HOME | 概要 成田→ブエノスアイレス ブエノスアイレス エル・カラファテ プエルトナタレス パイネ国立公園 パイネ国立公園 プエルトナタレス エル・カラファテ エル・チャルテン周辺 エル・カラファテ エル・カラファテ ブエノスアイレス→成田 ブエノスアイレス→成田

パタゴニアエリア:南アメリカ(チリ) 日付:2010/12/24 (2/14)

ドーハでトランジット

ドーハでの乗り継ぎはいたって簡単。飛行機から降り立った場所にバスが待機しており、乗り継ぎ客専用のゲートで降り、荷物チェックをした後、案内板で搭乗口を確認し、すぐ上の階にある待合スペースへ。荷物チェックを過ぎたすぐ右手には免税品売場がある。免税品売場では車も売っている。




ドーハ空港でサンパウロ経由ブエノスアイレス行きの搭乗を待っている間に夜が明けてきた。ちょうどこの時間でチュニス行きの便に乗る後輩が搭乗時間になったので別れ、とうとう一人旅に。


ドーハからサンパウロ経由でブエノスアイレスへ


ドーハを飛び立ち、アラビア半島上空で、同じ方角を目指す飛行機が見えた。すれ違う時は、すごい速さですれ違っていくが、進行方向が同じ飛行機同士なので、しばらくランデブー。ややこちらの飛行機の速度が速く、じわじわと距離が離れていった。



ドーハ空港から飛び立ち約14時間半後に経由地のサンパウロ空港に着陸。ここでほとんどの乗客が降りて行った。ブエノスアイレスまで搭乗する我々はしばらく機内で待機。清掃や機内食の補充がされ、キャビンアテンダントも交代。サンパウロからブエノスアイレスへ向かう乗客が乗り込んだ後、翼の上の席で景色が良く見えなかったので、席を移ってもよいかキャビンアテンダントに確認し、後方の席に移動。



カタール航空の機内食。メインは2種類の中から選べる。



日本を発って約36時間。ラプラタ川を越えて、やっとブエノスアイレス上空まで辿り着いた。


ブエノスアイレスからホテルへ

ブエノスアイレス空港からManuel Tienda Leon社のリムジンバスに乗り、ブエノスアイレス市街へ。レティーロ駅近くのバスターミナルからは徒歩で日本で予約してあるホテルオレイへ。


ブエノスアイレス随一の繁華街フロリダ通りを歩くが人もまばら。今日はクリスマスイブで多くの人は自宅で家族とクリスマスを祝うらしい。人通りの少ない夜道を歩くのは少し怖かった。



ホテルがある通りを間違えて通り越してしてしまい、軌道修正するついでに通りの先に見えるオベリスコまで行ってみることにした。オベリスコの前の広場では、100人近くの人が集まり、グループごとにくつろいでいるみたいだ。ちょっとガラの悪そうな若者もおり、声を掛けられるが無視して写真を何枚か撮ってからホテルへ向かった。



HOME | 概要 成田→ブエノスアイレス ブエノスアイレス エル・カラファテ プエルトナタレス パイネ国立公園 パイネ国立公園 プエルトナタレス エル・カラファテ エル・チャルテン周辺 エル・カラファテ エル・カラファテ ブエノスアイレス→成田 ブエノスアイレス→成田

コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • スラマニ寺院内部の壁画。

    • ムアンクアのメイン通り。


    • 2軒のうちの1軒が写真の家。おばあさんの家。 スムダ・ドの村には、8軒の家と一つの小学校があるのみ。人口は50人くらいだそうで、レーに働きに出ている人も多いとのこと。 一休みしたのち、フランス人を迎えに、トレッキング終了地点まで迎えに行く。

    • テクニシャン・バイク乗り。


    • 部屋はかなり質素。土壁。

    • 入り口からシャーヒズィンダ廟群。この遺跡の装飾の多様さ、美しさは、素晴らしかった。レギスタン広場なんかとは比較にならない。

    • 起きてからも、焚き火の周りでだらだら。食事を作ってくれる大名旅行なので楽。