HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

ウズベキスタンエリア:中央アジア(ウズベキスタン) 日付:2013/05/03 (7/11)

ホテル


SURXONホテルの外観。結構、立派でしょう。昨日、ホテルの人に紹介してもらったここに出入りしているタクシーで、今日は6時間のテルメズツアー。テルメズの古代都市遺跡をめぐる。50ドル。

その昔、テルメズの町は城壁で囲まれ、ゾロアスター教徒のソグド人や仏教徒が多く住み、複数の仏教寺院が建てられていたそうだ。だけど、13世紀にチンギス・ハンの侵略によって町が破壊されると、町は捨てられて廃墟に。


ズルムラ


最初に訪れたのはズルムラ。昔の煙台かなにかかな。良く解らん。畑の真ん中を結構な距離、歩いて行く。






アル・テルミージャ


アム・ダリヤ沿いにあるモスク?観光客でいっぱい。




ファヤズ・テパ


現在、タシケントの民族歴史博物館に展示されている石灰岩の美しい「三尊仏」が出土したことで有名なところ。



あのドームの中にオリジナルの仏塔がある。ドームの中は真っ暗で、人一人がぐるりと一周できる程度の広さ。


カンプル・テパ


アム・ダリヤ沿いを進むとある「カンプル・テパ」。1.5ヘクタールの大きな敷地にある遺跡で、紀元前3世紀の仏教寺院などが確認されているみたい。ただ、殆ど未発掘のためその多くは不明なまま。私が行った時は、タシケントから来ていた考古学者が発掘作業をしていた。



カンプル・テパからの眺め。川の向こうはアフガン。



発掘作業中の作業員。


キリク・キズ


これも当時の城址かなぁ。



中は、ボロボロ。なんのメンテナンスもされていない。迷路のよう。


スルタン・サオダット


カリモフ大統領によって再建されたみたい。モスク。





タクシーの運ちゃんが、その辺に咲いていた花を、いい匂いがするだとかで根こそぎ刈り取っていた。


アフガン国境


国境の橋近くまで行ってくれるといったのに、警察を極度に警戒し、ほんと遠くから眺めるだけ。車を停めることすらできなかった。


ミュージアム


テルメズ市内の博物館。10000スム。高いが、テパの模型などが、しっかり作ってあって、面白かった。


アイス


ウズベキスタンの売店でよく売られているアイス。600スム。



売店。


テルメズの市場


マーケットで闇両替可能。50ドルが12500スム。レートは2500スム。タシケントやヒバなどに比べるとレートが悪い。



老若男女問わず、みんな笑顔で写真に応じてくれる。





歩き方が裏だって。



テルメズの市場。



市場に屯っているカメラマンたち。そんなに需要はないだろうに。



ジュース屋。


宿から見える夕日




私が泊まっていたフロアのエレベータホール。


夕食


スーパー近くの食堂で夕食。20000スム。



ビールも2本。

この町には、観光客は少ない。



HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ビビハニム・モスクの中で、なかなか素晴らしいプレートを販売しているお兄さんがいたので、2枚購入。2枚で40ドル。

    • 搭乗手続きを開始して、14時半過ぎにほぼ予定通り離陸。

    • アメラグ行きのタクシー。運行前点検中か?

    • 今回のツアーでお世話になったガイド(女性)とドライバー。

    • 裏山をちょっと登ったところにキジ飼育施設あり、そこからビーマカーリ寺院全景を眺められるだろうと思い、山の中腹まで登る。寺院の古くなった部分はどんどん立て替えられている印象を受ける。ちょっと見たところ、古い部分は二棟の後ろにある部分だけだが、そこも改修中であった。

    • 上の写真はシャブルベシから1個目の茶屋.ここまで降ればシャブルベシはもう着いたも当然.この宿でおじいさんと出会い,彼とシャブルベシまで歩くことに.

    • 手塩にかけて育てた水牛。農耕用にも使われるようだが、ここでは、ランブ・ソロ(葬式)の生贄用としても重宝されている。

    • 欧米の観光客が多いせいか、食事は充実。メイン通りにあるレストランで、グリルドポークとご飯とスープとビール。贅沢なひととき。

    • チケットを購入した後、宿近くのシャワー屋へ。5元。「気持ち~」。日本を出てから初めて体を洗った。