HOME | 概要 成田→広州→パリ イーサフィヨルズル Búðir Horn Höfn レイキャビク Hrafntinnusker Álftavatn Emstrur レイキャビク レイキャビク レイキャビク→アムステルダム→北京 北京→成田

アイスランドエリア:ヨーロッパ(アイスランド) 日付:2013/08/18 (9/13)

ロイガヴェグル トレッキング(Álftavatn~Emstrur )

ÁlftavatnからEmstrur (Botnar) まで15km。標準時間6~7時間。


8:30出発。昨日Mt. Bratthálsへ向かう際にも渡った渡渉ポイントは画面下(自転車が渡ろうとしている所)。私が渡った時は足の甲程度の深さで、ゴアテックスの登山靴を履いていたので、靴は脱がず一気に渡った。水量が多いと靴を脱がなければならないだろう。





20分位歩くと渡渉ポイントに。ここはさすがに靴を脱がなければ渡れない。



サンダルに履き替え、難なく渡渉。





渡渉後、しばらく歩くと車道と合流。キャンピングカー2台に追い抜かれる。



9:40、Hvanngilに到着。



Hvanngilから先はしばらく平坦な車道を歩く。このあと、真正面の小さな山の右横を通過することになる。



Hvanngilから10分位歩くと橋のかかった急流ポイント。



車用の橋はないので、この川を渡るには車は渡渉しなければならない。



広大な平原をひたすら歩く。



先程の橋からさらに10分程歩くと、今度は橋のかかっていない川に。ここはさすがに靴を脱いで渡らざるを得ない。



砂礫の平原に咲いていた花。花の根元が袋状になっている。



平原は360°の見通しがきくが、変化がなく次第に飽きてくる。



渡渉ポイントから約1時間20分歩くと、濁流を渡る。さすがにここには橋がかかっている。



濁流ポイントの河畔にさいていた花。



この踏み跡の先(真ん中やや左寄り)の小さな谷間を向こう側に抜けることになる。



砂礫の平原に咲いていた花2。2時間近く歩き、もうとっくにこの道に飽きてきているが、気分転換に花の写真を撮ったりしながら進む。



黒い平原と苔に覆われた緑の山。



谷間に入る直前で、来た方面を振り返る。約2時間かけて砂礫の平原を横断。



谷間のゆるい坂を10数分で上り下り、向こう側が開けた所で小高い岩場があったのでそこに登り休憩。この先も砂礫の平原が続く・・・



しだいに雨が降ってきて周りの景色も霞んできたので、ただひたすら歩きに徹する。
写真は、平原が終了する地点手前からの歩いてきた方面。



平原が登りに変わり、一登りして進むと今日のゴール地点Emstrur (Botnar) の小屋が見えてくる。





13:40過ぎにEmstrur (Botnar) に到着。小屋でキャンプの手続き。


テントを設営し、早く着きすぎたのでゆっくり昼寝。
17:00頃になって、近くのMarkarfljótsgljúfur canyonへミニトレッキング。


小屋(テン場)からMarkarfljótsgljúfur canyonへ向かう途中の高台からの展望。



上の写真、Entujokull氷河のズーム。



上の写真の高台からEmstrur (Botnar) 方面。





Markarfljótsgljúfur canyon。
見ごたえのある深い峡谷。崖沿いにはもちろん手すりなどはない。高所恐怖症の人には怖いかも。











HOME | 概要 成田→広州→パリ イーサフィヨルズル Búðir Horn Höfn レイキャビク Hrafntinnusker Álftavatn Emstrur レイキャビク レイキャビク レイキャビク→アムステルダム→北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 日陰になっている外のベンチに座ってぼっとしていたけれど、風の温度もだんだん上がってきたので、チケットを見せて空港内へ。エアコンが効いていて快適。さっさと入れば良かった。建物内は比較的広い。 11時にチェックイン。ジェットエアーのカウンターのおばさんの笑顔は良かった。やっぱり、エアーインディアよりは遥かにサービスがいいように感じる。もしかしたら、カンチェンジュンガを機内から見ることが出来るかもしれないと思って、左側の窓に面した席をお願いする。 搭乗口手前で香港人の女性に声を掛けられた。ボンベイなどで仕事をした帰り際にダージリンに行くという。行き方の情報をほとんど持ち合わせていないようだったので、シリグリのジープスタンドまで一緒に行くことに。

    • ボートの中は、こんな感じ。先に出発したこちらの船は、現地の人も多かった。


    • 帰り際、串刺しメロンを購入し、齧り付きながら宿に向かう。

    • 前回と同じゴタルゲストハウスへ行くと、外壁の色が白色に変っていた。よくよく聞いてみると、白とかクリームといった色は幸福の色だが、黒とか茶とか良くない色なのだとか。 宿では、汚れた体を洗い、服も洗った。特にやることもなかったので、19時半まで宿から出ることはなかった。


    • 峠を越えた後もしばらく山岳風景が続き、やがて山を下りきり、だんだん山が遠のいていく。 写真は山を下りている途中に見えた前方の風景。

    • 駅を降りてから早速、公園内にある魯迅の墓へ。老人の溜まり場となっている公園で、おじいさんやおばあちゃんたちが、カラオケをやったりしている。

    • 象のいるポイントまではまだまだ先。特に見所のないジャングルの中を約50分走る。