HOME | 概要 成田→ブエノスアイレス ブエノスアイレス エル・カラファテ プエルトナタレス パイネ国立公園 パイネ国立公園 プエルトナタレス エル・カラファテ エル・チャルテン周辺 エル・カラファテ エル・カラファテ ブエノスアイレス→成田 ブエノスアイレス→成田

パタゴニアエリア:南アメリカ(チリ) 日付:2010/12/30 (8/14)

プエルトナタレスからエル・カラファテへ


プエルトナタレスの宿泊先のホストファミリー。言葉はほとんど通じなかったけど(左のおばさんが多少英語を話せる)、とても親切にしてくれました。別れ際、おじさんとはがっちり握手。おばあちゃんとおばさんとはハグしながらほっぺをくっつけ別れの挨拶。お元気で。



チリ側のイミグレーションオフィス。バスから降りて、出国手続き。


カラファテ散策

プエルトナタレスからバスで約6時間でエル・カラファテに戻ってきた。FUJI旅館でチェックイン(といっても、荷物を置くだけ)。小休止後、カラファテの街の山側を散策。


サッカーで遊んでいる子供達がいたので、しばらく見学。休憩中にみんなの写真を撮らせてもらった。



サッカー少年と仲良くなり、お宅訪問。ビスケットやオレンジジュースをご馳走になった。お勧めのレストランを聞いたところ、Mi Viejoとのこと。これは行くしかない。



Mi Viejoで夕食。前菜のパタゴニア・ラビット(40アルゼンチンペソ)。肉は非常に柔らかく、酸味のあるさっぱりとした味わい。



カラファテっ子お勧めのアサード(52アルゼンチンペソ)。ちょいと高めだが、ボリューム満点で肉質も良く、大満足。他にミックス・サラダ(22ペソ)。コーラ(7ペソ)。頼んでないけどもれなくついてくる?パン(3ペソ)。昨晩に引き続き豪華な夕食。



スーパーで明日の朝食、そしてフィッツロイトレッキング(1泊2日)用の食料の買い出し。パン3ペソ、バナナ3本0.96ペソ、チーズ120g4.27ペソ、ハム110g4.68ペソ、クルミ125g16.25ペソ、、水1.5ℓ3.5ペソ、クッキー2.2ペソ、ポテトチップス2.75ペソ、りんご1.14ペソ。泊まったFUJI旅館の宿泊者のほとんどは自炊していたが、日本でも料理を作らない(正しくは作れない)私は、調理しないでいい物が食の中心。



HOME | 概要 成田→ブエノスアイレス ブエノスアイレス エル・カラファテ プエルトナタレス パイネ国立公園 パイネ国立公園 プエルトナタレス エル・カラファテ エル・チャルテン周辺 エル・カラファテ エル・カラファテ ブエノスアイレス→成田 ブエノスアイレス→成田

コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • タイ族の村で、基本的にみな高床式住居となっている。


    • 急な下り坂を降りて、河原に到着。ここからは緩やかな下り坂。

    • 朝食は、シンプルブレックファースト。もう、白人が喜びそうなメニューだな。外の天気は、雲が出たり晴れたりで、移ろいやすい。

    • ネパール風お好み焼きのウォー(60ルピー)に肉(70ルピー)。

    • ダンプスの先にTourist Check Postがあり、ここでTIMSとアンナプルナ入域許可証のチェックを受ける。チェック用の台帳を見せてもらうと、今日ここを通過するのは私で3人目(この時点で9:45)。昨日は数十人。フランス、スペイン、ノルウェー、オランダ、ドイツ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、中国、韓国、インドネシア、マレーシア、そして日本と国籍も様々。

    • 公共水道。メディナ内のあちこちでみかける。

    • ペリスティルの南にある前庭と呼ばれる空間。円形の建物の上部はぽっかり穴が開いている。

    • 体調はだいぶ良くなってきたので、夕食のトゥクパは美味しくいただけた。 食後は、フランス人と明日以降のトレッキングについて話をする。それにしても、彼らの荷物は17kgもあるのだ。。。ムラカミハルキのごついペーパーバックなんて持ってくるなって。。彼らはロバを雇おうかということも話していたが、値段を聞いてみると、1頭+1人/日で350ルピーだそうで、結局、彼らは自分たちで行くことを選択した。 今回、ネパールで買ったダイアモックスを初めて飲んだが、全然効かない。そのため、夜の間に3錠も飲んでしまった。