HOME | 概要 成田→広州→パリ イーサフィヨルズル Búðir Horn Höfn レイキャビク Hrafntinnusker Álftavatn Emstrur レイキャビク レイキャビク レイキャビク→アムステルダム→北京 北京→成田

アイスランドエリア:ヨーロッパ(アイスランド) 日付:2013/08/22 (13/13)

北京観光

8:55北京空港到着予定のところ、8:28に着陸、8:40過ぎに機外へ。アムステルダムと北京の時差は6時間。アムステルダムから北京までは約8時間半かかったことになる。飛行機の中では5時間位寝てたかな。


北京空港着陸後、広大な空港の敷地を降機口(搭乗口)へ向かう。天気の影響か、大気汚染の影響か、視界は良くない。上空からの景色も、着陸直前まで霞んでいた。


次の東京(成田)行きのフライトは15:20発。預け入れ荷物は東京(成田)でピックアップなので、入国審査を済ませ、北京観光へ。


天安門広場。広々としているが人が多く(多分大半が観光客)、いい意味で活気があり、悪い意味で落ち着かない。



天安門広場から天安門(故宮博物院方面)へ向かうには、間に通る道路の横断はできず、地下通路で向こう側に渡る。この地下通路への道が狭く大渋滞(地下通路はもっと広いのでこれほどの渋滞にはならない)。



天安門前は記念撮影スポット。大半が中国人観光客。



故宮博物院のチケット売り場。横入りする人もなく、整然と並んでいる。5分程度の待ち時間でチケット(60元)を買えた。



観光客(ほとんど中国人)がわんさか。



故宮博物院の中は広々としており、観光客が集中する地帯を少し離れればこの通り。



端っこの建物の中には博物館となっているものもある。こういったものも丹念に周っていると半日以上かかるであろう。


じっくり見ていると時間がないので、後半部分は立ち止まる時間も少なく、速足で何百という観光客を追い抜いて、北側の出口に向かう。




北側出口の神武門。滞在時間1時間弱。時間があれば、もっとゆっくりと見たかった。


故宮博物院北側には景山公園があり、時間があれば登りたいが、自分で設定した観光時間リミットの12:30まであと1時間になってしまったので、次の目的地、昔ながらの町並みが残るといわれる、什刹海付近の胡同(フートン)へ向かう。故宮博物院の神武門から北上し、早歩き約20分で前海の荷花市場に到着。市場といってもスターバックスやレストランが並んだおしゃれな雰囲気。前海沿いの道を西にはずれ、小さめの路地を入った先は前井胡同。


前井胡同。古めかしい街並みを期待していたが、改築されたものが多く。期待していた雰囲気と違っていた。


前井胡同から北官房胡同を抜け、銀錠橋を渡ると繁華街。その先を鼓楼、鐘楼の横を通り過ぎ、目指す地下鉄2号線の鼓楼大街駅へと向かう。


鼓楼前の通り。



こちらは鐘楼。


地下鉄で北京空港へ。航空会社によってターミナルと降りる駅が違う。航空券は中国南方航空で購入したが、機材はJALで運航。中国南方航空はターミナル2、JALはターミナル3。どちらのターミナルに行けばよいのか。JALのターミナル3が正解。これを間違えてターミナル3駅の1つ先のターミナル2駅で降り、中国南方航空のチェックインカウンターでチェックインしようとしたところ、JALのカウンターへ行くよう言われる。地下鉄はターミナル2が終点となり、折り返しターミナル3に向かうのであれば、また地下鉄に乗って戻ればいいのだが、ここの地下鉄はターミナル3と2は周回軌道になっていて、北京市街(東直門駅)からターミナル3、ターミナル2と停まった後は、そのまま北京市街へ戻ってしまう。そこで、ターミナル2とターミナル3間を結ぶ無料のシャトルバスがあることが分かり、シャトルバスでターミナル3へ向かう。これが単に空港内の短い距離の移動かと思ったら大間違い。一度、車通りの多い一般道に出て、かなりの距離を移動することになる。結局、ターミナル間の移動だけで20分位かかり、チェックインできたのは出発1時間前だった。


北京-東京(成田)はコードシェアのJAL機材。



久々の和食(そば付き)の機内食を食べ、映画を見ているうちに成田に到着。
着陸する時、耳抜きがうまくいかず、耳の中がかなり痛かった。



HOME | 概要 成田→広州→パリ イーサフィヨルズル Búðir Horn Höfn レイキャビク Hrafntinnusker Álftavatn Emstrur レイキャビク レイキャビク レイキャビク→アムステルダム→北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • ターミナル近くの食堂で、ゆっくりと食事をしたのち、15時20分発の乗合タクシーでサマルカンドに向かう。40000スム。

    • トウフ。

    • チャムチェから上流も川の対岸に車道をつくっている。ロバ隊もよくすれ違うが、これらの道が完成したらお役御免になるのだろうか。

    • 一気に暮れてきて、歩いている途中に真っ暗。歩き方の地図を見ながら行ったが、どうも地図が違う。微妙に位置がずれている。りんご売りのおじちゃんに聞いたりしながら、何とか18:30到着。

    • ロクルム島方面。右下の砂浜がバニェ・ビーチ。左下の建物がエクセルシオール・ホテル。

    • 9:30頃、ワルパ谷入口の駐車場に着く。時刻表では11:15発だが、イージールートということで、1時間で戻って来れるとドライバーに言われ、帰りのワゴンは1時間後発にする。折り返し地点は岩と岩の間のちょっと先。起伏もほととんどないし、近い。

    • グルタンチョルテンの上から見たゴンパ。

    • 錦江大酒店(Jinjiang Hotel)前のバスを降りた地点。右側の建物が錦江大酒店(Jinjiang Hotel)。その先の高い建物が、日本から予約していた雲南錦華国際酒店(Yunnan Kingworld International Hotel)。正面の建物に赤い文字で(一部しか点灯していない文字列の下の方)「云南锦华国际酒店」と書いてある。 この通りを数100m進んだ先に昆明駅がある。