HOME | 概要 成田→広州→パリ イーサフィヨルズル Búðir Horn Höfn レイキャビク Hrafntinnusker Álftavatn Emstrur レイキャビク レイキャビク レイキャビク→アムステルダム→北京 北京→成田

アイスランドエリア:ヨーロッパ(アイスランド) 日付:2013/08/19 (10/13)

ロイガヴェグル トレッキング(Emstrur~Þórsmörk)

EmstrurからÞórsmörkまで15km。標準6~7時間。


Þórsmörk15:00発のバスに乗るため、6:30には出発。多分、Emstrurに泊まった中で一番早く出発したと思う。



20分程進むと急な下り坂になる。



下り坂を下りきった谷底でEntujokull氷河を源流とする濁流にかかる橋を渡る。



少し登り返した後、しばらくは平坦な道が続き、正面に見える峠を越えていくことになる。





峠を登りきり、来た方面を眺める。



峠を越えたその先はまた平坦な道が続く。天気は雨が降ったりやんだりと目まぐるしく変わり、たまに日が射し、虹が見えることも。気温は6℃。



日が射すと緑が映え、気分も高揚するが、すぐまた曇ってしまう。


徐々に下っていくとまた平坦な道を進むことになる。天気もイマイチでこの道も正直飽きてくる。9:20過ぎに登り坂になる。


登り坂を登りきった地点から歩いて来た方面。



しばらく進むと眼下に最後の渡渉の難所、Þröngáの流れが見えてくる。



Þröngáの渡渉地点。そこまで流れはきつくないので、流れに足をとられそうな程の危険は感じなかった。







Þröngáを渡渉した後、樹林帯を登ってしばらく歩き、Húsadalurとの分岐を過ぎ、下っていくとLangidalurに到着。
無事ロイガヴェグルトレッキングルート55kmを完歩。







Langidalurの小屋の前は大河のKrossáが流れている。




この時点で12:00ちょっと前。Langidalurからも15:20発のバスがある。時間はまだあるので、すぐそばの展望が良いとされる Mt. Valahnúkurに荷物を置いて登ることにする。


Mt. Valahnúkurの登り口は小屋から数十m戻ったところにある。



数分登った所からLangidalur方面。



Mt. Valahnúkurへの登り道。



かなり早めのペースで登り、30分弱でMt. Valahnúkurの山頂(458m)に着く。



山頂からの展望。Krossáが眼下に流れる。



Krossáの下流方面。前方の霧がかっている所は、通り雨が降っている。



Krossáを渡渉する4WD車。



Eyjafjallajökull氷河のズーム。



Eyjafjallajökull氷河方面。曇っていて良く見えないのが残念。ここの火山は2010年4月に噴火し、火山灰が上空に蔓延したため、ヨーロッパで飛行機の運航に支障をきたしたことで有名なった。



Mt. Valahnúkurの山頂から。


Mt. Valahnúkurを下り(この時点で13:30)まだバスの時間まで十分あるので、対岸のバスの始発地点であるBásarへ行くことにする。地図ではLangidalurから少し下流に橋のマークがあり、ここから対岸に渡れることになっている。


地図に載っていた橋がこれ。橋を渡りきった先から撮影。



そして、橋の先にはこの流れが。なんでここには橋がかかってないんだ?橋がかかっていた場所よりこちらの方が渡渉するのは危なそう。深そうだし、流れも急でこれを渡るのは危険なので、無理をせずBásarへ行くことは諦め、Langidalurへ戻ることにする。


Langidalurへ戻っても暇そうなので、途中の休めそうなところで休憩。食べ残ったスナック菓子を食べたりしながら時間を潰す。15:20発のバスに備え、ちょっと早めの14:45にLangidalurへ戻る。バス乗り場がはっきりしないので、近くのトレッカーに聞くが、分からないとのこと。そこで小屋の中にいたおばさんに聞くと、どうやら川が増水した影響で、ここからバスは出ないらしい。一瞬、今日中にレイキャビクに帰れない=明日、ゴールデンサークル観光ができないことが頭をよぎる。しかし、おばさんによれば、この先のHúsadalurからならバスが出ているとのこと。地図を見ながら行き方、どれくらいかかるか確認。30分程度で行けるとのこと。Húsadalurは16:00発なので今からでも十分間に合う。


Langidalurへ戻る途中からKrossáの流れ。橋のかかっている地点では、手前の流れだけに橋がかかっており、奥の流れには橋がかかっていなかったということになる。路線バスの運行を中止するほどの増水なので、もしかしたら普段は手前の流れだけしかなく、あの橋があれば対岸に渡れるのかもしれない。


Húsadalurまでは、ロイガヴェグルのルートを少し戻る。数分戻った場所に右手の登りルート(先程下ってきたルート)とそのまま直進(平坦な道を進むルート)の分岐点があり、そのまま直進がHúsadalur方面。


Langidalurから早歩き20分弱でHúsadalurに到着。


Húsadalurからレイキャビクへ

16:00発のバスは満員で乗れない人も多数。しばらくしてもう1台のバスが到着。2台に分乗。それでも座れない人も。私は1台目のバスに並ぶのが早かったので座席をゲット。



バスは何度か渡渉を繰り返し、未舗装の河原の道を低速で走っていく。


虹が綺麗にアーチをかける。


1時間位未舗装の道を走り、舗装道路に出る。そこからさらに30分でSeljalandsfossという滝があるポイントで約10分休憩。


Seljalandsfoss。約60mの落差がある豪快な滝。



Seljalandsfossは滝の裏側に回れる。



18:00過ぎ、HellaというポイントでLandmannalaugarからレイキャビクへ向かう11番のバスに乗り換え。


20:00、定刻(19:35)からやや遅れてレイキャビクのBSIバスターミナルに到着。バスターミナルからは徒歩で先日泊まったHotel Gardurへ。


バスターミナルからHotel Gardurへ向かう途中の歩道橋の上から。正面左の建物がアイスランド国立大学。その右の道路沿いの建物がHotel Gardur。


チェックイン後、荷物を置いてから中心街へ夕食。
Restaurant Reykjavikのシーフード・ビュッフェ(5950クローナ=5000円弱)で腹を満たす。


シーフード2皿とスイーツ1皿でお腹一杯(ちょっと食べ過ぎ)。





Restaurant Reykjavik外観。



HOME | 概要 成田→広州→パリ イーサフィヨルズル Búðir Horn Höfn レイキャビク Hrafntinnusker Álftavatn Emstrur レイキャビク レイキャビク レイキャビク→アムステルダム→北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ロンプラで絶賛されているソッポンリバーインにも行ったみたが満室。

    • この道はキャンジュマを過ぎた辺りから少しずつ標高を下げていく。

    • 新年のせいなのか、もち米が口の中に入れられていた。

    • 9時15分にディンボチェを出て、チュクンに向かう。写真を撮りながらチンタラ歩く。

    • エベレストをバックに1枚。

    • 滝は思ったより良かった。想像以上。確かに奇岩だ。日本人団体客のツアーにも組み入れられているらしく、おじいちゃん、おばあちゃんが多かった。

    • 泊まったのは、ヤク・イエティー・ゲストハウス。今回のトレッキングで泊まった中のベストゲストハウス。食堂に行くとオーストラリア人がいたが、彼が長居するのもよくわかる。私がついたときにはすでにビール2本を飲んだところであった。

    • 立派な麦畑はあるのに、みんなどこに行ったのだろう?