HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

トロンパス越えトレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2011/01/06 (10/14)

トロンペティを出発

頭痛に悩まされなかなか眠れなかった。さらに、冬用の寝袋に入っていても寒く、寝袋の上に、宿に備え付けている毛布をかけないと寝られなかった。それに加え、トイレに何度も起きた。ダイアモックスの利尿作用のせいだろう。


4時半頃にもぞもぞと起きだして、朝5時出発。早いグループだと、3時半くらいに出発していた。腹の調子が良くないが、完全防備をして、ヘッドライトの明かりを頼りに出発する。前後に誰もいない。

宿の裏のルートを登っていく。ジグザクの登り。途中から、煙のにおいがしてきたと思ったら、ハイキャンプ(4950m)に到着。トロンペティから1時間ほど。6時10分。



そのままハイキャンプを通りぬけ、延々と雪がうっすらと被った茶色の大地を歩く。手足の指が猛烈に冷たくなっていく。

途中に茶屋があったので、中を覗いてみると、先に宿を出発していた香港人グループが、茶屋の中で焚き火をしていた。私も当たらせてもらう。香港人グループの装備を見てみると、私以上にきついのだろう。



茶屋からは、モレーンの中を登ったり下ったり。タルチョが見えて、もう少しかなと思ったりしたが、峠のタルチョではなく、少々がっかり。体の力が抜ける。



峠はまだまだ。あの丘の向こうなんだろう。太陽が出てきて、多少、手足の冷たさからは解放されてきた。





峠への最後の歩き。


トロンパス到着


9時10分着。トロンペティを出てから、4時間の行程。



風が猛烈に強くて寒い。そのため写真を撮ってすぐに降りる。滞在時間は10分ほど。


トロンパスの360度風景。風が強く雑音が入る。



峠はだだっ広い。



ロンプラには下りが分かりにくいとあったが、そんなことはない。しっかりと道がついている。



峠からある程度降り、振り返ってみる。やはり下りは早い。



谷の下にムクティナートがある。



途中に、眺めのいい場所があったので、ここで一休み。ムクティナート側から登ってきているのも、何人かいたが、標高差はこちらからの方が大きくきついと思われる。



だいぶ下ってきた。ムクティナートへの看板もある。



あの峠から下ってきた。途中途中、ゆっくり下りてきた。


ムクティナート到着


ムクティナートの寺院がある裏側から出てくる。



ポリスチェックを受ける。以前来たときと違って、車がガンガン走っていて、砂埃がすごい。


ムクティナートからジョムソンへ


ゲストハウスに空きがあまりなかったので、ジョムソンまで移動することに。



ジープで600ルピー。外国人料金。





ムクティナートの全景。


ジョムソン到着


15時30分、ジョムソン到着。



ジョムソンに入ったところでポリスチェック。写真はジョムソンのメインロード。道の両脇にゲストハウスが並ぶ。


ホテルマジェスティ


ホテルマジェスティの一番いい部屋を350ルピーに値切って泊まる。そのあと、シャワーを浴び、髭剃り。お湯の温度が低く少々不満足ではあるが、まぁ、さっぱりできてよかった。



2方向窓の部屋からは、アンナプルナがよく見える。



その後は、吹き抜けの居間で、日記を書きながらビール(280ルピー)。2700mまで標高を下げたので、もう高山病を恐れる必要はない。ここでごろごろしていると、日本語を話せるネパール人などがきて楽しい。



夕食はたくさん食べた。エッグチョウメンとチキンモモ。



それに、ブラックティーとファンタ(120ルピー)ももらった。



HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • Hornの小屋を見下ろす。 ここからの下り口を探すのに少し迷った。


    • 使用したのはアグニという航空会社。

    • 丘を上がって見たのはボロボロのゴンパとチョルテンとマニ車だけ。

    • 一気に暮れてきて、歩いている途中に真っ暗。歩き方の地図を見ながら行ったが、どうも地図が違う。微妙に位置がずれている。りんご売りのおじちゃんに聞いたりしながら、何とか18:30到着。

    • Langidalurへ戻る途中からKrossáの流れ。橋のかかっている地点では、手前の流れだけに橋がかかっており、奥の流れには橋がかかっていなかったということになる。路線バスの運行を中止するほどの増水なので、もしかしたら普段は手前の流れだけしかなく、あの橋があれば対岸に渡れるのかもしれない。

    • 我々の高速船の横を、ヨットが気持ちよさそうに海を滑っていく。

    • インドネシアは、世界最大のイスラム教信者が多い国だが、タナトラジャにはキリスト教徒が多い。

    • 結構、混んでいたので、席は後ろのほう。ウツラウツラしながらルーテンへ。