HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

クロアチアエリア:ヨーロッパ(クロアチア) 日付:2011/08/08 (3/16)

プリトヴィッツェ湖群散策

Entrance1からプリトヴィッツェ湖群を散策。朝8:00からバスの通過予定時刻の17:30頃まで、下湖から上湖をゆっくり散策。


Entrance1では荷物を預けるロッカーがある。1日10クーナ。ロッカーの鍵は、インフォメーションで借りられる。



Veliki Slap(プリトヴィッツェ大滝)


Veliki Slap北側の展望地への行き方。
Veliki Slap手前左脇の急な階段を上がり、一般道に出たら右に進路をとり、一般道をしばらく歩く。右に小屋がある小さな橋を過ぎ(この小屋の向こうがVeliki Slapの落ち口)、数分歩くと左に駐車スペースがあり、右に細いトレイル(未舗装の小道)がある。このトレイルを数分行けば、下の写真の展望地に着く。


Veliki Slap北側の展望地。



下湖の東側上部のトレイルを歩く。午前中は東側を歩けば湖方面が順光になる。写真は10:00過ぎのもの。このポイントはKaluderovac Jezero(カルジェロヴァッツ湖)上部のトレイルの脇道(下り)入ってすぐにある高さ3m位の岩の上から。岩の下はすっぱり切れ落ちているので、高所恐怖症の人はきついかも。



16:30過ぎだとこんな感じ。



上の写真のちょっと先にある展望地から。よく観光案内で見るアングル。




上湖にも足を延ばす。下湖の方が景観的には良かった印象。









Jezero Kozjak(コジャック湖)をP2からP3へ渡る船に乗ろうとするが、船に乗るの待つ人たちで長蛇の列。船に乗らず湖畔を歩くと1時間はかかる(往路は歩いた)。歩きまわって結構疲れたので、どれだけ待たされるのか分からなかったが、列に並ぶことにする。結局1時間位待って、やっと船に乗れた。


列の最後尾は乗船ポイントから約100mも先だった。








プリトヴィッツェからザダルへ

17:23プリトヴィッツェ国立公園通過予定のバスは17:50頃到着。バス出発後しばらくして車掌がチケット販売(料金徴収)に来る。行き先を告げて料金の85クーナ+7クーナ(荷物料)を払う。
バスは途中、レストハウスで約15分休憩。19:40頃ザダルに到着。



明日から1泊2日でパクレニッツァ国立公園でトレッキングの予定。ザダル到着後、まずはパクレニッツァ国立公園起点の町となるスタリグラード・パクレニッツァまでのバスの出発時刻をバスターミナル内のチケット販売ブースで確認。21:00発でチケットはバスの中で買って欲しいとのこと。待ち時間を利用して、バスターミナル近くにスーパーKONZUMがあったのでトレッキング中の食料の買い出し。


KONZUMでは、水、パン、果物(りんご、バナナ)、ハム、チーズ、そして名物のプロシュート(生ハム)等を購入。


果物は、自分で売り場の近くにある量りで重さを量り、値段が表示されたシールを出力し、近くにあるビニール袋に入れてシールを貼っておく必要がある。重さを量る時には、商品番号(商品の陳列棚に品物名、1kg当たりの値段と一緒に表示)を入力する必要がある。
ハムやチーズはパックされているものもあるが、必要な分量だけ量り売りしているものもある。こちらは店員さんが量ってくれる。




HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 宿前で泊まらしてくれた主人と別れ、私は宿の食堂においてある火鉢の前で温まる。午前中は、曇り空のため少々寒かった。ここで、宿の姉妹とクルミやパンを食べながらおしゃべりしながら過ごす。 ここの姉妹はかわいい。一見お姉さんだと思っていた妹は、人の部屋に遊びに来ては話しかけてくる(姉ちゃんとは違い家の手伝いには熱心ではない)。彼女も今時の女の子で、携帯を常に手放せず、今は韓国のスーパージョニー(?)とかいうアイドルに夢中らしい。

    • 草のびっしり生えた屋根。

    • リタ社のオフィスで帰りのバスチケットを購入。9月3日の9:00発のバスを予約。料金は120000ルピア。復路はランテパオではなくマカレから乗る。

    • 16時半、飛来寺の展望台に到着。選んだ宿は、梅里雪山山庄というところ。80元、60元、20元などいろいろな部屋があった。私は20元のドミでいいかなというと、彼女も「私も問題ないわ。6人部屋で女は私だけということもあったのよ。」というのであっさり決定。 ここは、すでに3000mを軽く越える場所ではあるが、幸いにも私の高山病の症状は今までと比べても比較的軽い。一方で、彼女はバスで徳欽に向かっている途中から鼻をぐしゅぐしゅさせていたので、ちょっと心配だったけれど、「大丈夫!」と気丈にも言い張っていた。

    • ヒンズー教修行僧のサドゥー。スマホみたいな携帯用端末をいじくっていた。

    • こうして砂漠を見下ろすと、砂漠全体が巨大な風紋になっているのが分かる。さしずめ棚田のような光景だ。砂漠の向こうにはテーブルマウンテンが見える。

    • カトマンズ空港のバゲージ・クレーム(荷物受取場)。

    • 2つ目のメプテック峠を目指す。左からグルッ~と大回りするのが正解のルートなんだけれど、そんな遠回りしていられるか!ということで、右側のうっすらと付いた跡をたどることに(恐らくこの跡は誰かが”下ったとき”に付いたもの)。 右のルートは細かい玉石のガレバであり、登りにくい。それにかなりの急坂。へろへろになって坂の途中で休んでいると、フランス人女性トレッカー2人+ガイド1人の姿発見!何を血迷ったか、フレンチのうち1人とガイドが私の登ってきた後を辿ってくるではないか。追いつかれては、男が廃るという事で、短い休憩を切り上げて、登り始める。

    • 薬師岳頂上から眺める早池峰山。この後、一度林道の通る麓まで下り、また登ることになる。