HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

トロンパス越えトレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2010/12/29 (2/14)

九龍城址公園へ

朝起きて、シャワーを浴びる。お湯がたくさん出て快適。こんなにちゃんとお湯が出るようなところは久しぶりのような気がする。


宿を9時に出発。MTRで楽富駅(5香港ドル)まで移動。


楽富駅到着


楽富駅から案内看板通りに、九龍城址まで歩く。少し暑いが、いい天気だ。



大学が周辺に多く、その中を歩いていると、いつの間にか到着。


九龍塞城公園


もともと九龍城があったところは、今は公園になっている。



当時の地図。


博物館?


小さな博物館のようなものがあり、九龍城の紹介をしている。



公園の中には、ちょっとした展示がある。



模型も。



当時の名残。九龍城跡を観終わった後は、歩いて旺角へ。それほど遠くはなかった。


朝マック


宿近くのマクドナルドで、朝マック(19.5香港ドル)。一人でも気軽に食べられるのでいい。部屋のチェックアウトは12時なので、今後の行動を考えるが、それほど、時間もないので、旺角のケータイショプなどを見て回り、宿をチェックアウト。


香港島へ


せっかくなので、香港島に渡るフェリーに乗ろうと思い、MTRで尖沙咀駅まで移動。そこから歩いてフェリー乗り場まで移動する。


香港ペニンシュラホテル


昔、飛行機の遅延のため、泊まったことあるなー、と思いつつ、ペニンシュラホテル前を通過。


フェリーで香港島へ




フェリー乗船用のコイン。




香港出国

香港島からは空港へのエクスプレスで。


香港空港に到着したのは16時くらい。

ネパールに到着したのは、23時くらい。タクシー乗り場で、タクシーを探していると、100ルピー/人でタメルまで連れていってくれるというタクシーがあったので、怪しいと思ったけど乗り込む。案の定、途中で、600ルピー/2人とか言い出したので、ムカムカしながらタクシーから飛び降りる。暗闇のなかで数分待っていると、別のタクシーが来たので、交渉。300ルピー/2人でまとまり、タメルへ。

ムスタンGHで主人をたたき起こし、部屋へ。250ルピー。意外に早く落ち着くことができた。ネットも使えてメールのチェック。24時くらいに寝る。あー、ムカムカ。



HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ギャル村からナワル村までの道は楽。景色も素晴らしい。

    • 16時50分マウメレに到着。

    • 15時くらいにはタグビラランに戻る。朝8時から、7時間くらいのツアー。良く分からない場所もあったが、かなり楽しい一日であった。時間がない人は、ターシャ、チョコレートヒル、クルーズの3つに参加出来れば、十分に満足できると思う。 今回のツアーは1000ペソ。宿の人や途中であったバイタクからも安いと言われたくらいの金額。車だと多分3000ペソくらいかかる。 マリオからも紹介してくれと言われているので、一応連絡先を。 「CELEDONIO ”MARIO” TAGHAP」tel:09298556357 彼を捕まえられたら、楽しいボホール島観光が出来ると思う。

    • チェックポストの裏からの眺め。中心の村にも2軒ほど宿があったような気がするが、なぜか斜面に張り付く5軒の宿しか紹介されない。私は、その5軒の中のリタに泊まることに。部屋代は200ペソ。どこの宿も同じ料金設定のようだ。

    • 喉が渇いたので、小学校の前の売店に入ってジュースを買う。学校前の売店のため、10ルピーの小さなパック入りジュースしかなくて飲み足りない。本当は水が欲しかったが、そのようなものも置いていない。

    • 砂礫の平原に咲いていた花2。2時間近く歩き、もうとっくにこの道に飽きてきているが、気分転換に花の写真を撮ったりしながら進む。

    • 部屋はこんな感じ。でも滞在時間は・・・

    • 頂上の近くには避難小屋がある。今夜はここに泊まる。小屋にはたまたま今日登ってきていた小屋の管理人兼早池峰山のパトロール隊員の方(私と同年代くらい)がおり、一緒に泊まった。