HOME | 概要 成田→広州→パリ イーサフィヨルズル Búðir Horn Höfn レイキャビク Hrafntinnusker Álftavatn Emstrur レイキャビク レイキャビク レイキャビク→アムステルダム→北京 北京→成田

アイスランドエリア:ヨーロッパ(アイスランド) 日付:2013/08/18 (9/13)

ロイガヴェグル トレッキング(Álftavatn~Emstrur )

ÁlftavatnからEmstrur (Botnar) まで15km。標準時間6~7時間。


8:30出発。昨日Mt. Bratthálsへ向かう際にも渡った渡渉ポイントは画面下(自転車が渡ろうとしている所)。私が渡った時は足の甲程度の深さで、ゴアテックスの登山靴を履いていたので、靴は脱がず一気に渡った。水量が多いと靴を脱がなければならないだろう。





20分位歩くと渡渉ポイントに。ここはさすがに靴を脱がなければ渡れない。



サンダルに履き替え、難なく渡渉。





渡渉後、しばらく歩くと車道と合流。キャンピングカー2台に追い抜かれる。



9:40、Hvanngilに到着。



Hvanngilから先はしばらく平坦な車道を歩く。このあと、真正面の小さな山の右横を通過することになる。



Hvanngilから10分位歩くと橋のかかった急流ポイント。



車用の橋はないので、この川を渡るには車は渡渉しなければならない。



広大な平原をひたすら歩く。



先程の橋からさらに10分程歩くと、今度は橋のかかっていない川に。ここはさすがに靴を脱いで渡らざるを得ない。



砂礫の平原に咲いていた花。花の根元が袋状になっている。



平原は360°の見通しがきくが、変化がなく次第に飽きてくる。



渡渉ポイントから約1時間20分歩くと、濁流を渡る。さすがにここには橋がかかっている。



濁流ポイントの河畔にさいていた花。



この踏み跡の先(真ん中やや左寄り)の小さな谷間を向こう側に抜けることになる。



砂礫の平原に咲いていた花2。2時間近く歩き、もうとっくにこの道に飽きてきているが、気分転換に花の写真を撮ったりしながら進む。



黒い平原と苔に覆われた緑の山。



谷間に入る直前で、来た方面を振り返る。約2時間かけて砂礫の平原を横断。



谷間のゆるい坂を10数分で上り下り、向こう側が開けた所で小高い岩場があったのでそこに登り休憩。この先も砂礫の平原が続く・・・



しだいに雨が降ってきて周りの景色も霞んできたので、ただひたすら歩きに徹する。
写真は、平原が終了する地点手前からの歩いてきた方面。



平原が登りに変わり、一登りして進むと今日のゴール地点Emstrur (Botnar) の小屋が見えてくる。





13:40過ぎにEmstrur (Botnar) に到着。小屋でキャンプの手続き。


テントを設営し、早く着きすぎたのでゆっくり昼寝。
17:00頃になって、近くのMarkarfljótsgljúfur canyonへミニトレッキング。


小屋(テン場)からMarkarfljótsgljúfur canyonへ向かう途中の高台からの展望。



上の写真、Entujokull氷河のズーム。



上の写真の高台からEmstrur (Botnar) 方面。





Markarfljótsgljúfur canyon。
見ごたえのある深い峡谷。崖沿いにはもちろん手すりなどはない。高所恐怖症の人には怖いかも。











HOME | 概要 成田→広州→パリ イーサフィヨルズル Búðir Horn Höfn レイキャビク Hrafntinnusker Álftavatn Emstrur レイキャビク レイキャビク レイキャビク→アムステルダム→北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 一休みした後、今度はスピロの村に行ってみる。泊まっている宿の裏を登っていくが、どうも雰囲気が暗いというか、外国人慣れをしていないようで、会う人みんなに「どこに行くんだ?(たぶん)」と聞かれる。なんだか監視されているよう。カナムと違って英語もほとんど通じない。

    • フェワ湖沿いの広場には遊園地がある。その手前ではコンサートが開かれているようだが、中は見えない。中に入るにはチケットを購入しなくてはいけないようだ。

    • 訪ねたのは、冬虫夏草を集める仕事をしているおじさんの家。4人家族。ここで羊のスープやパンをご馳走になる。長男と延々と筆談をする。冬虫夏草を集めに蘭州からの出稼ぎ家族で、同じような人が50人ほどこの町にいるみたい。

    • アタテュルク空港からは、メトロでゼイティンブルヌ駅まで、とりあえず行こうと、地下に降りる。

    • 上の写真の高台からEmstrur (Botnar) 方面。

    • カタール航空便は、成田空港から関西空港を経由し、約14時間でカタールのドーハ空港到着。タラップから夜明け前のドーハ空港に降り立った。

    • 砂丘の頂上からの展望。砂漠の向こうにテーブルマウンテン(アルジェリアとの国境付近)が少し見える。砂漠(砂砂漠)とテーブルマウンテンの間はブラックデザートと呼ばれる平坦な小さな黒っぽい石の砂漠(礫砂漠)になっており、この後に行くことになる、2泊3日の砂漠ツアーの初日はそこで泊まる。砂漠の中央奥の窪んだ辺りが2日目の宿泊地で、左の大きな砂丘に登り2011年最後の日の入りと2012年の初日の出を見ることになる。

    • アムステルダム近郊上空。干拓地と花卉栽培用のビニールハウスらしき建物が広がる。

    • 15分ほどで到着した場所は、ナガルコビル駅。案内してくれたお兄さんは「ここで降りて、次は鉄道に乗れ」という。 確かに、ここから16時発のちょうどいい鉄道がカニャークマリに向けて出発するところ。3ルピーのケットを購入し、鉄道に乗り込む。予定外のルートではあったが、こういうイベントも楽しい。