HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

クロアチアエリア:ヨーロッパ(クロアチア) 日付:2011/08/09 (4/16)

パクレニッツァ国立公園

入口の建物で入場料(3日有効 40クーナ)を払う。2万5千分の1の山地図も売っていたので買う(50クーナ)。これがあるとなしでは安心感が違う。色々なコースをトレッキングする人には必須であろう。


国立公園入口の標識。この先に入場料を払う小屋がある。しかし、トレッキングコースまではここからさらに車道を30分弱歩く。


駐車場がある所で車道が終わり、いよいよトレッキングコースに。
しばらく両側を高い岩壁に挟まれた谷合いを登る。
途中に休憩も入れ、30分程で右Anica Kuk、直進Manita Pec、Pl.Dom(山小屋)の分岐点に。山地図にAnica Kukへのトレッキングルートが書いてあったので、登ってみることにする。背負っていた30リットルのザックをデポして(置いて)、水や行動食を入れたミニザックを持ってAnica Kukを目指す。



Anica Kukの頂上までのルートは、前半は急な登山道。Anica Kukの岩峰を樹林帯の中、左側から巻きながら登るかたち。標高差300mちょっと登ると、右Anica Kuk、左Jurlineの分岐に出て、ほぼ平坦な快適な道になりAnica Kukを裏側からまわる。10分弱歩くといよいよ核心の岩場の急登になる。この岩場、登攀要素が高い箇所もあり、時には両手を使いながらよじ登っていく。日本だと鎖場になるであろう急登でも鎖はない。


頂上直下の岩場に道はなく。赤白ペンキの道しるべをたよりにコースをとることになる。短い間隔で道しるべの赤白ペンキはあるので、前を向いて先の進路を確認しながら登る。



この写真の道しるべは下から登って来て、ここで直角に左へ曲がることを表す。矢印ではないので右上に行ってはいけない。


ザックをデポしてきた分岐点(標高約250m)から約1時間でAnica Kuk(713m)登頂。身軽だったので結構速いペースで登れた。
頂上からは360°の大展望。




Anica Kuk頂上からの展望。白い岩肌の山の向こうにダルマチアの青い海が見える。



上の写真のアップ。青い海の向こうに平坦な白い陸地。独特な地形だ。



Anica Kuk頂上。海の反対側はパクレニッツァの谷(Velika Paklenica)と山々が連なる。
今宵の宿となる山小屋はこの谷の奥にある。


Anica Kukの頂上には1時間ちょっと滞在。その間、誰も登ってこず。下り始めてすぐ、樹林帯の登りで追い抜いた夫婦のうちの男性とすれ違う。女性の方はさらに下の場所で、登るのあきらめた感じで座って休憩していた。


危険度でいうと、登りより下りの方が高い。慌てず急がず、慎重に下っていく。


Anica Kuk頂上からザックをデポしている分岐点までも登り同様1時間程度。ここで重たいザックをまた背負い、山小屋を目指す。山小屋までは整備された道を徐々に高度を上げていく。洞窟のあるManita Pecへの分岐を過ぎ、途中、水場もある。1時間ちょっとで山小屋到着(標高約500m)。この時点で14:00。


この山小屋では水道(おそらく沢の水)、トイレがあり、食事もできる。宿泊(1泊65クーナ)もできるが布団はない。


山小屋で宿泊の手続きをし(といっても山小屋の主人に泊まることを口頭で告げ、部屋を指定されるだけ)、部屋にザックを置いて、Manita Pec~Zoljin Kuk~Vidakov Kukのトレッキングへ。標準時間5時間。只今14:30。日の入り時刻20:10。時間的には結構ギリギリ。水、行動食の他にヘッドランプも持って山小屋を出発。Manita Pecの登り口までは来た道を戻る。そこからは大きくジグザクに登り、Manita Pec手前の展望地に到着。


Manita Pec近くの展望地から見るAnica Kuk。


Manita Pecの洞窟は10:00~13:00まで見学できるらしいが、16:00前の今は当然開いてなかった。


Manita Pec先の展望地からの風景。


Zoljin kukからVidakov Kukを縦走。ちょっとした岩場もあるがAnica Kukの岩場と比べると大したことはない。




Zoljin kuk(843m)頂上から北東側の眺め。



Zoljin kuk頂上から南東側の眺め。



Zoljin kuk頂上から北西側(Vidakov Kuk方面)の眺め。



Zoljin kuk頂上から西側の眺め。


Zoljin kukからVidakov kukまでは普通の登山道。途中、1カ所だけ急な下りがあった。Vidakov Kuk直下は登山道から左にある支道を登る。手を使って登る狭い岩場もある。


Vidakov kuk(836m)頂上から南東側(Zoljin kuk方面)の眺め。



Vidakov kuk頂上から北東側の眺め。



Vidakov kuk頂上から南側の眺め。



Vidakov kuk直下の岩峰。


18:00過ぎ、Vidakov kukからは急ぎ足で山小屋まで続くルートを歩く。日没時刻(20:10頃)前だが、太陽は山に隠れ、樹林帯の道はかなり暗くなってきた。ちょうど20:00に山小屋到着。


山小屋へ向かう途中の展望地より。山並みに沿って雲がまとわりついている。



HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 海岸の岩肌にくっついていた生き物。トビハゼの一種か。

    • 翌朝、7時ごろ起き出して、シャワーを浴び、主人に挨拶をして、宿を出る。8時。

    • 近道の方を選択すると、すぐに小さな沢があり、沢を渡ると急な坂道があるが、距離は短いので大したことはない。坂道を登りきるとほぼ平坦な道。しばらく歩くと湖があり、湖を右、アルミランテ・ニエト山(写真)を左に見ながら草原の道を歩く。アルミランテ・ニエトは時折、雪崩がおき、その度にゴォーという音が鳴り、岩肌に雪の滝が流れて落ちていく光景を目にすることができる。

    • チリンから少し先にいった渡し場でタクシーを降りる。ワンギャルとタクシー。

    • ひょっこり窓から顔を出している犬の姿がユーモラス。近付いて行ったら吠えられたけど(笑)。

    • 待合室についたのは、6時半ごろ。チケットには7時55分と書いてあるのに、7時には機内に案内され、7時10分には飛行機が動き出す。 。。。こういうことってあるの???以後、空港には出来るだけ早く行くようになった。

    • 遠くになだらかなMýrdalsjökullという氷河地帯が見える。

    • バスの乗客にルンタを売りつけるお姉ちゃん。人構わず、強引に押し売りしていた。