HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

トロンパス越えトレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2011/01/02 (6/14)

朝食の準備











チャウリカルカに到着

















コト村



チャメ村の入り口












銀行もある。この辺の中心となる村。



でも、それほど村人は見えない。おそらく、みんなカトマンズなどに出稼ぎに行っているのだろう。



チャメの村の一番奥には川を渡る吊橋がかかっていて、その先にも数件のゲストハウスがある。


山荘ゲストハウス


吊橋を渡ったところにあった「山荘」ゲストハウスで休憩。スモールポットのブラックティーを頼む(200ルピー)。ここの主人の兄弟が東京で働いているから、このような名前をつけたとのこと。












バラタン村


トロンパスで亡くなったオチアイマコトという登山家の慰霊碑がこの村の近くにあるということで気にしていたが、見つからず。いつのまにか通りすぎてしまったようだ。




岸壁を繰り抜いた道


このトレッキング道で象徴的な道が、バラタン村の先にある。ダイナマイトを差したような穴があるので、手作業で作ったのではないと思われるが、結構、圧巻。



岸壁を繰り抜いた道を過ぎると、日陰の場所が多くなり、雪の上を通ることが多くなる。手袋をしていても手が冷たく感じるほどに気温が下がった。

腹が減ってきたので、雪の上にザックをおろし、日本から持ってきていたカロリーメイトを一袋食べる。


ピサン到着


ピサンの村は谷底にあり、全てが凍り付いているような雰囲気の村だったので、ここもパスして、アッパーピサンに行くことに。ここから、アッパーピサンへの登りは30分もかからなかったが、これもまたきつかった。


アッパーピサン到着


16時半到着。ダナキューを出てから、8時間の歩き。初日のバスの遅れで、遅くなった分をなんとか取り返した。



泊まったのは、ヤク・イエティー・ゲストハウス。今回のトレッキングで泊まった中のベストゲストハウス。食堂に行くとオーストラリア人がいたが、彼が長居するのもよくわかる。私がついたときにはすでにビール2本を飲んだところであった。



主人の子供に写真を撮ってもらう。





夕食はタップリと。食後は、オーストラリ人といろいろおしゃべり。ここに来る前は、ドバイのインターナショナルスクールで英語教師を2年間やっていたらしい。そこをやめての長期休暇中。元は鉱山技師だとかで、金がなくなったら、オーストラリアに帰って鉱山技師の職を見つけるだとか。



HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 上の写真を撮る私の姿(上の写真で子供が撮った写真)。

    • 丘の上に上がると景色も雄大。ちょうど12:00になったので、ここらでちょっと休憩。

    • Shellmusseles a la Buzara

    • 展望地から歩くこと1時間弱でHin Kha Goneの村(多分)に到着。

    • この夕景をテラス上で見届けたのは10名程度。100人以上いたと思われる人達はもう既にいない。ゆったりとしたテラスの上で、感動のひとときを味わう。


    • 午後からやることも無かったので隣村のThiniに行ってみることにした。町のメインどおりから反れて、砂利の下り坂を歩いていると、向こうから人が歩いてくる。「ナマステ」などとお互いに言った後に「んっ?日本人?」ということで、ジョムソンで活動するM.D.S.Aというボランティア団体で活動するたくましいA氏に出会う。

    • 宿に置いておいた荷物を取り、そのまま、オトガルに歩いて行く。ウードゥル行きのバスを探していると、(おそらく)白タクの兄ちゃんに声をかけられ、こちらのほうが早いかと思い、連れていってもらうことにした。30TL。 ただ、いろいろあり、カルスの街からなかなか出られず。それに、カルスの街をよく知らないのか、道を聞きながらの出発。 カルスからウードゥルの道のりは、前が見えないほどのひどい土砂降り。しかし、ウードゥルに近づくと空は晴れ、アララト山がよく見えた。

    • 事は85ルピー。チャパティとオムレツ、ミルクティー。ちょっと多いかなという感じ。