HOME | 概要 昆明 カトマンズ ポカラ ジヌー ヒマラヤホテル アンナプルナ・ベース・キャンプ(ABC) シヌワ タダパニ ゴレパニ ビレタンティ ポカラ カトマンズ パタン 昆明 昆明→上海→関西

アンナプルナ内院エリア:南アジア(ネパール) 日付:2013/12/29 (9/15)

アンナプルナ内院トレッキング6日目 タダパニ~ゴレパニ

朝6:30に目覚まし時計で起床。部屋の中の気温は4℃。昨晩は3日振りのシングルルームだったため、心置きなくぐっすり眠れた。今朝は雲もなく、アンナプルナサウスやマチャプチャレが良く見える。東側が開けており、日の出も見れそうだ。防寒対策をして、外に出て日の出を待つ。6:50、アンナプルナサウスの頂上付近に朝日が当たりだす。


6:53、朝日を浴びたアンナプルナサウス。



6:57、ご来光。左の山はマチャプチャレ。



外の気温は-1℃。屋根や地面に薄っすらと霜が降りている。





水が入ったドラム缶の中に氷も張っている。彼は同じ宿に泊まったグループトレッカーのガイド。





朝食は、アップル・パンケーキ(250ルピー)、チーズ・オムレツ(200ルピー)。そして、喉が渇いていたので、ホットドリンクではなく、懲りずに昨晩同様コールド・レモン(70ルピー)もオーダー。


8:15、タダパニを出発。今日の目的地ゴレパニまでは標準時間4~5時間程度なので、時間的には余裕がある。


樹林帯の道をどんどん下っていく。25分かけて標高差約200m下ると川があり、橋を渡る。



橋の先は一転の急登。25分かけて標高差約150mを登る。




バンタンティからはしばらく渓谷沿いの緩やかな登りを進むが、やがて急な登り坂となり、デオラリまで、しばらく急登が続く。




アイスフォール。ここは、トレッキングロードから数10m道を外れた所にある。おぼろげな踏み跡(ほとんどないに等しい)を頼りに、かなり急な土質の斜面を下りてやっと滝壺まで近づける。


10:50、HOTEL LALIGURANS & RESTAURANTに辿り着くが、デオラリの中心地はさらに10分弱その先にある。


10:57、デオラリの中心地に到着。コーラ(500ml 200ルピー)を飲んで休憩。


ここにあった看板の地図を見ると、この近くにGurung Hill(グルンヒル)という展望ポイントがあるようだ。レストランの人に聞くと、15分で登れるとのこと。昼食用のベジタブル・マカロニ(380ルピー)を12:00に予約して、荷物を中に置かせてもらい、11:20にグルンヒルへ向け出発。高速で登り、グルンヒルには11:30に到着。デオラリとの標高差は約90m。グルンヒルには高さ10mくらいある展望台が建てられている。


グルンヒルからの展望。左上に世界7位の高峰ダウラギリ(8167m)が見える。右に見える青い屋根がデオラリ。



ダウラギリのズーム。


グルンヒルを11:43に出て、途中、登ってきたカップルに頼まれて、ダウラギリをバックにした写真撮影をしたりして、11:53にデオラリに到着。オーダーしていたベジタブル・マカロニは、まだ出来ていないようだ。私がオーダーする直前に、タダパニで同宿だったグループトレッカーがオーダーしており、まだ彼らの昼食を作っている最中。暇つぶしに厨房の中を見学したり、グループトレッカーのガイドやポーターと話をしながら時間をつぶす。そんなこんなで、私のベジタブル・マカロニが出来たのは、12:25くらいだった。


厨房の中。手前の男性はモモ(餃子)を作っている。彼はグループトレッカーのガイドかポーター。右上にいるのもグループトレッカーのガイドかポーター(彼は年長者だからか、調理はせず、談笑しながら見ているだけ)。左の女性はこのレストランの娘さん。


12:45にデオラリを出発。樹林帯越しにたまにダウラギリがチラチラ見える。25分くらい進むと開けた展望地に出て、稜線伝いをさらに10分弱歩くと、休憩所があり、大展望が広がるデオラリ峠。


デオラリ峠からの展望。左上の山の山頂がプーンヒル。その山の右下にある集落がゴレパニ。



アンナプルナサウスには旗雲がかかっている。山頂付近の風はかなり強そうだ。




近くでは、昨晩、同宿だったグループトレッカーのポーター達が休憩中。携帯電話で写真を撮ったりしており、彼らも観光気分か。


ポーター達がジャンプして自分たちの写真を撮っていたので、私も彼らにリクエスト。これは連写機能で撮ったうちの1枚。


13:43にデオラリ峠を出発。10数分進むと、右下へ下りる分岐点がある。


14:09、ゴレパニ入口の門に到着。


門をくぐったちょっと先から集落が始まり、ゲストハウスがいくつもあるが、明日早朝に登るプーンヒルに少しでも近付けるよう、先に進む。


このかわいらしいチョルテンがある辺りが、ゴレパニの中心地。近くの店の人にプーンヒルへはどちらへ行けばいいか聞くと、ここから上に登った方向とのこと。


いくつもゲストハウスがあるが、とにかく上を目指す。数分登り、その先には建物がなさそうな所のゲストハウスでチェックイン。チェックインしたのは14:20頃。ひとまずシャワーを浴びて、部屋に戻り、この後、何をするか検討。ゴレパニを散策する選択肢もあったが、明日、日の出前にヘッドライトを付けてプーンヒルへ登ることになるので、どんなコースを通るのか下見しておこうと思い、まずはプーンヒルに行くことにする。15:05に出発。ちょうど宿の先がプーンヒルへのトレッキングルートになっている。少し登った所で右側から、もう一つのルートが合流。その後、電波塔の横を通り、どんどん高度を上げていく。途中、料金所の小屋があるが誰もいないので、そのままスルー。


