HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

トロンパス越えトレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2011/01/04 (8/14)

今日も快晴、マナンの朝

7時半起き。


部屋から出てみると、素晴らしい景色。





部屋から見える正面の風景。凍った氷河湖が見える。



昼間は人がたくさんいるけど、まだ、人通りはすくない。



ギャルゼンロッジ。マナンではかなり古い方の宿。



石で作られた壁が続く場所がある。








マナンゴンパ


石壁の迷路の中にあるゴンパ。



ゴンパであったおじさんと一緒に巡礼路を歩く。1週間に一度、トゥクパやミルクティーが振舞われるらしく、運がよくそれにあたった。私ももちろんいただく。



こちらではミルクティーが振舞われていた。



麦を潰したお菓子も。



ゲストハウスの部屋からの景色。



宿の食堂。



朝食は、ベジヌードルスープとブラックティーのスモールポット。



部屋はかなり質素。土壁。


出発


10時20分出発。体調は悪くない。村の中にはあの「オンマニペメフム」の曲が流れている。



マナン村を出ると、畑の中を歩くことになる。



後ろを振り返ると、マナンの村が見える。










グンサン到着


12時20分。マナンで雇ったガイドがロキシーの2杯飲んでふらふら。途中でこけて額から血を流す。また、ザックに結びつけておいたコーラもなくす。






ヤクカルカ到着


15時半到着。ヤクカルカは手前に2軒の宿があり、その奥にそれよりも多いゲストハウスがある。この時期、開いている宿は少なく、ヤクカルカでおそらく1軒だけしか開いていなかった。



開いている宿が少ないということは、価格も高いということで、インサイドトイレットの部屋が300ルピー。ただ、ダイアモックを飲んでいたこともあり、トイレが部屋の中にあるのはよかった。夜中に何度もトイレに行ったもので。



ヤクカルカは谷間にある村のため、日がすぐに落ちる。日がささないヤクカルカは非常に寒い。夏場だと電気が使えるらしいが、水が凍っているため、水力発電所が動かず、電気はこない。



宿の子供。



食堂で食事をすると寒いので、キッチンで食事を取る。夕食はご飯とトマトスープ。



HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ




    • 本なんかも自販機で売られていた。

    • その賑わいを眺めながら、教会隣の食堂2階で夕食。宿を紹介してくれた兄ちゃんに教会前で偶然再会し、再び引きずり込まれたレストラン。 ポラオ、フィッシュフライ、エビなどを食べる。日本を出てから最初のまともな料理。インドのめしはまずいという印象があるが、こちらはうまかった。 以後、南インドの美味いめしを楽しむ。

    • こんな風に川を跳び越える所もあった。超危険な所はハーネスにザイル(命綱)を付けることもあるのだろうけど、残念ながら?今回のコースでハーネスにザイルを付ける場所はなかった。

    • ファウンドーウー・パヤーは、信者や観光客が金箔を貼りすぎたため、原型をとどめず団子状になってしまった仏像が有名。今日も次から次へと金箔が貼られていく。

    • 8時半の列車でドンムアン駅へ.9時20分ドンムアン着.混んでいたよ~.みんな荷物持ち込みすぎだよ.それは手荷物とは言えんだろ~~!宅急便みたいなサービスはないのだろうか...

    • スメラ僧院を、ひと通り、見た後、きた道を途中まで戻り、そこから下り坂を歩いて降りる。途中、木の影から僧院が覗けた。 ここから見える建造物は、14世紀のもの。さっき見てきた洞窟はこの建物の裏側にある。

    • そして尾ビレ。