HOME | 概要 成田→広州→パリ イーサフィヨルズル Búðir Horn Höfn レイキャビク Hrafntinnusker Álftavatn Emstrur レイキャビク レイキャビク レイキャビク→アムステルダム→北京 北京→成田

アイスランドエリア:ヨーロッパ(アイスランド) 日付:2013/08/10 (1/13)


HOME | 概要 成田→広州→パリ イーサフィヨルズル Búðir Horn Höfn レイキャビク Hrafntinnusker Álftavatn Emstrur レイキャビク レイキャビク レイキャビク→アムステルダム→北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • マッケンジー小屋を出発し、すぐに展望のいいポイントがあったので、早速寄り道。

    • 養蚕の神である「オシラサマ」を1000体を安置している御蚕神堂が曲がり屋につながっていた。以前は各家にオシラサマが備えられていたが、その維持が難しくなり、ここに集められたとか。 伝承園の管理人のおじさんがおしゃべるでいろいろと教えてくれる。

    • おお、見えてきた。


    • 10軒くらいしかない小さな村。売店などはもちろんない。ゲストハウスという看板を掲げている家もなかったが、頼めば泊めてくれそう。私はこのままこの村を通り過ぎ、へミス・シュクパチャンまで行く。ここまで1時間半くらい。


    • 茨中教堂を眺めたろところ。

    • 祈念堂を見て回った後、圜丘、皇穹宇を見て回る。

    • みんなと別れた後、私は、コショーサンゲストハウスに行くが、コショーサンはまだ、シーズン前ということもあり、アリアバートに出稼ぎに行っていて不在。夕方くらいに帰ってくるということなので、部屋に荷物をおいて外出。