HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

クロアチアエリア:ヨーロッパ(クロアチア) 日付:2011/08/07 (2/16)

イスタンブール散策

夜明けとともにホテル周辺(スルタンアフメット・ジャミィの南側)を散策。ホテルに戻り朝食後、スルタンアフメット・ジャミィを観光し、空港へ向かう。


ホテルのテラスからの展望。



この辺は昔ながらの木造の家がまだ残っている。





スルタンアフメット・ジャミィ外観



スルタンアフメット・ジャミィ内部


ザグレブからプリトヴィッツェへ

イスタンブールからザグレブ空港到着後、空港内で両替をし、空港バスでザグレブの長距離バスターミナルへ(30クーナ、所要時間約20分)。
ザグレブ中心街にはあまり興味がなかったので、そのままプリトヴィッツェ国立公園行きのバスチケットを買う。


長距離バスターミナルのチケット売り場。



バスターミナルの反対側にはトラムが走っており、ザグレブ中心街まで行ける。



バスターミナルの建物にはスーパーがあり、水・食料はここで調達できる。KONZUMはチェーン店で、この先何度もお世話になった。


プリトヴィッツェ国立公園のEntrance2でバスを降り、道路を挟んで湖群と反対側にある山(Oštri Medvjeđak)に登ったが、登山口を見つけるのに苦労し、頂上からの展望もイマイチで大したことなかった。


Oštri Medvjeđak頂上(889m)からの展望。Entrance2からは速足で1時間弱。標高差は約300m。


Oštri MedvjeđakからEntrance1まで尾根を縦走するが、見所はない。途中、Tupi Medvjeđak(
868m)、Turcic (801 m)という2つのピークがあったが、プリトヴィッツェの湖群がチラリと見えるだけで大した展望ではない。ただ、Turcicは西面の展望が開けていたおかげで、ここで見た夕日は綺麗だった。


Turcic頂上から見る日の入り。





HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • キャンディ行きの列車。念のため、乗る前に駅員にキャンディ行きか確かめる。

    • 石巻市を出ようとした辺りに、巨大な缶詰の看板が片付けられもせず、道の脇に転がっていた。特に害のないものは、後回しにされるのだろう。

    • 門前町には仏具を作る店なども軒を連ねる。

    • そこら辺を散策しているうちに、いつの間にかに、昨晩はいなくなっていたラクダが戻ってきていた。

    • ヤンゴンでは日本のバスをあちこちで見かける。

    • 宿から海を見たところ。海から帰ったときは、入り口に備え付けのシャワーで砂を洗い落とさないと、おじちゃんの仕事が増えてしまうので注意。


    • あとは、川のすぐわきを歩く。川の流れは途中からなくなり、石のごろごろした緩やかな登り道を歩く。 川を詰め切ったところから、左手に峠に続く道があるので、そこを登る。あとは、ひたすら、ジグザクの道を登る。また、朝早いため、風は強くなかったが、耳が冷たく、目出帽を出して被る。峠のタルチョが全然見えないため、あとどのくらい登ればいいのか、検討がつかず。

    • 6時半に起きて、7時過ぎに宿をチェックアウト。セブ・シティにいても特にやることはないので、ダイビングショップの近くに宿をとることに。 荷物を抱え、タクシーで、ドリーマーズ・ウォーターワールドまで移動。310ペソ。 午前中、プールで練習したのち、すぐに海へ。昼食は、近くの食堂で、スプライトとご飯、炒め物2品。90ペソ。昼食後、もう1回ダイブ。 1回目のダイブ:41分、最深8.2m ・マスクリア ・レギュレーターリカバリークリア ・フィンキック ・中性浮力 2回目のダイブ:46分、最深16m ・足つり直し ・オクトパスブリージング ・潜降、浮上 ・マスクリア(フル) 気温30度、水温28度、視界15mという環境で、3mmフルスーツ、12Lアルミタンク。ウェイトは6kgという装備。 16時くらいからは座学。