プーンヒルまでは、結構急な坂道を登ることになる。



かなり高速で登り、宿から24分の15:29にプーン・ヒル(3210m)に到着。宿からの標高差は300mくらい。アンナプルナベースキャンプ(4130m)に行き、高所に体が慣れたこともあるが、我ながら信じられないくらいのハイペースで登ってきた。



プーンヒルからの展望は文句なしに素晴らしい。正面に見える山がダウラギリ。


宿を出る時は、明朝の下見のつもりだったので、プーンヒルに登ったらすぐに降りてゴレパニを散策するつもりでいた。しかし、思いの他、景色が良く、ここで日の入りを見たくなる。日の入りまで2時間近くあるが、ヒマラヤの大展望と、それを見てはしゃぐ人達を観賞?しながら時を過ごす。


プーンヒルはアンナプルナ方面の展望もいい。一番左端がニルギリ(7061m)、その右の雪山がアンナプルナⅠ峰(8091m)、そのすぐ右の一番高いのがアンナプルナサウス(7219m)、そして右端がマチャプチャレ(6997m)。
スペイン人が、上半身裸になり記念撮影。彼らはこの後に逆立ちしている姿の写真も撮っていた。



集団でジャンプする写真を撮っている。なかなかタイミングが合わず、何回も撮り直していた。



17:15、アンナプルナ方面(北北東~北東)の山々が夕日に照らされる。



17:25、日の入り。



プーンヒル(3210m)では日の入りとなっても、7000mを越える山には、まだしばらく夕日が当たっている。



ダウラギリ方面(北西~北北西)は、あまり夕日が当たらない。



17:35、アンナプルナの全ての山々でも日の入りを迎えたようだ。


17:40過ぎ、暗くなり出したプーンヒルを、アメリカ人のサムと一緒に下り始める。彼は日本の大学に数か月留学経験があり、日本語を少し話せる。ミネソタ州の大学を卒業し、今はミネソタの居酒屋バーで働いているが、この春に鹿児島の英会話学校に教師として赴任するとか。下っている途中で足元が見えづらくなるほど暗くなってきたので、持参のヘッドライトを使う。電波塔を過ぎてさらに数分下った所の分岐点で、私の宿は右の道なのだが、サムの宿は真っ直ぐ下る方面とのこと(こっちの方がメインルートのようだ)。彼はライトを持っておらず、この暗さで下るのは危険だったので、遠回りにはなるが、彼を宿まで送っていった。彼を宿まで送ったのはいいが、問題は、そこから自分の宿にどう戻ればいいのか。周りはすっかり暗くなり見通しはきかない。ゴレパニに着いた時に通った小さなチョルテンのあるメインロードまでは下ってきていない。それと、下ってきた方向と距離感覚で、自分なりの現在地をイメージし、自分の宿があると思われる方向へ歩くと、すぐに、先程通ったと確信が持てる場所に出た。18:10くらいに宿に到着。


宿の食堂では、同宿トレッカーのガイド、ポーター達が小さな鼓を鳴らしながら、歌を歌っている。そんな賑やかな雰囲気の中、夕食。



HOME | 概要 昆明 カトマンズ ポカラ ジヌー ヒマラヤホテル アンナプルナ・ベース・キャンプ(ABC) シヌワ タダパニ ゴレパニ ビレタンティ ポカラ カトマンズ パタン 昆明 昆明→上海→関西

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • その後はストーブの周りで出発まで談笑。

    • 豚がぶら下げられて、運ばれていた。

    • 旧市街の中心部、Basak Hotelの辺りでミニバスを降りる。BasakはBilenと並ぶこの街の数少ない安宿だが、空調が無い事が確定したためここへの宿泊は見送る。さて…適当に探すか…。


    • ギャル村到着。どこの村もそうだけど、このシーズンは人が少ない。

    • ミャンマー人と記念撮影をしたパヤーのはずれからシュエサンドー・パヤーを遠望。

    • でも、明るくて開放的で気持ちのいい場所であった。 ゴンパから見える棚田の美しい村に行ってみようと思いゴンパに繋がっている車道を歩いていると、坊さんたちが続々やってくる。ちょっと話しかけてみると「あんたもおいで。」と言ってくれたので喜んで、ゴンパに戻る。

    • ケアンズを出港して約2時間。ミコマスケイが見えてきた。ここで事前に日本人スタッフから教えてもらっていた通り、進行方向左側のデッキに行くと、魚の餌付が始まる。