HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

トロンパス越えトレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2011/01/01 (5/14)

ジャガットを出発

朝7時起き。快適な朝。外を見てみると、湿った感じは残っているが、晴れている。朝食は、オムレツ、チャパティ、ブラックティー。支払は合わせて630ルピー。


8時出発。主人はやっと笑ってくれた。


ところどころぬかるんでいるが、道を迷うようなことはない。


ジャガットの村。



川沿いをずっと歩いて行く。


チャムチェ到着


ジャガットを出てから1時間も立たずに、チャムチェに到着。ここまではジープであれば今でも来られるみたいだ(バスはないが)。



チャムチェから上流も川の対岸に車道をつくっている。ロバ隊もよくすれ違うが、これらの道が完成したらお役御免になるのだろうか。


Way to Manang


Way to Manangの看板。でも、道はまだまだ続く。


タルに到着


タル村のゲートが見える。10時半。出発から2時間半。



タル村は広河原の脇にある村。この広い河原を見ると、カリガンダキの河原を思い出す。



明るい感じの村で、ここに泊まるのも楽しそう。



タル村の水道で、馬が水飲み中。



村の一番奥のゲストハウスで、お茶を飲む。レモンティー2杯(40ルピー×2杯)。ここで、インド人とおしゃべり。詳細不明だが、セミナー(?)で来ているとか、言っていた。ここに来る前にはジョムソンやムクティナートに行っていたらしい。

日の射すゲストハウスで、いいところだった。汗も乾く。



茶を飲みながら、少し話した現地の人は、少し前に洪水があって、家が流されてしまったとのこと。タル村から数百m行ったところに住んでいたが、今はこのゲストハウスに隣の家に住まわせてもらっているらしい。



タル村からは、それほどアップダウンがない道が続くので楽。




カルテ村




持っていた地図とは違い、カルテ村で川を横切る。子供たちが橋にロープを巻き付け、ブランコのように遊んでいた。


ダラパニ


ダラパニ到着、12時50分。



昼食にちょうどいい時間なので、ゲストハウスでトマトヌードルスープ(180ルピー)とミルクティーのスモールポット(150ルピー)を頼む。ミルクティーは100ルピー負けてもらった。かなり汗をかいたのでこのくらいの量がちょうどいい。



30分ほどの昼食。いいお姉ちゃんたちだった。お姉ちゃんたちのアドバイスによると、バガラチャップには、ここから45分ほどであるが、その先のダナキューのほうが宿の件数も多いので、良いとのこと。


タラパニ到着


タラパニでは2回のチェックポストがある。一つ目は警察のチェックポスト。



二つ目はツーリスト向けのチェックポスト。「まとめたら?」と思ってしまう。縦割り行政の弊害がこんなところにも。


ダナキュー到着


ダナキュー村には15時到着。



村に人がいない、、、うろうろしていると、ロータスゲストハウスの若い女将さんから声がかかる。



部屋代は200ルピーから100ルピーに負けてもらった。まだ、ゲストハウスができて、1年ほどのため綺麗。

宿についてからは、お湯をもらって、髪を洗った。ここよりも標高が高くなると、なかなか髪を洗いにくい。



若い夫婦も結婚して1年ほど。旦那の父親は、通ってきたバガラチャップのゴンパのヘッドラマらしい。そんなこともあり、旦那はチベット語が話せた。



子供も一人いたが、彼女はまだ8ヶ月。



トレッカーは少なかった。今日この村に泊まっているのは私一人。





マニ車。

夕方から本格的な雨。2時間くらいで止んだが、周りの山にはしっかりと雪がついてしまった。



夜は豪勢に300ルピーのヤク肉カレー。部屋代の3倍だけど、これはうまかった。この街道のずっと先にあるレダーの村からヤク肉を売りに来るらしい。



それにしても、ジャガットと同じく、ここの宿の主人も無口。静かな夜であった。



HOME | 概要 香港 カトマンズ ベシサハラ ジャガット ダナキュー アッパーピサン マナン レダー トロンペディ ジョムソン ポカラ ポカラ ネパール→日本 日本

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • 銀行もある。この辺の中心となる村。

    • バジャワの市場。

    • 公園内のステージではコンサート。

    • 登山史から、イエティまで、コンテンツ豊富で面白い。

    • メンルー行きのバスが少なかったため、ここから、一度、景洪のバスターミナルに戻ったほうが、時間的には早そうな気もしたが、来た道を戻るのは嫌だったので、ガンランパの街で時間を潰し、メンルーに直接行くこと。

    • 飛行機の乗客はこんなに少ない。自由席状態。離陸からほととんどの時間は順光になる右窓側に、ウルル上空では左窓側に移る。ただし、着陸態勢に入り、シートベルト着用サインが出ると席の移動をとがめられる。

    • ストーリーが日本語の解説で理解できるので、わかりやすい。役者の演技も上手かったと思う。目や指の細やかな動き、表情による表現が豊かで、体の動きも見ていて心地良い。目の動かし方などは歌舞伎に近いような印象を受けた。 カタカリの主人公インドラ神の息子(ここはうろ覚え)の緑の顔のお面は、ケーララではいたるところで見つけることができる。ソニーやキャノンの広告にも使われていた。 日替わりで、いろいろなストーリーを演じているよう。

    • ディヤルバクル空港に到着。歩いて出口へ向かう。降りた瞬間強烈な熱気が襲ってくる。暑いというより熱いが正しい。風も強くてヘアドライヤーの中に居るみたいだ。45℃。