HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

エベレスト街道エリア:南アジア(ネパール) 日付:2008/12/23 (4/16)

カトマンドゥからルクラへ

昨日と同じように朝5時半出発。宿の日本人3人と頼んでおいたタクシーに乗り込み空港へ。空港に着くと、これまた昨日と同じようにチェックインの手続き。しかし、第2便ということで、6時半にまた来いと。。。搭乗の順番は、その日の予約をしている人たちが、まず優先され、前日からのキャンセル組がそのあとにまわされるようだ。

第1便が無事にとび立ち、第2便の乗客の呼び出しが始まる。バスに乗り込み、飛行機のすぐ脇まで移動する。


使用したのはアグニという航空会社。



CAも一応いる。



3日間連続でフライトキャンセルになっていたためか、第2便が2機もあった。



操縦席。第2便は10時15分に飛び立つ。座席は一番風景が見やすい左の一番前を確保できた。第2便の2機目もほぼ同時に飛び立つ。





カトマンズ空港がどんどん小さくなっていく。



ボダナートも遠くに見える。それにしても目立つなぁ。



30分ほどのマウンテンフライト。



どんどん山の方に近づいていく。



機影。



正面にルクラ空港が見えてきた。



全員で20人位しか乗れない小さな飛行機。



ルクラ空港に到着。



荷物を受け取り、歩き始める準備を行う。



とりあえず、空港から出て、空港をぐるっと回ってルクラの村まで移動する。



空港の脇を通り、ルクラのメイン通りに向かう。空港の脇を通っていると、乗ってきた飛行機がカトマンズに引き返していった。


ルクラの村


ルクラのメイン通りに入るところに、ハッピーニューイヤーの垂れ幕があった。



通りの両側に宿が並ぶ。ただ、それだけの小さな村。



ルクラの村を出る手前に、トレッカーのチェックポイント。TIMSカードをチェックされる。



このゲートでルクラの村は終わり。


トレッキング開始


あとは谷の中に吸い込まれるように歩いていく(後ろを振り返ったところ)。



ルクラの村はあの森の向こう。すでに見えなくなっている。



まだ、エベレストなどは全く見ることができない。標高は低いため、緑が濃い。よく踏み固められた道なので、歩くのは全く問題ない。今日の目的地のパクディンまでは谷の右側を通る。





マニ塚があちこちにある。ある人に聞いたところでは、マニ石の数はどんどん増えているとのこと。有名な街道なので儲かるのだろう。



この街道を行くのは、トレッカーだけではなく、荷物を運ぶポーター、ロバ、ゾッキョなど。





この谷を詰めていく。



ところどころにワイヤー橋がかけられている。人同士ではすれ違うことができるけど、ゾッキョとかが歩いていると、一方通行になるそうだ。


ガット(Ghat)村


Ghatという村で昼食を取っていた第1便の日本人たちに会う。私も同じように昼食をここで取ることにした。エッグチョーメン(230ルピー)とポテトスープ(100ルピー)。



食堂のおばさん。



再び歩き始める。


パクディンに到着


と、すぐにパクディンに到着。村の入り口に、マオイストが活動していたときの門らしきものがあった。



同じく第2便に乗ってきた彼とはパクディンの村の端っこでお別れ。まだ、時間が早いので、もっと先までに行くとのこと。



私はパクディンの村の端にある宿に泊まる(200ルピー)。



部屋は綺麗だが、新しいせいかペンキのようなにおいが少し鼻に付いた。


パクディンのゴンパへ


まだ、日は高かったので、部屋で少し休んだ後、町の裏にあるゴンパへ。カトマンズで買った地図には、築500年のゴンパと書いてある。パクディンの村の外れから丘を登っていく。



一段上がると、小さな村がある。ここからまた山道を登る。そうしていると、私の前にはルクラからパイプなどを運んでいたポーターがいた。彼もゴンパまで行くそうだ。



ゴンパに到着。それにしても、カラスが多く、不気味な感じがするゴンパであった。



ここでは、お茶ではなく暖かいぶどうジュースのようなものをもらった。お菓子もくれようとしたが、それはポーター君にあげた。



坊さん。料理中の小坊主も愛想がよかった。ただ、寺の鍵がないということで、中に入れなかったのは残念だが。





寺の裏側。



上からパクディンの村を見下ろしたところ。パクディンの村を少し眺めた後、宿に戻る。そうすると、団体トレッカーがどんどん来る。韓国人、日本人、白人の各団体が滞在。にぎやか。彼らと同じところで食べるのが嫌だったので、宿の食堂にもぐりこんでこちらで夕食。こちらの方がガイドたちの休憩場所なっていて面白い。夕食はエッグチョーメンとオニオンスープ。最後にレモンティー。

夜に多少の頭痛が出た。あまり標高は高くないのに困ったものだ。薬を一応飲んで寝る。





HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • 余裕を持って宿を出たので、空港での待ち時間が随分あった。スバルのレガシーが展示してあったけれど、タイヤがドロドロ。せめて綺麗にしてから展示したほうが良いんじゃ。。。?

    • 18:00北京到着。雨。空港直結ではなかったため、雨の中、バスで空港へ。荷物がなかなか出てこず、乗り継ぎ便の出発時刻に間に合うか不安になった。荷物を待っている間に、時間節約のため両替。3万円が2,146元。レートは13.98円/元。荷物を受け取ったのち、再度預け直して国内線乗り継ぎへ。 国内線に乗り換えるのに、再度、X線チェックとボディチェック。トレッキングシューズを履いていたため、これも脱がされる。何言っているのか分からんし。面倒くさすぎる。

    • マジュヌカティラーの入り口。チベット系の顔立ちをした人が多い。

    • 餞丰賓館(漢字がこれでいいのか不安)。天安門の南側にある地下鉄前門駅から10分ほどあるいたところにある宿で一泊150元。きれいで快適。お湯もちゃんと出る。宿の周りは四合院など、伝統的な住居が残っていて、いい雰囲気。白人もこの周辺に泊まっている人が多い感じ。場所が若干分かりにくいが、おすすめな宿。

    • 犬は無警戒で寝そべっている。

    • 夜行性だということで、ほとんど寝ているが、時折、ギョロ目でこちらを見てくる。フラッシュでの撮影は不可。

    • 青色の建物は小さめ。中は、電飾付きのインド風ブッダがいた。

    • 飲み物にTIBET BEERがでてきた。食事は麺とオムレツが選択可能だったので、麺を選択。でも、なんだか、薬品くさい麺で残してしまった。ここ最近、機内食がまずいと思ったことって記憶がないのだが、、、東方航空のほうが上だな。