HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

エベレスト街道エリア:南アジア(ネパール) 日付:2008/12/28 (9/16)

ディンボチェの朝


朝食は昨日と同じチベタンブレッド。



宿のみんなにお別れして、出発。8時半。


ディンボチェからロブチェへ


宿から見える小さなチョルテンを目指して、丘を登っていく。



丘をある程度登ったところから見たディンボチェの村。まだ太陽が顔を出しておらず、肌寒い。



ディンボチェの村がある谷間から、ペリチェの村のある谷間にはいると大きく視界が広がる。



谷間を覗き込むと、ペリチェの村が見える。ペリチェの村は、風の通り道となっており、ディンボチェよりも寒いらしい。



その谷間の脇にある波打つ台地の上を歩く。ディンボチェの宿泊したトレッカーの出発時間がだいたい同じだったのか、結構な数の人が歩いていた。



後ろを振り返ると、数組が歩いてきている。



谷間はトゥクラに近づくと、大きく右に曲がる。



トゥクラにある宿が見えてきた。トゥクラに宿は1軒しかない。



宿の奥には、AwiPeakが見える。



トゥクラ到着直前に川を渡るが、結構凍っている。




トゥクラ~峠へ


10時半、トゥクラに到着。ディンボチェから2時間。トゥクラで15分くらいレモンティーを飲みながら休憩。そして、トゥクラから続く急坂を登り始める。写真で見ると大した坂ではないように見えるが、結構大変だった。



峠に到着。下にトゥクラの宿が見える。



峠の向こうには、エベレストでなくなった人たちの墓がある。



シェルパだけではなく、クライマーの墓もあった。



ここからは、川の脇を単調に歩くだけ。ただ、標高が高いのでヘトヘト。息が切れる。遠くにプモリが見える。エベレストはまだ見えない。


ロブチェ到着


12時半、ロブチェに到着。



宿で一休みしたあとは、宿の裏の山を少し登ってみる。エベレストの方は雲がかかっていそう。雲も次第に上がってきて、風も強くなってきたので、14時くらいには宿に下りる。

ロブチェイースト(6119m)に登りに来ていた日本人登山隊2人組みとおしゃべりしながら、あとは宿で過ごす。夕食はベジフライドヌードルとオニオンスープ。ヌードルは少し油っぽかった。また、同じ宿に泊まっていたイギリス人のおじさんは何故かヌードルスープとフライドヌードルを注文。フライドヌードルはほとんど残していた。。彼は3回目のネパール。1回目はポカラでパワーグライダーをやり、2回目はアンナプルナサーキット。よく話すイギリス人であった。日本人登山隊に血中酸素を計る機械を貸してもらって、計ると66という数字。低くてショック。19時には就寝。



HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 上海人の彼女は朝になっても体調が振るわず。結局、彼女の判断は「氷河は諦めて、戻るわ」ということ。

    • 写真中央の奥にある赤茶色の比較的新しい宿がフェアリーランドG.H.。G.H.が続々と建設中。来年にはG.H.の選択肢は広がるのだろう。リコンピオに着いたのが遅くてパーミッションは当日中には取れず。パーミッションはフェアリーランドG.H.で取れた。費用は100ルピーで写真3枚、ビザ・パスポートのコピー各1枚、申請用紙が必要。

    • めん屋台の隣では、ココナッツ餅が売られていたので、1つ買って食べてみた。甘くておいしい。1000kip。

    • 部屋の中は、こんな感じ。綺麗。シャワー、トイレ付き。

    • 途中から、標高6400mの雪を被ったカンヤツェが見えてくる。カンヤツェの美しさに吸い込まれるように歩き続ける。


    • 7:57、最下部の橋を渡る。

    • 峠には転げるようにたどり着いた。

    • 島内には何カ所か遥拝所が点在している。遥拝所の中は、いたって質素。