HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

ウズベキスタンエリア:中央アジア(ウズベキスタン) 日付:2013/04/30 (4/11)

ザファールベックでの朝食


朝8時くらいから、食堂に行って朝食。一人で腹いっぱい食べる。



食事中。



ザファールベックの部屋。快適。


朝の散歩


北門から城壁に上がれるので、その上を西門の方向に歩いていく。




買い物


ウズベキスタンの地図を、「ほんや」で購入。7000スム。



西門からの眺め。



土産物屋。


観覧車


ヒバであった日本人と一緒に、北西方向にある観覧車に乗りに行く。一周3000スム。



観覧車からの眺め。



こんな感じ。結構人気があるよう。



観覧車からの帰り道、チャイハナで昼食。ビールとシャシリク。7000スム。


場外市場


東門の外に市場があるので、その辺も見てまわる。



穀物。



城壁の脇に立ち並ぶ売店。


カラまわりへ

ヒバについた初日、東門でカラまわりの誘いを受け、参加することに。日本人4人で60ドル。朝出発より夕方出発のほうが、カラから夕日を眺められるということで、15時ヒバを出発することにした。


15時にイスラームベックの前に集合し、ホレズム王国の遺跡へ。3つのカラをめぐるツアーがスタート。途中で給油。


キジル・カラ


四角い形のカラ。



タクシーを降りて、崩れかけたカラを登っていく。



カラからの眺め。一部、通路のようなものも残っていたが、かなり崩れかかっている。雨が降ったら、この遺跡自体が、すぐに無くなりそう。



キジル・カラの遠望。


トプラク・カラ


ここのカラだけ有料。出るときに2000スム/人取られる。売店?があるので、水くらいなら買える。



歩き方によると、紀元前1世紀、もしくは紀元後5世紀のシャー・ウシュ朝が築いた物らしい。入り口左側には、キャラバンサライみたいなものがあり、都城跡の真ん中あたりは、細かく区分けされた住居のようになっていた。



この城跡の周りには何も無い。



住民の生活の場の跡か?



車に戻る。


アヤズ・カラ


アヤズ・カラへ行く途中の水路で魚を捕る少年たち。





最後のカラ。



アヤズ・カラを眺められる場所に、テント(ユルタ)ホテルがあった。ここでラクダに乗っている人もいた。



テント(ユルタ)の中。

この近くに車を置き、カラまで歩いて行く。



カラまでさらさらした砂の上を歩いて行く。フンコロガシや見たこともない変な植物が多かった。



アヤズ・カラと私。



アヤズ・カラの端っこで、夕日を眺める。



地平線に沈む夕日。こんなに完璧な夕日は、これまで見たことはない。



夕日を眺めるみんな。



日が落ちてから、来た道を戻る。ヒバに到着したのは、22時過ぎ。もう真っ暗で、食堂もやっていなさそうだったので、そこで解散。



HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 船頭さん、名前はアショカだったような。

    • ミンチェタ要塞からの展望。奥に見える島はロクルム島。

    • ダルバート広場内のヴィシュワナート寺院。

    • 私がヘッドライトを貸してあげると、その明かりのもの家族の名前を書いて見せてくれた。

    • 途中で、20分の昼食休憩。ナシゴレンを頼む。2,000ルピア。

    • それからも2人で荒れた道を歩いて、養殖の池や野菜ハウスなどを見せてもらった。

    • サンルーフが付いている。

    • 上流から川の水を別に引いている。もちろんこれらは畑に使うためだけど、人力で切り開いた用水なんだろうな。気が遠くなる作業だよ。

    • ゴンパの中庭。ここでダライラマが泊まった部屋など4つほどの部屋を見せてもらえた。