HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

クロアチアエリア:ヨーロッパ(クロアチア) 日付:2011/08/11 (6/16)

トロギール散策

日の出直後からトロギールの街を散策。昨夜は人が多かったが、朝は人が少なく落ち着いて散策できる。


聖ロヴロ大聖堂。只今、6:40。中に入れるのは8:00から(有料 25クーナ)。しばらく街歩きをする。



トロギールの路地歩き。このような小さなトンネル状の通路もある。



こんな細い路地もあちこちにある。


1時間程度歩き、ちょっと疲れたのでベンチで休憩・・・している間に8:00になったので聖ロブロ大聖堂へ向かう。


聖ロヴロ大聖堂内の宗教画。



聖ロブロ大聖堂鐘楼の階段。結構急で高度感あり。高所恐怖症の人は厳しいかも。



聖ロブロ大聖堂鐘楼からの南側展望。



聖ロヴロ大聖堂鐘楼からの東側展望。



聖ロヴロ大聖堂鐘楼からの北側展望。



聖ロブロ大聖堂鐘楼からの西側展望。個人的には西側の展望が一番好き。今回は早朝に訪れたので順光で見れた。もし夕方近くだと逆光になっていたので結果オーライ。


トロギールからスプリットへ

トロギールのバスターミナルに行き、窓口でスプリット行きのバスのことを尋ねると、ちょうど今から出発するとのこと。今回乗ったのはトロギール-スプリット間を走る近距離路線バス。2連結の車体で結構新しい。料金は乗車時に運転手に行き先を告げ、その場で払う。スプリットまで20クーナ。途中何カ所もバス停で乗り降りのために止まる。2連結の車両は区間によってはほぼ満員に。



スプリット散策

近距離バスはスプリットの旧市街の北側にあるバスターミナルに到着(長距離バスは旧市街の南のスプリット駅や港の近くにあるバスターミナルに到着するらしい)。バスターミナルから南下すると10分程で写真の像(グルグール・ニンスキの像)がある広場に到着。ここが旧市街(ディオクレティアヌス宮殿)の北側入口。




大聖堂鐘楼。ここから見るスプリットの景色も素晴らしい。



西側展望。緑の小山はマルヤンの丘。



北側展望。



南側展望。



大聖堂前のペリスティルと呼ばれる広場。多くの観光客でごった返している。



ペリスティルの南にある前庭と呼ばれる空間。円形の建物の上部はぽっかり穴が開いている。



ディオクレティアヌス宮殿東側の門(銀の門)。



マルヤンの丘の展望台から旧市街方面。真ん中の一番高い塔が大聖堂。



狭い路地で遊んでいた子供達。



いたずら坊主。すべって転んで仰向けに倒れる。



この先は急な下り坂になっていて危ない。この女の子は、この後、急坂を下っていったが、父親らしき人にひどく怒られていた。



ディオクレティアヌス宮殿の地下。35クーナしたが、料金の割に大したことはない(大聖堂は10クーナ)。



夜の大聖堂前の広場(ペリスティル)。ファイヤーショーのクライマックス。口から火を噴いた直後。



HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 写真中央の奥にある赤茶色の比較的新しい宿がフェアリーランドG.H.。G.H.が続々と建設中。来年にはG.H.の選択肢は広がるのだろう。リコンピオに着いたのが遅くてパーミッションは当日中には取れず。パーミッションはフェアリーランドG.H.で取れた。費用は100ルピーで写真3枚、ビザ・パスポートのコピー各1枚、申請用紙が必要。

    • というわけで、タキシムのカルフールへ。惣菜とワイン・ビールを買い込む。

    • フェリーの上からは様々なものを見ることが出来る。時にはケツを川面に出して川を下るホトケ様まで。

    • 君も。

    • これは、おそらく水力発電。ここからケーブルを引っ張って、村で使っているのだろう。

    • 包子と豆乳の暖かいスープみたいなものを注文。

    • 部屋の中は、こんな感じ。綺麗。シャワー、トイレ付き。

    • やることもないので広場片隅に腰掛けてボーと通りを行きかう人を眺めていたら、この帽子をかぶったおじさんが話しかけてきた。ネパールのさまざまなことを教えてくれた。以前はここで商売をしていたが今はここでできなくなってしまったとか。おしゃべりの中で面白かったこと。NEPALとは N - NEVER E - END P - PEACE A - AND L - LOVE だと。ん~~なかなか!その一方でJAPANとは J - JUMPING A - AND P - PUMPING A - AT N - NIGHT だとか。いい意味で取れば、頑張っているということだけれど、否定的な意味で取れば、仕事漬けな人生を送っているということ。どちらにしてもみんな日本に対して興味を持ってくれているので、どこでどんな人と話をしていても楽しかった。日本に興味を持っていくれているのはうれしい。

    • 休耕期ということなのか、みんな暇そうだ。