくらい離れたテルメズ行きのバスが発着するターミナルまで歩いて行く。みんな「俺を撮れ」とうるさい。



小麦。



青空売店の商品。


カルシのバスターミナル


なんとか無事にバスターミナルに到着。バスを確認するも、バスはないということなので、乗合タクシーで行くことに。50000スムもしくは20ドル。


カルシからテルメズへ


人が集まらないと出発しないので、ここで待ちぼうけ。ここに着いてから1時間ほどたった13時50分、人が集まり無事出発。


昼食


Guzarとかいう場所で遅い昼食。運転手と一緒に食事することに。いろいろ食べて15000スム。



みんな陽気。田舎に行くほど、陽気さが増してくる。



途中のガソリンスタンド。





鉄道を横切ること、数回。鉄道で行くことも考えたが、本数も少なくスケジュールを組むのが大変そうだったので諦めた。






テルメズ到着


20時、テルメズ到着。SURXONホテル裏のゲストハウスに連れていってもらったけど、外国人のためか泊まれず。またタクシーに乗り込んで、通りに面したSURXONに移動し、泊まることに。



お湯がじゃぶじゃぶでるし、快適。一泊35000スム。


テルメズのスーパー


部屋に荷物を置いた後、スーパーがあるという方に歩いて行く。宿から10分くらいか。ちゃんとした近代的なスーパーがあった。アフガンがすぐそこなのに、なんか意外。


GAMBURGER


スーパー前にあるハンバーガー屋で、注文。



テルメズの人はみんな陽気。楽しい。



なんだかよく分からないものを注文。本日の夕食。



HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • サドルに到着。ジャンクションから40分。たくさん車が止まっていてびっくり。なんだぁ、ここまでジプニーでも来れるのか。。。と。 売店も2軒ほどある。ここで少々休憩したあと、2軒の売店の間にある階段を下り、バタッド村へ。

    • クイーンズ・ロード・セントラルの眺め。

    • 道はしっかりしていてわかりやすいが、僕以外のトレッカーは2人組みの西洋人が同じルートを歩いていただけ。

    • 峠の向こうには、エベレストでなくなった人たちの墓がある。

    • 透明度が高く。海の底の地質の違いで海の色が違って見える。

    • 肉市場の方を見ていたら、犬肉発見。いままで、いろんなところの市場を見てきたけど、犬の肉を見たのは初めて。


    • 遺跡の目の前の丘の上から、遺跡と逆方面の展望。

    • 水牛は人が乗ってもビクともしない。体を洗ってもらい、気持ちよさそう。