HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

トロンパス越えトレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2011/01/08 (12/14)

ポカラの朝


特にやることもないので、8時頃起きる。昨日までたくさんいた宿泊客はみんな居なくなっていた。天気が良いので、屋上に上がってみると、マチュピチュレがよく見える。この眺めがあるなら、500ルピーでもいいかもと思ってしまう。


デビッドフォールへ


宿で眺めていたガイドブックにデビッドフォールの案内が書いてあったので、とりあえず行ってみること。レイクサイドからダムサイドへ。フェワ湖を眺めていると、ボートこぎのネパール人に声をかけられるが嫌な感じ。



ダムサイドにあったベーカリーで朝食。



ダムサイドからは幹線道路沿いをまっすぐ歩く。車はスピードを上げて脇を通って行く。


DEVI FALLに到着




ゲートで20ルピーの支払。ゲート前には日本の観光地と同じように土産物屋が並び、日本語で話しかけてくる。



滝は思ったより良かった。想像以上。確かに奇岩だ。日本人団体客のツアーにも組み入れられているらしく、おじいちゃん、おばあちゃんが多かった。


タシリンチベット難民キャンプ


デビッドフォールの近くに、タシリンチベット難民キャンプがあるので、こちらにも足を延ばす。村の入口には、チョルテンがたっている。この周りにみやげ物屋が数軒。土産物屋で私のチベット語が結構通じるので楽しかった。



インドとは違い、ネパール人はみんなサッカー。難民キャンプでもゴンパに隣にあるサッカー場で試合をしていた。




レイクサイドへ戻る


同じ道を歩いて帰る。日差しが強い。


アニールモモ


ダムサイドにあるアニールモモで食事。生姜焼き(225ルピー)を頼む。日本語ペラペラの主人とおしゃべり。ポカラで日本料理ならここがいいかも。安いしうまい。


昨日はシャワーを浴びなかったので、宿に戻った後、体を洗う。大量のお湯がでてうれしい。洗濯もし、外の有刺鉄線に衣類を引っ掛けておいた。


夕食は20時頃。レイクサイドのラサレストランに行く。やはり人は少なく3人組の欧米人のみ。ここでビールと焼き餃子とBufガーリックソースwithご飯。どれもGood。欧米人が帰ると、ウェイターが話しかけてくる。こちらもチベット語が通じる。960ルピーの精算。

21時頃宿に戻り、そのままごろごろ。



HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 「金馬」、「碧雞」と書かれた2つの門が建つ金碧広場。

    • Kýrskarðの峠は、稜線の一番低い所のはず。ここからほぼ平坦な頭頂部を歩いて行けば、目指す峠に辿り着く。 踏み跡はないが、アップダウンがほとんどないため歩くのは楽。しかもフカフカの苔の地帯なので足にも優しい。ただし、本来、苔の上を歩くのはよろしくない。

    • 一緒に歩いていたハッパ少年と1枚。ハッパ少年はカトマンドゥのボーディングスクールに行っているのだけれども冬休みでランタン村への帰省の途中。

    • 地下道のような地上1階に到着。到着した場所は大工事中。工事現場の中の階段を登ると、上はKLセントラルの鉄道駅だった。

    • 宿の近くの雑貨屋で買い出し。

    • とりあえず、ケチェパリ湖へ。門をくぐって薄暗い石畳の上を歩く。

    • Hidden Lakeの分岐点まで戻り、ちょっと歩くとなぜかこんな所にトラクターが。トレイルの整備に使うのだろう。

    • 開発・整備が進んでおり、至る所で建物が新しくなっていたり、工事中だったりする。

    • 春のような景色。歩いている時は、長袖シャツ1枚で寒くも暑くもなく、登り坂でなければほとんど汗もかかない。