HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

クロアチアエリア:ヨーロッパ(クロアチア) 日付:2011/08/06 (1/16)

イスタンブール空港からイスタンブール市街へ

空港から市街へは、メトロに乗りzeytinburnu駅で下車しトラム(路面電車)に乗り換え。メトロとトラム運賃はそれぞれ1.75トルコリラ。空港の駅で1.75トルコリラのトークンを2枚購入しておくと、zeytinburnu駅での乗り換え時に改めてトラム用のトークンを買う手間が省ける。メトロの駅からトラムの駅へは1分程度。メトロ駅プラットフォームに設置された乗り換え専用の自動改札にトークンを投入。イスタンブール市街へ行くにはKabatas(カバタシュ)方面行きのホームでトラムに乗る。


zeytinburnu駅のメトロ乗り換え改札を入ってすぐの場所から見るトラムのプラットホーム。線路を渡って向こう側(右側)の人が大勢いる所がKabatas(カバタシュ)方面行きのホーム。ここからSultanahmet駅まで30分程度。


イスタンブール市街散策

以前にもイスタンブールは1泊で観光したことがあるので、今回が2回目の訪問。19:30頃にSultanahmet駅に到着。日没は20:00過ぎなのでまだ明るい。駅前の公園はすごい人だかり。


スルタンアフメット・ジャミィ(ブルーモスク)。



スルタンアフメット駅前近くのレストラン、Selim Ustaで夕食をとろうと向かうが、すごい行列。中で食べるのはあきらめ、この行列に10分ほど並んでテイクアウトのキョフテサンドとヨーグルトドリンク(塩味)を購入。



今年はこの時期がラマザン(ラマダン)。日没後(実際には日没前から)は、家族や友人のグループが公園の一角で食事や団らん。屋台もあちこちに出ており、活気がある。



公園内のステージではコンサート。



スルタンアフメット・ジャミィ(ブルーモスク)夜景。ここの敷地内にも多くの人がレジャーシートを広げ、団らんしている。



HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • 先生の家からの帰り道、町のカテドラルに寄ってみると、キリスト教伝来100周年だとかで、教会の中はお祭りのよう。

    • ジャマ・エル・フナ広場の屋台でカタツムリを賞味。地元の人にも人気があるみたい。

    • 香辛料と調味料。

    • 上の写真のズーム。

    • 旨そうだったのになぁ~。 17時間のバス旅行。途中標高4000m半ばの峠を越えるたびに息苦しく、寝ていても目を覚ましてしまう。また、道路の状況もそれほど良いわけではないので、何度体が浮き上がったことか。

    • この踏み跡の先(真ん中やや左寄り)の小さな谷間を向こう側に抜けることになる。

    • 街中から近く結構にぎわっているガート。 僕が行ったときは霧がかかっているような空だったが、日差しは強く気持ちよかった。ガートでは数十人の子供たちが水に入ったりして遊んでいる。

    • 2時間くらいたったところで、トイレ休憩。綺麗な砂浜で降ろされる。男性はその辺で用を足す。