HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

トロンパス越えトレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2011/01/05 (9/14)

レダーの朝


7時半起き。朝食はトゥクパとブラックティーのスモールポット。ガイドたちと同じ食事。部屋代300ルピー込みで、支払は1540ルピー+60ルピーの寄付。



宿の主人たちに挨拶して、9時10分出発。ヤクカルカを出てからはずっと川の右側を歩く。





他のグループのポーターたちも行く。このあたりまで来ると、今まで会うこともなかった他国のトレッカーと顔なじみになってくる。


レダー到着


ヤクカルカを出てから1時間で、レダーに到着。10時10分。



レダーの小さな村を通り過ぎても、ずっと川の脇。雲が少しずつでてきて、昼近くからは風も出てきた。



ポーターのブジュン。



トロンペディ手前で、一度川に降り、そこからまた登り返す。登ったところにティーショップがあるので、中休み。ブジュンが途中で吐いたりするの心配だ。







トロンペディが見えてきた。


トロンペティ到着


トロンペティ到着。13時半。想定よりも遅い。



部屋に荷物を置く。ここもインサイドトイレットの部屋。200ルピー。



ここで、ポーターのブジュンに対し、「この先、荷物を持って上がるのは無理だから、マナンに戻るよう」に言う。正直、ブジュンのペースでは余計に時間がかかってしまうし、やはり、自分の力でここからの峠越えをするほうが価値がある。

ただ、マナンからペディまで、全く高山病の症状がでなかったのは、彼のおかげかも知れない。



峠への道。宿からジグザグに上がっていくと、峠につながる。



宿でベジヌードルスープとミンティー(ミントティー?)。



時間がたっぷりあったので、裏山に登ってみる。


トロンペディの村


2軒の宿しか無い。オフシーズンの今でも、どちらの宿もあいていた。



少し高山病の症状が出てきた。苦しい。

17時半に食堂へ。食欲はあまりなくトマトスープとミンティーのスモールポットを頼む。

食堂にはこたつがあり、あたたかい。各国のトレッカーがここで温まっていた。香港人、アメリカ人、ドイツ人、チェコ人、いろいろいた。アメリカ人はiPadでゲーム。チェコ人はごっつい本を読んでいた。

明日の早朝に出発するので、支払は、夜のうちに済ませておくのがここのルール。1300ルピー。



HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • BÓNUSというチェーンのスーパーで飲食物を調達。

    • メイン展望台より、デボンポート、ランギトト島方面の展望。


    • 通りがかりの民家の子供。始めは緊張した面持ちをしていたが(見知らぬおじさんにカメラを向けられているのだから、そりゃ当然だろう)、写した画像を見せているうちに笑顔になってくれる。

    • ここで初めてあのパキスタンの派手なトラックを見たような気がする。水20ルピーを買い、出発を待つ。我々のジープは1人150ルピー。子供2人を含む11人が客。詰め込み過ぎ。これを考えると、来たときの1700ルピーでも、あまり相場から離れていないのかもしれない。出発は10:05。舗装されていない道を走り、最後には非常に細かい砂埃が舞う坂を登っておりて、ちょうど1時間後の11:05船着場に到着。

    • 谷を隔てた向こうに、ラブランという村がある。この村には塔が立っていて、近くで見てみたいとの思いもあったが、さすがに、ここから谷に下りて、もう一度登り返す根性はなかった。

    • 経由地のサンパウロは雨。写真は機内食の入れ替え用コンテナ。

    • 警察に捕まって、荷物検査をされている人も結構見かける。

    • ヒルトップホテルの屋上からの眺めも素晴らしい。