HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

ウズベキスタンエリア:中央アジア(ウズベキスタン) 日付:2013/05/07 (11/11)

ソウル着


ソウルには朝の8時40分着。ソウル駅まで鉄道で移動し、ロッテマートで土産物などを購入。



中心街をぷらぷらしたあと、空港に逆戻り。


ソウルから成田へ


17:05の大韓航空で、成田へ。



機内食。19:30成田着。



HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • SURXONホテルの外観。結構、立派でしょう。昨日、ホテルの人に紹介してもらったここに出入りしているタクシーで、今日は6時間のテルメズツアー。テルメズの古代都市遺跡をめぐる。50ドル。 その昔、テルメズの町は城壁で囲まれ、ゾロアスター教徒のソグド人や仏教徒が多く住み、複数の仏教寺院が建てられていたそうだ。だけど、13世紀にチンギス・ハンの侵略によって町が破壊されると、町は捨てられて廃墟に。

    • 石巻の大きな工場は、操業を再開していたが、一般の家などはボロボロのまま残っている。どの家も特に1階部分の被害が酷かった。道路の両脇に、廃車や瓦礫がうずたかくつまれていたのも印象的。

    • カトマンドゥ盆地から離れると晴れ渡った空が広がっていた。 マオイストの影響かチェックポストが何箇所もあり、ネパリはバスを降ろされ荷物チェックが行われた。私はそのままバスに残っていても良かったのだが、座ったままでもつまらないので、ネパリと一緒に歩いては再びバスに乗り込んだ。途中途中の散歩の時間には時折遠くに雪山がかすかに見え、それがまた美しかった。

    • ナルカンダ(NARKANDA)8:00 → ランプール(RAMPUR)10:30 ランプールは結構大きな町。この辺の拠点となっている町なんだろう。バスがここで止まっている間、もの売りが何人も乗り込んできた。スイカ売りにきゅうり売り、アイスクリームに手帳売りなど。何でもありだ。 ランプール(RAMPUR)10:30 → ジェオリ(JEORI)11:50 道はよい。空いているし。うたた寝。

    • 17時40分、本日の宿泊所に到着。カレン族の農家。電気は来ていない。高床式の家で、一階は農具などが保管され、二階にはベランダ?や主人の部屋がある。 意外にも、一階には耕うん機が置かれていた。電気は来ていなくても、こういうものはあるんだと、少々驚いた。

    • カルフールの店内。ここでお土産のチョコレート、デーツ(ナツメヤシ)を買う。

    • ん~~、何ともいえません。夕日の前の人々の影が夕日の美しさをさらに引き立てているような。。。

    • 食後の修行中。

    • 夕食は宿前の食堂で、回鍋肉。