HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

トロンパス越えトレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2011/01/05 (9/14)

レダーの朝


7時半起き。朝食はトゥクパとブラックティーのスモールポット。ガイドたちと同じ食事。部屋代300ルピー込みで、支払は1540ルピー+60ルピーの寄付。



宿の主人たちに挨拶して、9時10分出発。ヤクカルカを出てからはずっと川の右側を歩く。





他のグループのポーターたちも行く。このあたりまで来ると、今まで会うこともなかった他国のトレッカーと顔なじみになってくる。


レダー到着


ヤクカルカを出てから1時間で、レダーに到着。10時10分。



レダーの小さな村を通り過ぎても、ずっと川の脇。雲が少しずつでてきて、昼近くからは風も出てきた。



ポーターのブジュン。



トロンペディ手前で、一度川に降り、そこからまた登り返す。登ったところにティーショップがあるので、中休み。ブジュンが途中で吐いたりするの心配だ。







トロンペディが見えてきた。


トロンペティ到着


トロンペティ到着。13時半。想定よりも遅い。



部屋に荷物を置く。ここもインサイドトイレットの部屋。200ルピー。



ここで、ポーターのブジュンに対し、「この先、荷物を持って上がるのは無理だから、マナンに戻るよう」に言う。正直、ブジュンのペースでは余計に時間がかかってしまうし、やはり、自分の力でここからの峠越えをするほうが価値がある。

ただ、マナンからペディまで、全く高山病の症状がでなかったのは、彼のおかげかも知れない。



峠への道。宿からジグザグに上がっていくと、峠につながる。



宿でベジヌードルスープとミンティー(ミントティー?)。



時間がたっぷりあったので、裏山に登ってみる。


トロンペディの村


2軒の宿しか無い。オフシーズンの今でも、どちらの宿もあいていた。



少し高山病の症状が出てきた。苦しい。

17時半に食堂へ。食欲はあまりなくトマトスープとミンティーのスモールポットを頼む。

食堂にはこたつがあり、あたたかい。各国のトレッカーがここで温まっていた。香港人、アメリカ人、ドイツ人、チェコ人、いろいろいた。アメリカ人はiPadでゲーム。チェコ人はごっつい本を読んでいた。

明日の早朝に出発するので、支払は、夜のうちに済ませておくのがここのルール。1300ルピー。



HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 18:30到着。すぐに暗くなりそうな雰囲気。バスターミナルの周りは白い帽子を被った回教徒だらけ。屋台には口をあけた羊の頭が並べてあったりして、、、何屋なんだろう? 夕暮れの中、バスターミナルの道を挟んだ反対側にあるチベタン街を通り抜け、中心街にある宿を探しに行く(結構距離がある)。


    • 14時半。ラブハンバジョーに到着。ルーテンから4時間20分。

    • ちょうど1時間でフィッツロイ等に到着。

    • ドトゥルチョルテンに繋がる坂道。大きなチョルテンが坂の先に見える。

    • 漁師がこちらに手を振ってくれる。

    • 10時45分、コモドドラゴンのいるリンチャ島に到着。

    • 海岸線の道は徐々に海岸から離れ、ゆっくりと登っていくことになる。

    • ハンディクラフトセンターを見て回るが、品物の値段は安い。しかし、まだ荷物を増やしたくなかったので、何も買うことはなった。