HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

トロンパス越えトレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2010/12/31 (4/14)

ベシサハラの朝


出発に遅れまいと思っていたので、ぐっすり眠れず。ちょくちょく時計を見ながらの睡眠。



7時にシャンゲ行きのジープが出るというので、6時に起きて急いで朝食を食べる。朝食はオムレツとティーだけ。宿の主人がなかなか起きてこなかったので、ゆっくりと朝食を食べることができなかった。


ベシサハラのバスターミナルへ


7時にバスターミナルに到着するも、全く出発の気配はない。そうしていると、チケット売り場がオープンし、シャンゲ行きのチケットが売り出される。500ルピー。外国人料金。



我々のバスは9時出発らしいが、待てども待てども来ない。シャンゲよりも手前のブルブルまで行くのはいくつか出ていたが、シャンゲ行きは全く来ない。いつ来るかも分からないので、バスターミナルから遠く離れることもできない。

バスが遅れている理由は、どうも、タマンV.S.カトマンズのフットボールの試合のためと思われる。日本じゃありえないが、フットボールの試合のため、交通がストップしている。



バスターミナル全景。



暇なので、バスターミナル隣の村を散策。





バスターミナル。





バスが出発しない元凶。フットボール。


ベシサハラを出発


学校の先生も村に帰れず。

そうしていると、14時20分にバスがやっときて、ベシサハラから出ることができた。ここのバスターミナルで7時間以上も待っていた。


道は良くないし、途中から雨が降ってきた。日本を出る前に見た天気予報が当たっている。

ブルブルにはベシサハラから40分で到着。15時。ここにチェックポストあり。許可書のほうだけチェックされる。TIMSのチェックは無し。

シャンゲの先(スリチャウア)まで行けるということなので、そこまで+100ルピーで連れていってもらう。スリチャウアには17時到着。シャンゲもスリチャウアも同じような2、3軒しかないような小さな村。運搬用のロバのターミナルとなっているようなところ。


私が乗ってきたバスは、このままベシサハラまで引き返すとのこと。


スリチャウアからジャガット


雨が降っていたので、雨具を来て歩き始める。



ここから、この谷間を歩く。


ジャガットについたときはすでに日が落ちて真っ暗。スリチャウアから1時間ちょっと。なんだかぎりぎりセーフという感じ。村には数軒のゲストハウスあり。泊まったのはモンブランゲストハウス。部屋は50ルピーの質素なところ。


夕食はブラックティー(30ルピー)とベジヌードルスープ(180ルピー)、プレーンオムレツ(120ルピー)。主人は笑わない。人の顔を見ない。親切なんだけど。マナンの人ってこんな感じなんだろうか。

子供たちはWWFを観戦中。



HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ウルシからヒンジュまでは、崖を崩して作られたジープ道を歩く。車は全く通っていない。炎天下の歩き。川脇に道がずっとついているところを見ると、以前は川のすぐ脇を歩いてたと思われる。



    • 水耕栽培を行っている湖畔の農地。

    • 7時に起きて、シャワーを浴びて、散歩。昨日の夜市はみんな片付けられていた。そのかわり、朝食がわりのごま餅屋が出ていたので、一つ買ってみる。10バーツ。

    • 途中、木で出来た橋を渡ったり。

    • 漁師から魚を買い上げ、町に売りに行く商人。

    • 夕暮れ時になり、宿から見えた展望台に行って見ることに。ちょうど、太陽が沈むところ。

    • コルチュラ―オレビッチ間のフェリーから見るイリヤ山。