HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

クロアチアエリア:ヨーロッパ(クロアチア) 日付:2011/08/15 (10/16)

オレビッチ散策


オレビッチの海水浴場。



海辺のレストランで昼食。
ステーキ60クーナ、サラダ15クーナ。ビターレモン(ジュース)10クーナ。


オレビッチからコルチュラへ

オレビッチ-コルチュラ間は車も乗せられるカーフェリーと乗客専用フェリーの2種類があり、発着する港(桟橋)が違う。オレビッチから間違えてカーフェリーに乗ると、コルチュラの旧市街から結構離れた港に到着してしまう。


オレビッチ-コルチュラ間の乗客専用フェリー。



オレビッチの港付近の地図。赤丸がコルチュラの旧市街行きの乗客専用フェリーの桟橋。緑丸がカーフェリーの桟橋。



コルチュラの町の地図。赤丸が乗客専用フェリーが発着する港。緑丸がカーフェリーが発着する港。


コルチュラ散策


コルチュラ旧市街。対岸の右上の町がオレビッチ。



マルコ・ポーロの塔。マルコ・ポーロの生家との言い伝えがあるが果たして・・・



コルチュラ旧市街先端から見るイリヤ山。








コルチュラからストンへ

コルチュラからストンへは、昨日乗ったヴェラ・ルカ発、ドブロヴニク行きのバスと同じダイヤのバスに乗る。だからか、昨日と同じ運転手だった。15:45にコルチュラのバスターミナルを出発し、昨日と同じようにカーフェリーでオレビッチへバスごと渡る。ストンには17:30頃到着。


ストン観光名物の城壁。隣町のマリストンまで山肌を縫うように続いている。


ストン城壁

城壁入口の案内板によるとストンからマリストンまでは標準45分。ストンには入口が2ヶ所あり、ストン内であれば15分で歩ける。只今、18:00。入口のチケットブースでクローズの時間を聞くと19:00。19:00までに城壁の外に出なくてはならないらしい。歩く速さには自信があるのでマリストンまで歩くことにする。




城壁には結構急な階段があるが、そこを登ればストンの町を一望できる。



城壁から見るストンの町。町の奥には、これまたストン名物の塩田が広がる。
そういや、2005年に開催された愛・地球博(愛知万博)のクロアチア館で塩田をテーマにした展示があり、塩をお土産にもらった記憶がある。


城壁は最近、大規模な修復工事が行われたらしく、あまり古い感じがしない。現在も所々で修復現場があった。


城壁から見るマリストンの町。


マリストンの町まで城壁伝いに歩いた後、ストンまでは、車道の脇にある遊歩道で帰る。途中にあった森林でガサゴソと音がするので、何事か見てみたらカメがいた。帰国後調べてみたら、ヘルマンリクガメというカメだった。




HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • 昨日は、天気が悪くてよく見えなかった山々は今日は良く見える。


    • 体験コーナー?なんかもある。

    • 黄色い象を引き連れた一団は10頭程度で、通過にかかった時間も20分強。お輿を乗せた象までで1セットのようで、この後には青い電飾の象がやってくる。


    • 創設は6世紀のビザンツ時代に遡るよう。落書きも多いが、壁画は色鮮やかに残っている。

    • シュエサンドー・パヤーから下り、そこで売っていたココナツジュースを飲む(800チャット)。ここで子供に絡まれ、子供の持っていた50円玉を1円10チャットのレートで替えてあげたところ、次から次に別の子供が私のも替えろと言い寄ってくる。仕方なく数人替えてあげたが、もうこれ以上替えたくなかったので断ると、悪態をついてくる。こちらも頑なに絶対替えるつもりはない素振りを見せ続けると、しまいには近くに止めてあった自転車のタイヤをパンクさせようとしてきたので、思わず怒鳴ってしまった。本当にパンクさせられたらたまったものじゃないので、子供に対する怒りの気持ちと、子供相手に怒鳴ってしまった自己嫌悪の気持ちを抱えたまま、シュエサンドー・パヤーを後にした。

    • エセイサ空港行き6時発のバスに乗ろうと思ったが間に合わず、次の6時半発のバスに乗ることに。待ち時間を利用し、バスターミナルの周辺を散策。バスが止まっている場所が空港行きバスのターミナル。その向こうには英国塔。