HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

エベレスト街道エリア:南アジア(ネパール) 日付:2008/12/21 (2/16)

デリーからカトマンズへ

有料待合室の椅子の上で朝5時ごろまで寝る。時折、混雑してうるさく感じることもあったが、それ以外は意外と快適。外に出てみると、霧が発生しており、かなりの便が遅延しているよう。ジェットエアーのカウンターDに行ってみると、やはり少し遅れて、6時45分発が8時発になるとのことだった。


しょうがいないので、ソファーの上で待つ。しかし、霧が晴れず、結局4時間遅れとなる。途中で、乗客に対して、サブウェイのパン、ポテトチップス、 ジュースが配られた。



機内では、前に座っているおじさんがずっと咳をしていて、こちらまで移りそう(体調良くないのに)。


カトマンズ空港到着


山々が遠くに見えてきたところで、ネパールに到着。この飛行機から降りた日本人3人でイミグレに並ぶ。デリーからの便なので、ビザを必要としている人は少ないかと思ったけど、そんなこともなくそこそこの数の人が並ぶ。


タメルへ


タメルまでは、日本人2人の迎えの車に乗せてもらったのでタダ。


ムスタンゲストハウス


結局、悩んで「地球の歩き方」に載っていたムスタンゲストハウスへ。1泊200ルピー(シャワー無し)。



トイレ無しなので、ベットが二つ置いてあるだけ。きわめてシンプルな部屋。

タメルでは、日本から頼んでおいたカトマンズ-ルクラ間の航空券とTIMSカードを引き取りに行く。あとは、ダイアモックスを売っている薬局を探す。こちらは3件目で発見。20錠購入(180ルピー)。



夕食はギリンチェで取る。1人の寂しい夕食だ。頼んだのはトゥクパ。

埃のせいなのか、喉の調子があまり良くない。薬を飲んでもイマイチ。でも、風邪ではなさそうだ。宿の兄さんに明日のタクシー(400ルピー、足元見られてるなぁ…)を頼み、早めに寝る。



HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 宿に溜めてある貴重な水を使っての夕食。バターたっぷりのカレー。ゲキウマ。今回の旅行の大賞はこいつです。

    • 宿に戻って、荷物をまとめ、トリンコマリーに向けて出発。ロータリー近くにあるバスターミナルで待っていると、ハバラナ行きのバスが来たので乗り込む。12時半発。67Rs。 ハバラナには13時半着。丁度、1時間。ハバラナの交差点で待っていると、すぐにトリンコマリー行きのバスが来たので乗り込む。恐ろしく乗り換えがスムーズ。トリンコマリーまでは107Rs。カンテールまで道は良かったけど、その先がボロボロというか、大工事中で時間がかかる。内戦の影響で、開発が進んでいなかったんだろう。

    • 2014年初日の出。

    • もう一つの窓からは、じゃがいもの収穫作業の風景が見えた。一家総出でイモ拾い。牛に鍬のようなものを引かせ、土から出てきたイモを回収していた。

    • 天気もよく最高のクルージング。

    • ワカティプ湖を抜けると平原地帯が広がる。羊や牛の放牧風景を見ることしばしば、数は少ないが馬や鹿が放牧されていることも。

    • 日本と一緒で、寺院の周りには土産物屋が並ぶ。ウイグル帽子、洋服、コイン、紙幣、ひょうたんの彫り物などがあった。

    • 空港には現地時間13:15着。空港脇にあったバスターミナルが3ヶ月前に移転になったとかで3000チャット払って行く。ちょっと高かったかなぁ。今度行くなら空港を出て流しのタクシーを捕まえるかな。そのほうが安そう。

    • 宿に帰ると、欧米のトレッカーグループで大混雑。部屋の片隅に座り夕食。代わり映えのしないエッグチョウメンとレモンティー。そうしていると若い日本人夫妻がナムチェから到着(遅すぎるよー)。彼らと19時過ぎまでおしゃべりして寝る。喉の調子が悪かったので、彼らのトローチを一箱もらってしまった。ありがとうございます。助かりました。